よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【陸抗vs羅憲】勝ったのは一体どっち!?

羅憲
この記事の所要時間: 23





呉の兵を追い出す魏の曹真

 

陸遜(りくそん)の息子で父親同様、孫呉(そんご)の歴史にその名を刻んだ名将・陸抗(りくこう)と学問の才能に長けた蜀の羅憲(らけん)

この二人には共通点がほとんど無いように思えますが、実は陸抗羅憲、一回だけ戦ったことがあるのです。

陸抗羅憲二人の戦いはどちらに軍配があがったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話

関連記事:【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂

 

 

少数で永安城を守る羅憲(らけん)

羅憲

 

羅憲は青年期から学問に長けた人物で、蜀の外交官として二度ほど孫呉と親睦を深める使者としての任務を行っています。

この時孫呉側は羅憲の応答に感銘し彼を大いに褒めたたえたそうです。

そんな羅憲ですが皇帝・劉禅(りゅうぜん)の宦官・黄皓(こうこう)と仲良くする事ができなかったため、左遷させられてしまいます。

羅憲が左遷させられた官職は巴東太守ですが、幸いな事に蜀の右大将軍・閻宇(えんう)の副将となって彼の部下として働くことになります。

その後、魏が蜀へ侵攻してくると羅憲は閻宇から永安城の守備を行うように命令を受けます。

羅憲は閻宇の命令を受けて永安城を守備するべく入城しますが、ここから彼の苦しい戦いが始まることになります。

 

 

孫呉の軍勢が攻撃を仕掛けてくる

解煩督 呉

 

羅憲は閻宇の命令通りしっかりと永安城を守っていましたが、蜀の劉禅鄧艾(とうがい)へ降伏し蜀は滅亡することになります。

羅憲は劉禅が魏へ降伏した後も永安城を守っていましたが、蜀滅亡の数か月後、孫呉の軍勢が永安城へ襲来してきます。

羅憲は蜀へ襲撃を行ってきた孫呉の軍勢を見事に打ち破って永安城を守り切ることに成功します。この時羅憲は部下を司馬昭(しばしょう)の元へ派遣し、救援軍を派遣してくれるように要請を出します。

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

名将・陸抗投入

陸抗

 

孫呉は永安攻略軍が敗北したことを知ると、本気を出して蜀を手に入れるため名将・陸抗を援軍として派遣します。

陸抗は軍勢を率いて永安城へ到着するとこの城を包囲して、持久戦を展開。こうして孫呉の名将・陸抗と羅憲の戦いが始まります。

 

陸抗VS羅憲の戦いの結末は?

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

陸抗VS羅憲の戦いの結末はどうなったのでしょうか。

両者の戦いの結末は結果から先に述べると陸抗の負けで終わります。

陸抗は永安城を攻略するため、永安城を包囲して持久戦を展開するのは上記で説明しました。

陸抗の永安包囲戦はこの包囲戦は半年もの間継続することになります。

羅憲は陸抗の軍勢に永安城を包囲されてもしっかりと永安城を守って陸抗の攻撃を防ぎぬきます。

そして羅憲が司馬昭の元へ派遣した部下が援軍を連れて帰ってきます。

陸抗は魏が永安城を救うための援軍が来た事を知ると急いで軍勢を撤退させていくのでした。

こうして二人の戦いは羅憲に軍配があがることになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

陸抗と羅憲の戦いを紹介しましたが、もし陸抗が益州を手に入れることに成功していれば歴史は大きく変化することになったと思います。

蜀が滅亡した時点で魏と孫呉の南北時代へ突入することになります。

 

しかし魏は蜀を滅亡させたことによって中華の半分以上を手に入れており、孫呉を領土的にはいつでも孫呉を滅亡させることが出来るくらいの力を手に入れることになります。対して孫呉は蜀が滅亡した時点でも孫権が生きていたころとほとんど領土が拡大されることなく推移しており、魏と比較して圧倒的に不利な状態でした。

 

ですがもし陸抗が羅憲の永安城を陥落させ、益州を占領することになれば魏と呉の戦いはかなり長い間継続することになり、司馬炎の時代になっても天下統一することが出来なかったと思われます。そのため羅憲が永安城をしっかりと守備して、孫呉軍やその後にやってきた陸抗率いる軍勢を追い払ったことは、称賛に値する働きと言えるでしょう。

 

そして、歴史的に見ても羅憲が永安城を守り抜いたのは晋の中華統一にとても大きな役割を果たしたといえるのではないのでしょうか。

 

■参考文献 三国志武将辞典など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

関連記事:【素朴な疑問】戦争に敗れると将軍には、どんな罰が待っていたの?

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】
  2. 孫権のガードマン周泰は鉄人武将だった!?
  3. どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりや…
  4. 暴君・董卓は実は名将軍としての資質があった!?
  5. 後悔する孫権 孫権老害!魏は曹叡の代で潰れるとドヤって大失敗
  6. 【忠臣・魏延に迫る】何で劉備は魏延をあれほど重用したの?
  7. 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かな…
  8. これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志星座占い】諸葛亮は双子座?
  2. ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【1/23〜1/29】
  4. 前原一誠、萩の乱その戦いとは? 幕末 大砲発射
  5. 韓非が作った故事成語「矛盾と守株」の真の意味とは?
  6. 【マニアック読解】諸葛亮が倒れた場所は床かベッドか

三國志雑学

  1. 三国志ライター黒田レン
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

朝まで三国志 最強の軍師は誰だ? (桃園出版 三国舎)を出版しました 曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者 沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる 小松帯刀、西郷どんでの役割について考えてみよう! 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】 李儒と三国志 キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い! はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志カレンダー 【004】 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集

おすすめ記事

  1. 【三国志 魏の歴史事件簿】一体何が起きたのか!?曹芳の時代に起きた事件に迫る!!
  2. 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10
  3. 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を最小限に済ませる戦術とは?
  4. 王朗はいかにして「噛ませ犬」になったのか
  5. 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!!
  6. なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?
  7. どうして蜀は人材難に陥ったのか?
  8. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP