キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【陸抗vs羅憲】勝ったのは一体どっち!?

羅憲





呉の兵を追い出す魏の曹真

 

陸遜(りくそん)の息子で父親同様、孫呉(そんご)の歴史にその名を刻んだ名将・陸抗(りくこう)と学問の才能に長けた蜀の羅憲(らけん)

この二人には共通点がほとんど無いように思えますが、実は陸抗羅憲、一回だけ戦ったことがあるのです。

陸抗羅憲二人の戦いはどちらに軍配があがったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話

関連記事:【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂

 

 

少数で永安城を守る羅憲(らけん)

羅憲

 

羅憲は青年期から学問に長けた人物で、蜀の外交官として二度ほど孫呉と親睦を深める使者としての任務を行っています。

この時孫呉側は羅憲の応答に感銘し彼を大いに褒めたたえたそうです。

そんな羅憲ですが皇帝・劉禅(りゅうぜん)の宦官・黄皓(こうこう)と仲良くする事ができなかったため、左遷させられてしまいます。

羅憲が左遷させられた官職は巴東太守ですが、幸いな事に蜀の右大将軍・閻宇(えんう)の副将となって彼の部下として働くことになります。

その後、魏が蜀へ侵攻してくると羅憲は閻宇から永安城の守備を行うように命令を受けます。

羅憲は閻宇の命令を受けて永安城を守備するべく入城しますが、ここから彼の苦しい戦いが始まることになります。

 

 

孫呉の軍勢が攻撃を仕掛けてくる

解煩督 呉

 

羅憲は閻宇の命令通りしっかりと永安城を守っていましたが、蜀の劉禅鄧艾(とうがい)へ降伏し蜀は滅亡することになります。

羅憲は劉禅が魏へ降伏した後も永安城を守っていましたが、蜀滅亡の数か月後、孫呉の軍勢が永安城へ襲来してきます。

羅憲は蜀へ襲撃を行ってきた孫呉の軍勢を見事に打ち破って永安城を守り切ることに成功します。この時羅憲は部下を司馬昭(しばしょう)の元へ派遣し、救援軍を派遣してくれるように要請を出します。

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

名将・陸抗投入

陸抗

 

孫呉は永安攻略軍が敗北したことを知ると、本気を出して蜀を手に入れるため名将・陸抗を援軍として派遣します。

陸抗は軍勢を率いて永安城へ到着するとこの城を包囲して、持久戦を展開。こうして孫呉の名将・陸抗と羅憲の戦いが始まります。

 

陸抗VS羅憲の戦いの結末は?

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

陸抗VS羅憲の戦いの結末はどうなったのでしょうか。

両者の戦いの結末は結果から先に述べると陸抗の負けで終わります。

陸抗は永安城を攻略するため、永安城を包囲して持久戦を展開するのは上記で説明しました。

陸抗の永安包囲戦はこの包囲戦は半年もの間継続することになります。

羅憲は陸抗の軍勢に永安城を包囲されてもしっかりと永安城を守って陸抗の攻撃を防ぎぬきます。

そして羅憲が司馬昭の元へ派遣した部下が援軍を連れて帰ってきます。

陸抗は魏が永安城を救うための援軍が来た事を知ると急いで軍勢を撤退させていくのでした。

こうして二人の戦いは羅憲に軍配があがることになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

陸抗と羅憲の戦いを紹介しましたが、もし陸抗が益州を手に入れることに成功していれば歴史は大きく変化することになったと思います。

蜀が滅亡した時点で魏と孫呉の南北時代へ突入することになります。

 

しかし魏は蜀を滅亡させたことによって中華の半分以上を手に入れており、孫呉を領土的にはいつでも孫呉を滅亡させることが出来るくらいの力を手に入れることになります。対して孫呉は蜀が滅亡した時点でも孫権が生きていたころとほとんど領土が拡大されることなく推移しており、魏と比較して圧倒的に不利な状態でした。

 

ですがもし陸抗が羅憲の永安城を陥落させ、益州を占領することになれば魏と呉の戦いはかなり長い間継続することになり、司馬炎の時代になっても天下統一することが出来なかったと思われます。そのため羅憲が永安城をしっかりと守備して、孫呉軍やその後にやってきた陸抗率いる軍勢を追い払ったことは、称賛に値する働きと言えるでしょう。

 

そして、歴史的に見ても羅憲が永安城を守り抜いたのは晋の中華統一にとても大きな役割を果たしたといえるのではないのでしょうか。

 

■参考文献 三国志武将辞典など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

関連記事:【素朴な疑問】戦争に敗れると将軍には、どんな罰が待っていたの?

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編
  2. 徐庶 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者
  3. 厳畯は魯粛の後任だった!知られざる実話
  4. チャーチル 諸葛亮とイギリスの挙国一致内閣の人チャーチルとの共通点
  5. 袁紹はどんな性格で他の群雄との違いはなんだったの?
  6. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構…
  7. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  8. 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呂蒙を慰める孫権

おすすめ記事

  1. 実は楽進は張飛と一騎打ちをしてたってマジ!? 楽進
  2. 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす
  3. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その4「地獄の淵で」
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第30話「潰されざる者」の見どころをご紹介
  5. 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く 黄蓋 奮闘
  6. 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】

三國志雑学

  1. 曹丕
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の曹操孟徳
  2. 三国志ライター黒田レン
  3. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  4. 韓非の本を熟読して感銘を受ける政
  5. 株式会社三国志で働く劉備と孔明

おすすめ記事

甘寧 裏切る ゆるキャラ 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと? 【三国志平話】小喬がイケメン孔明に生唾ごっくん 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの? 【新企画予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』9月23日(土)から連載開始! 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ 【すこやか三国志】やばい!乗馬をやめてデブった董卓と劉備 織田信長 織田信長はあだ名の名人!どんなあだ名をつけたの? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第31話「虎松の首」の見どころをご紹介 大山巌 大山巌とはどんな人?明治の軍人の名言なども紹介

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP