キングダム582話休載スペシャルvol2李牧のリアルな軍勢とは?

2018年12月1日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

今週のキングダム582話は休載でした。

そこで、はじめての三国志では恒例のキングダム休載スペシャルを行います。

今回は休載スぺシャルvol2、現在の秦の最強の敵である(ちょう)についてリアルに解説します。

あの李牧(りぼく)がリアルに率いていた兵力の特徴とは一体なんなのでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム休載スペシャルリアルな秦軍の実態を解説

関連記事:キングダム582話ネタバレ予想vol2玉鳳隊と飛信隊の関係は史実?

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



キングダム休載スペシャルvol2実は万能ではない騎兵

 

趙と言えば、中国史上初めて胡服騎射(こふくきしゃ)、つまり戦車を用いない騎馬軍団を採用し中華を席巻した事で知られています。

他の六国が持たない騎馬隊を正式採用した事により、趙は武霊(ぶれいおう)さえ長生きしていれば中華を統一しただろうと言われもしましたが、

最近の研究では、それは誤りであるようです。

 

それというのも、武霊王は胡服騎射を専ら北方の匈奴(きょうど)(てき)林胡(りんこ)のような騎馬民族と戦う時に用いそれ以外の中原諸国と戦う時には、

やはり、騎馬だけではなく、戦車も歩兵も弩兵も使っているからです。

 

銀雀山書簡の孫ビン兵法書にも、

 

車騎して輿に戦うものは、分ちてもって三をなし、一は右にあり、一は左にあり、一は後方にある、易なれば則ち其の車を多くし、

険なれば則ち其の騎を多くすと記述されていて、三軍を配置して、地形が平坦(易)なら戦車を増やし、逆に険阻なら騎馬を増やせ

このような書き方がされています。

ここから見ても、当時の騎兵が万能ではなかった事情がうかがえます。

 

 

 

キングダム休載スペシャルvol2 矢を放つのが精々だったキングダムの騎兵

 

実は、当時の騎馬には(あぶみ)がないので、体を馬上で安定させるのが難しく(また)で馬体を締め付けて安定させていました。

この状態だと騎馬同士の戦いは無理で、出来るのは弓を放つ位、(だから胡服騎射と言う)矛を片手に敵兵に突撃などは難しかったわけです。

それでも地形が険しければ、小回りが利かない戦車より優位でしたが、平地では戦車に負けていました。

騎兵が優秀な突撃力を得るのは鐙が発明され、弓以外の武器も使えるようになった漢の時代に入ってから後の事なのです。

 

キングダムでは、趙の戦車隊はあまり登場しませんが、現実には騎兵より多かったわけです。

趙は、北方の異民族用の軍隊と六国と戦う時に使う軍隊を分けて配備していました。

胡服騎射は、趙の領土を北方に拡大するのに役立ったものの、中華の覇権争いには、思った以上の貢献をしなかったようです。

 

キングダムを100倍楽しむ

 

 

キングダム休載スペシャルvol2 李牧が率いたリアルな軍勢とは

 

キングダムにおいて王翦と激闘を繰り広げている李牧ですが、彼が実際の歴史で率いていたのはどんな軍勢でしょうか?

史記の八十一巻、廉頗藺相如列伝には、李牧が趙軍の総司令官として登用される前の雁門の守備隊長だった時代の記録で

戦車が千三百乗、騎兵1万三千騎、万金の勇士五万人、弓部隊が十万人でいずれも精鋭と書いています。

 

騎兵が万騎を超えているのは凄いですが、弓兵が十万人と圧倒的である事に驚きます。

要するに、李牧の戦争とは襲い掛かってくる騎兵を弓兵で狙撃して撃退していたのでしょう。

 

低く見られがちな弓ですが、こちらはダメージを受けずに一方的に敵を倒せる兵器として重宝されていたのです。

しかし、漫画でも合理的で味方が死ななければ、卑怯な戦い方も厭わない李牧が弓兵を多用していたのは、なんとなく漫画と史実が

シンクロしている感じがして面白いですね。

   

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

キングダムと言えば、騎兵の一騎打ちですが、鐙が発達していない当時は、とても重い武器を振り回せず、

出来ても矢を放って離脱するヒット&アウェイが精いっぱいでした。

もちろん、漫画でここをリアルにすると、味も素っ気もなくなりますし、キングダムの猛将は鐙なしでも股の締め付けだけで馬を制御できる

超人達だから、重い矛でも振り回せると強弁すれば大丈夫と言えば大丈夫です。

 

参考:柿沼陽平「戦国趙武霊王の諸改革」

 

前回のネタバレ予想記事はこちら↓

キングダム休載スペシャルリアルな秦軍の実態を解説

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

 

関連記事:キングダム582話最新ネタバレ予想「亜花錦の狙いは何だ!」

関連記事:キングダム581話最新ネタバレ「見える景色」レビュー紹介

 

キングダム582話 休載Youtube動画

 

キングダムネタバレ考察

 
 
 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso編集長

kawauso編集長

kawauso編集長です。 はじ三の中の人です。 様々なトピックを立てますが 盛り上がらない時には ごめんね。 大体、咬まないので 気軽にからんでもらえると 嬉しいです。

-キングダムのネタバレ考察
-, , ,