ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

西郷どん

西郷隆盛が実行した廃藩置県はどんな偉業?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

西郷隆盛

 

今回は西郷隆盛(さいごうたかもり)が実行した偉業の中で廃藩置県について取り上げます。

江戸幕府の時代は幕藩体制といい、藩主は武家諸法度を遵守しつつ藩独自の政治を行っていました。

 

幕末で欧米列強が日本に接近すると、藩がバラバラで独自の政治をしていたら日本が一丸となって欧米列強に立ち向かえないという考えが

生まれました。

明治政府は中央集権化を目指して改革を断行します。

この記事では、幕藩体制から中央集権化に至るまでの過程と版籍奉還・廃藩置県の概要について説明します。

 

関連記事:平野国臣の西郷隆盛救出!入水事件の真相とは?

関連記事:勝海舟と西郷隆盛!江戸を戦火から守った2人の真実とは?

 


 

幕藩体制とは

幕藩体制と徳川家康

 

幕藩体制とは江戸時代の政治体制です。

諸藩が本百姓の納める年貢を基盤にして藩にいる人々を支配しました

全国の藩は武家諸法度を守らなければなりませんが、警察や裁判などは藩独自で行っていました。

藩主が独自に政治を行うことができたことから、幕藩体制は現代と異なり、地方分権と言えるのかもしれません。

 


 

版籍奉還と廃藩置県―中央集権化に向けて

大久保利通

 

版籍奉還は1869年に全国の藩主に版(土地)と籍(人民)を明治新政府に返上させた改革のことを言います。

明治新政府の大久保利通(おおくぼとしみち)木戸孝允(きどたかよし)が建議しました。

薩長土肥の4藩主が先に版籍奉還を行い、他の全ての藩が薩長土肥にならって返還しました。

 

版籍奉還後、旧藩主は知藩事として幕藩体制の頃と変わらずに支配を続けました。

知藩事としての給料は明治政府より受け取っていましたが、明治政府は給料を払い続けていたため財政難になっていました。

 

廃藩置県とは1871年に幕藩体制を解体して全国を明治政府の直轄にしたことを言います。

大久保利通と木戸孝允が建議しました。

薩長土の3藩が御親兵を集めて武力を強化して藩をなくしました。

 

知藩事という役職はなくなり、リストラされました。

旧藩の債務は明治政府が引き継ぐことになりました。

明治政府は中央集権化を目指すために、廃藩置県後の府と県の数を3府302県から3府43県にまで減らしました。

府は東京・大阪・京都の重要地に置かれました。

 

廃藩置県により全国の府県の首長は府知事・県令と呼ばれました。

ただし、当時の府知事・県令は、戦後の都道府県知事とは異なり、中央からの派遣された人で、選挙では選ばれていません


 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は版籍奉還と廃藩置県によって中央集権化に至るまでの過程を取り上げました。

明治政府が中央集権化という構造改革を成し遂げられた理由として西郷隆盛が重要な役割を果たしたことが挙げられます。

 

戊辰戦争後の明治政府は財政基盤と兵力が脆弱でした。

NHKの連続テレビ小説『あさが来た』で見られたように、明治政府は大阪の商人から借金をしていました。

 

明治政府は借金を元手に幕府を倒し新政府を立ち上げていました。

また、明治政府は地租改正という税制改革で農民に負担を強いていたことから暴動も起こっていました。

 

明治政府の立て直しのために、大久保利通ら明治政府は鹿児島に戻っていた西郷隆盛を東京に呼び出します。

東京に上京した西郷隆盛は改革を断行しました。

西郷隆盛がいたから版籍奉還と廃藩置県という中央集権化という国の形を大幅に変える改革を成し遂げることができました。

 

西郷は明治政府内で陸軍大将となり、版籍奉還と廃藩置県の改革をしていましたが、明治六年の政変で下野します。

その後、不平士族による最後の反乱・西南戦争で自害しました。

 

最後に、戦前の府知事・県令は選挙で選ばれていませんが、戦後になって都道府県知事は選挙で選ばれます。

選挙で都道府県知事は選ばれていますが、未だに中央集権化の体制は残っています。

中央集権化から地方分権に向けて、道州制の議論が行われています。

今後の中央集権から地方分権に向けての議論にも注目したいと思います。

 

関連記事:【西郷どん】奄美大島に流された西郷隆盛は本当に荒れていたの?

関連記事:橋本左内の本「啓発録」をサクッと解説!西郷隆盛も認めた天才の名言とは?

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 


 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 篤姫 篤姫が日本で初めてミシンを使った?ミシンが日本に導入された経緯
  2. 井伊直弼には家紋が二つあるのはどうして?
  3. 鄧禹と兵士 廃刀令とはどんな法律?武士の特権を奪ったリストラ政策
  4. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 原田左之助とはどんな人?池田屋事件での逸話や薄桜鬼での原田左之助…
  5. 橋本左内の辞世の句とは?獄中の天才の無念を読み解く
  6. 山岡鉄舟、勝海舟の影に隠れた江戸無血開城功労者の凄い人生
  7. 沖田総司 幕末 沖田総司とはどんな人?本当にイケメンで彼女はいたの?
  8. 西郷隆盛像 流刑生活は意外に快適?奄美大島を満喫西郷どんを巡る旅

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 馬良と孔明
  2. キングダム 3巻
  3. 坂本龍馬の臨終(暗殺)
  4. 趙雲
  5. キングダム
  6. 法正に敗れる夏侯淵
  7. 陸遜
  8. 読書する劉備
  9. 曹操

おすすめ記事

  1. 【はじめての三国志】配信スケジュール一覧
  2. 【第2回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】あの袁●が仲間に!攻略が進む!
  3. 魯粛がいたからこそ劉備は蜀を建国できた!? 魯粛、周瑜、劉備
  4. 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【後半】 韓信vs孔明
  5. 劉琦の性格とは一体どんなだったの!? 蜀の劉琦
  6. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました

三國志雑学

  1. 荀彧
  2. 徐晃と許チョ
  3. 異民族に好かれる董卓
  4. 合肥の戦いで痛い目にあった孫権


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 武田騎馬軍団 馬場信春
  2. コーノヒロ(はじめての三国志ライター)
  3. ピストルを乱射する坂本龍馬
  4. 蔣琬(しょうえん)
  5. 孟節(南蛮討伐)
  6. 蒼天航路
  7. 嬴政(始皇帝)

おすすめ記事

鄧禹と光武帝 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だったの? キングダム55巻 キングダム最新612話ネタバレ予想vol2「金毛は頑張る?それとも瞬殺」 合肥の戦いの満寵 鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!? 孔明君のジャングル探検 孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!? 于禁と曹操 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑 劉備玄徳が眩しい理由 三国志 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方 劉備 婿 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1 はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP