三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

西郷どん

西郷隆盛が明治天皇に与えた影響は?

この記事の所要時間: 210




明治天皇

明治天皇

 

今回は明治政府で西郷隆盛(さいごうたかもり)明治天皇(めいじてんのう)に与えた影響について取り上げます。

明治天皇は少年で天皇に即位し、16歳で日本国のトップになりました。

明治天皇と教育係だった西郷隆盛との関係に注目します。

 

関連記事:鳥羽伏見の戦い影の功労者ウィリアム・ウィリス【はじ三ヒストリア】

関連記事:山岡鉄舟、勝海舟の影に隠れた江戸無血開城功労者の凄い人生

 

 

明治天皇の教育係・西郷隆盛

明治天皇の教育係・西郷隆盛

 

西郷隆盛は少年だった明治天皇に教育的指導をしていたという記録が残されています

明治新政府ができてまもなく、明治天皇はわがままで有名でした。

西郷が明治天皇を叱り、明治天皇はおとなしくなりました。

 

明治天皇は相撲が好きであることも有名でした。

西郷隆盛は相撲好きで、明治天皇と相撲をとっていました。

日頃の鍛錬に取り入れていましたが、相撲の最中に明治天皇を殴って、女官あさりをやめるように指導したこともありました。

 

ある日、山岡鉄舟(やまおかてっしゅう)は酒席で明治天皇から意見を求められ、天皇に反論しました。

この反論に対し、明治天皇は突然相撲をとろうと言い出します。

一方で、鉄舟は座ったまま立とうとしません。

すると、明治天皇は座り相撲をとろうとしますが、鉄舟は動きません。

 

天皇は鉄舟を無礼だと怒りましたが、鉄舟は君主と相撲をとることは道義に外れると論破しました。

翌日、明治天皇は鉄舟に謝罪し、明治天皇は相撲と酒をやめると宣言したと言われています。

 

明治天皇は西郷らの指導により君主としての自覚を持つようになりました。

西郷の指導と同時に岩倉具視(いわくらともみ)ら政府首脳が宮廷内の改革も行いました。

太政官から出された『万機親裁の布告』によれば、天皇は表の御座所で政府首脳と面談して政務を執ることや政務を執る御座所には

女官の出入りを禁止することが決まりました。

 

また、天皇は政府の選んだ識者から時勢の勉強をすることや乗馬の訓練をすることも決まりました。

天皇は君主となり、君主としての自覚を求める内容です。

 

江戸時代まで、天皇は政治と私生活に関わる部分を御所の中で済ませていましたが、1869年に政治と私生活の部分を切り離します。

天皇の私生活に関わる部分は宮内省が管理しました。

戦後は宮内庁が管理しています。

 

 

西郷隆盛の死を聞いて明治天皇は・・・

西郷隆盛の死を聞いて明治天皇

 

西郷隆盛は西南戦争で自害して亡くなります。

明治天皇は西南戦争で西郷が死んだと聞くと、思い出して涙を流していたと言われています

日露戦争の後、明治天皇は本当に自分のことを思ってくれたのは西郷隆盛だったと泣いていたという記録も残されています。

 

明治天皇は世界的に名声が高く、海外では日本史における最も偉大な天皇だと高く評価されています。

世界的に高く評価された天皇になれたのは西郷隆盛の教育的指導の成果と言えるでしょう。

明治天皇は晩年、親身になってして指導してくれた西郷隆盛を懐かしんでいたようです。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は明治天皇の教育係としての西郷隆盛と西郷が明治天皇に与えた影響について取り上げました。

明治天皇は世界中の人々から高く評価されていますが、西郷隆盛の教育的指導の成果だったとは意外かもしれません。

 

西郷隆盛の明治天皇への教育的指導を現代の社員教育やスポーツの世界での指導に活かすことができるのか注目したいと思います。

戦前の宮内省(現在の宮内庁)ができたきっかけが、明治天皇の女官あさりなど君主としての自覚のない振る舞いだったとは意外でした。

終わりに、明治天皇と西郷隆盛のエピソードについて紹介します。

西郷隆盛は明治天皇に対して教育的指導をしていましたが、西郷が明治天皇に拝謁したときにズボンのボタンが開いていて

局部が露出していたことがありました。

明治天皇は西郷からどんなときでも痛いと言ってはいけませんと指導されます。

以降、病床でも医者に痛いと言いませんでした。

西園寺公望(さいおんじきんもち)は天皇から西郷に痛いと言ってはいけないと言われたと記録で残しています。

 

関連記事:孝明天皇はどんな人?毒殺されたって本当なの?

関連記事:天皇とは何?そもそも何で偉いの?

 

幕末のおじゃるズ公家
公家

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 江戸城オフィスを大公開!大名の争いは部屋取りゲーム?
  2. 西郷従道 幕末 台湾出兵とは?明治政府最初の海外出兵を分かりやすく解説
  3. 横井小楠 坂本龍馬が注目した横井小楠の政治とは?
  4. 伊集院須賀(いじゅういん・すが)とはどんな人?西郷どんに嫁いだ最…
  5. 幕末 大砲発射 前原一誠、萩の乱その戦いとは?
  6. 井伊直弼の評価はどうなっているの?独裁者?英雄?
  7. 月照はどんな人?西郷どん最愛のお坊さん?
  8. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 江華島事件と戦前の日朝関係とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  2. 司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル 異議ありと叫ぶ司馬懿
  3. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 2
  4. 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟が熱すぎる!
  5. 江戸期は『三国志』の二次創作が大ブームを巻き起こしていた!?
  6. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士 偉人たちの名前を冠した「小松帯刀」を飲んでみよう! 蜀の馬超 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた? 月刊はじめての三国志2018年8月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 三国時代に乱立した皇帝…そもそも皇帝ってどんな人? 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた 【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)前田裕二 こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】

おすすめ記事

  1. 三国志乱舞 – スクエニが贈る本格三国志RPG -とはどんなアプリゲーム?
  2. 国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった?
  3. 袁譚(えんたん)ってどんな人?めちゃくちゃ三男と仲が悪かった袁家の長男
  4. 【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュラー入り!!
  5. やる気あんのか!?董承のペラペラ曹操暗殺計画
  6. 三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】
  7. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第5回 ついにあの武将が「覇王化」!!
  8. 三国志演義の翻訳本比較してみた!どれを読めばいいの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP