はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

西郷どん

日本で初めてダイエットをしたのは西郷どん?




西郷隆盛像

 

西郷どんは桁外れの犬好きだったの?』では、西郷隆盛(さいごうたかもり)が犬を連れて散歩するきっかけがダイエットであることを取り上げました。

西郷が医師からダイエットで犬と散歩するように言われてから犬を連れている姿が目撃されるようになり、上野恩賜公園の銅像にもなったことを

取り上げましたが、西郷のダイエット方法について散歩以外のダイエット方法を取り上げませんでした。

この記事では、西郷のダイエット前の食生活と病気の内容、ダイエット方法について取り上げます。

 

関連記事:愛加那(あいかな)と西郷どんの子供達の人生とは?

関連記事:西郷どんの恩返し奄美大島貿易拠点構想

 

 

西郷隆盛の食生活

若い頃の西郷隆盛

 

西郷隆盛は元々巨漢でしたが、薩摩藩にいた頃は貧しくて粗食に耐えていました

西郷どんは桁外れの犬好きだったの?』によれば、倒幕のために戦場で戦っていたことから相当な運動量だったと思われます。

脂っこい食事や甘いものが大好物でしたが、肥満になることはありませんでした。

 

明治政府では参議になりました。

参議とは太政官の1つで、会社の中では現場ではなく管理職になりました。

管理職になっても脂っこい食事や甘いものが大好物で食事量は減りませんでしたが、

デスクワークで体を動かすことが少なくなったため肥満になりました。

資料として残っている軍服のサイズから、西郷の身長は178cm、体重は108キロありました。

 

 

西郷隆盛の病気

西郷隆盛の病気

 

明治政府で管理職になった西郷隆盛は、体重が108キロになり、病気がちになりました

高脂血症による動脈硬化と思われる症状が見られます。

胸の痛みを訴えるようになり、明治天皇はドイツ人医師ホフマンに診察させました。

ホフマンは当時の日本人の国民病だった脚気の治療のためにドイツから来日にしていました。

 

ホフマンは西郷を診察し、命に関わるとダイエットを課しました。

ホフマンによる診察を受けてから、西郷はダイエットを始めます。

ダイエット方法の詳細については次の節で紹介します。

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

西郷隆盛のダイエット法

西郷隆盛のダイエット法

 

ホフマンはダイエット方法として犬を連れてよく歩くようにアドバイスをしました。

また、ホフマンは西郷に犬を連れて山野を歩き、狩猟することも勧めました。

西郷はホフマンのアドバイスを受けて、犬を連れて散歩するようになります。

 

ホフマンは食事と生活面で次のように指示しました。

食事について、白米や豚肉をひかえるように課しました。

白米や豚肉を食べないことによって糖質制限ダイエットでの減量を試みました。

ホフマンは食事制限だけでなく薬の処方もします。

西郷に下剤(ひまし油)を1日5回飲むように課しました。

 

ホフマンが西郷に課したダイエット方法は効果が表われます。

西郷の体重は107キロから3年で80キロまで落ちました

減量に成功しましたが、下剤を頻繁に飲んだため、胃腸が弱くなり、1日50回以上便所に駆け込むことがありました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は西郷隆盛のダイエット前の食生活と病気の内容、ダイエット方法について取り上げました。

ダイエット前は食生活が原因で、西郷の体重が107キロありました。

体重が108キロになると胸の痛みを訴えるようになったことが分かりました。

 

ドイツ人医師ホフマンは西郷にダイエットをするよう勧めました。

ダイエット方法は食事制限と散歩による運動です。

ダイエット方法については糖質制限ダイエットで食事を制限した上で、

下剤を1日5回飲むように課しました。

 

西郷の体重は108キロから3年で80キロまで落ちました。

西郷のダイエットは成功と言えるのかもしれません。

しかし、下剤を1日5回の下剤を飲むことについて、

現代のダイエットではほとんど耳にしないと思います。

 

現代のダイエットの主な方法は運動と食事制限です。

現代のダイエットで下剤を頻繁に飲むことがあるのか気になります。

これからダイエットを始める人にとって、下剤の大量摂取は医師・薬剤師のアドバイスがない限りやめた方が良さそうです。

 

関連記事:西郷星と火星大接近!西郷どんが141年ぶりに帰って来た?

関連記事:勝海舟はどんな人?西郷どんの親友、幕末ちょい悪親父の波乱の人生

 

【幕末のエンジニア達】
幕末のエンジニア達

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 愛加那(あいかな)とはどんな人?西郷どんの島妻と西郷隆盛の人生を…
  2. 幕末 帝国議会 【伊藤博文のイギリス】英語が出来たから総理大臣になれたってホント…
  3. 【山内容堂と坂本龍馬】2人の関係は「理想の上司と部下」だったのか…
  4. 女と金 「篤姫」経済効果はどの位?町おこしのヒントが満載
  5. 高杉晋作エピソードは大傑作!ハリウッド映画レベル
  6. 東京お台場は江川英龍が築いた連携砲台だった!
  7. 徳川家を守った篤姫 篤姫の江戸城無血開城における役割とは?
  8. プチャーチンと川路聖謨二人の外交官の友情と打算

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志時代のひざまくら

おすすめ記事

  1. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1 光武帝(劉秀)陰麗華
  2. 中国古典によく出てくる「鼎」って何?
  3. 鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん)
  4. 【キングダム554話】「壁軍の攻防」ネタバレ&レビュー
  5. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2 曹操女性の敵2 ゆるキャラ
  6. 【潼関の戦い】曹操軍の補給を担った杜畿(とき)を解説

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魯粛

おすすめ記事

秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】 諸葛恪vs妖怪世紀の対決の軍配は?? 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男 劉備を僻む袁術 第16話:袁術くん「マインドフルネス」を劉備から学ぶ 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった 【三顧の礼】演義の劉備は誰でも口説くあわてんぼう! 幕末 大砲発射 大鳥圭介とはどんな人?函館戦争に参加する経緯まで紹介 はじめての三国志 「はじめての三国志」のロゴが完成しました

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP