キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

郭淮の死は正史三国志と三国志演義では全然違う件

魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
この記事の所要時間: 258




周瑜はナルシスト

 

正史三国志(せいしさんごくし)三国志演義(さんごくしえんぎ)では全然評価が違う武将が何人も登場します。

例えば周瑜(しゅうゆ)は正史三国志では赤壁の戦い、江陵攻略戦等で活躍。

また周瑜孫呉(そんご)が中原の覇者・曹魏(そうぎ)と戦うための政略、天下二分の計を考えた智謀の持ち主で、最期は病に勝つことができずに亡くなってしまいます。

周瑜はこのような活躍を残しているにも関わらず、三国志演義ですと諸葛孔明(しょかつこうめい)の噛ませ犬的な存在になってしまい、最期は諸葛孔明の手紙に激怒して憤死してしまいます。

このように正史と演義で全然違う評価や最期を描かれている武将が多くいますが、今回紹介する郭淮も正史三国志でかなり活躍したにも関わらず、正史と演義では全然違う最期を迎えることになるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?

関連記事:陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者

 

 

正史三国志の郭淮(かくわい)の最後とは?

魏の将軍、郭淮(かくわい)

 

では正史と演義では郭淮(かくわい)の最期はどのように違うのでしょうか。

まず正史から紹介したいと思います。

正史三国志の郭淮は実践で叩き上げられてメキメキと成長していきます。

郭淮は諸葛孔明亡き後、魏の西方を攻撃してきた蜀軍を何度も撃退する功績を残しています。

更に郭淮は異民族とも仲良くすることに成功し、蜀軍撃退の際には異民族の協力を得たこともありました。

このような活躍が認められて郭淮は、魏の西方の重鎮として出世することになりますが、まもなく病を得てしまい亡くなってしまいます。

郭淮の死後、魏の朝廷は彼の生前の功績を尊び大将軍の位を追贈したそうです。

正史三国志の郭淮の死因は病死でしたが、三国志演義ではどのような最期を迎えることになるのでしょうか。

 

 

乱戦の中、姜維(きょうい)に殺害される郭淮

蜀の姜維

 

正史三国志の郭淮の最期は病死でした。

では三国志演義の郭淮はどのような亡くなり方をするのでしょうか。

三国志演義の郭淮は蜀の本陣で潜伏していた羌族(きょうぞく)の迷当大王に呼応して蜀軍を攻撃。

姜維(きょうい)率いる蜀軍と魏軍は混戦状態になり激闘を繰り広げることになります。

郭淮はこの混戦状態の最中、蜀軍の将軍・姜維を発見し、彼に向かって弓矢を放ちます。

姜維は郭淮が放った弓矢を見事躱し、地面に突き刺さった彼の弓矢をそのまま郭淮に向かって放ちます。

郭淮は姜維の弓矢を躱すことができず、眉間に姜維の弓矢が突き刺さり亡くなってしまうのでした。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

 

どうして郭淮は正史と演義で違うの??

魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍

 

なんで正史と演義ではこうも違うのでしょうか。

ざっくりとお話すると。

三国志演義が蜀漢が正義であるとの見方によって出来上がったことが原因だと思います。

そのため曹操が建国した魏は蜀漢にとって漢を滅ぼした敵(もしくは悪役)なので魏の武将達が正史三国志のように活躍しない、もしくは正史とは全然違った形で描かれることが多々あります。

また反対に蜀漢の武将達は正史三国志と全然違う形で美談を多く盛り込まれている武将や正史よりも活躍している武将として描かれていることもあります。

上記のような理由から郭淮など魏に所属する武将または諸葛亮劉備(りゅうび)などと敵対したような武将達はちょっと残念な描き方がされていると思われます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

三国志演義によって郭淮も全然違った死に方をした武将の一人です。

正史三国志のような書き方をしてしまえば、三国志演義の基幹となっている蜀漢正統論が崩れてしまうので描けないのはわかります。

でも三国志演義に沿った小説などを読んで知識を仕入れ、その後に正史三国志の内容を知ることによって違った三国志の見方ができるので面白いといえるかもしれません。

でももう少しだけ史実(正史三国志)に似せたような描き方をした方が(郭淮だけでなく他の将軍や参謀、君主なども)いいのではないのかなと思ってしまうのはレンだけでしょうか。

 

参考文献 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:郭淮は本当に病弱じゃなくてムキムキマッチョな将軍だった!?

関連記事:魏の重鎮・郭淮と蜀の大将軍姜維どっちが強いでしょう??

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話
  2. 董卓が殺害された原因と三国志に与えた影響とは?
  3. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】
  4. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  5. 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSE…
  6. 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し
  7. はじさんが曹操を丸裸に!素顔は?身長は?曹操を徹底追及!
  8. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 楽進にクリソツな二世将軍楽綝の最期はかなり悲惨だった!?
  2. 【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣とは何?
  3. 西郷どんと最強ライバル徳川慶喜との関係は?
  4. 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征
  5. 武才だけではない!?先見の明を併せ持つ甘寧
  6. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR) マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・ 蜀の厳顔 厳顔の最後はとっても○○だった!! 三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何? 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【4/24〜4/30】 【第9回 幻想少女】曹操に会うためには宿敵・賈詡を倒すしかない!!

おすすめ記事

  1. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?
  2. どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる
  3. 【有料記事】費禕は諸葛亮の後継者ではなかった!【歴史の盲点】
  4. 【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識!
  5. 曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント?
  6. 荊州の豪族・蔡瑁(さいぼう)はどこに行ってしまったの?正史と三国志演義で紹介!
  7. 杜幾(とき)とはどんな人?魏の国内で素晴らしい統治をおこなった名行政官
  8. 衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP