キングダム
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

陸抗の子孫達も歴史に名を残した素晴らしい人材だった!?




陸抗

 

陸抗(りくこう)は父・陸遜(りくそん)と同じく三国志の歴史に名前を刻んだ優秀な人物で様々な方面で活躍した人物です。

陸抗は軍事面においては中国のほとんどを手にしていた(しん)から攻撃をされずに領土をしっかりと守り、行政面においても民衆に徳を持って接し、平和な期間を作り上げています。

また陸抗は孫呉の敵である晋の将軍・羊祜(ようこ)と素晴らしい友情を築き上げ、後世に「陸羊の交わり」として伝えられるほどでした。

陸遜・陸抗の二代に渡って優秀な人材を輩出しましたが、陸抗の子孫も陸抗や陸遜のように優秀な人材だったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【江南八絶】孫呉を支えた!絶技を持った八人のプロとはいったい誰?

関連記事:孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話

 

 

陸抗の息子達は何人いたの!?

陸雲は曹操が大好き

 

正史三国志によると陸抗の息子達は6人いたそうです。

長男を陸晏(りくあん)、次男・陸景(りくけい)、三男・陸玄(りくげん)、四男・陸機(りくき)、五男・陸雲(りくうん)、六男・陸耽(りくたん)です。

おそ松さんも六人兄弟で超人気になっており、アニメ界の歴史に新たな一ページを刻んでいます。

陸抗の息子もおそ松さんの六人兄弟のように歴史にその名を刻む様な活躍をしたのでしょうか。

 

 

陸抗の息子で晋と戦った陸晏(りくあん)

 

まず初めに陸抗の長男・陸晏から紹介していきましょう。

陸晏は陸抗が亡くなると陸抗の跡を継ぐことになります。

陸晏は成都から長江の流れに沿って孫呉の領土へ攻撃を仕掛けてきた王濬の別動隊と戦いを繰り広げることになります。

 

陸晏は必死に王濬の別動隊と戦いますが、衆寡敵せず敗北し、討ち取られてしまいます。

この時、陸晏の弟・陸景も亡くなってしまいますが、陸景はどのような人物だったのでしょうか。

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

学問好きで何冊も本を残した陸景(りくけい)

 

陸景は兄・陸晏と一緒に晋軍と戦いますが、討ち取られてしまい亡くなってしまいますが、どのような人物だったのでしょうか。

陸景は学問が好きで、何冊も本を書いた文豪ですが、軍事的な能力については詳しい実績が残っていないのでわかりません。

しかし晋の軍勢と戦ったところを見ると軍事面で凡庸な人物では無いのと思われます。

 

陸晏と陸景は正史三国志に記載がありますが、陸玄については何の記載もありませんでした。

そのため陸玄については割愛させていただきます。

 

二陸と呼ばれた陸機(りくき)陸雲(りくうん)兄弟

陸雲

 

陸抗の四男と五男に当たる陸機・陸雲兄弟。

彼らは孫呉滅亡後ふたり揃って晋に仕えることになり、晋の重職・張華の元へ向かいます。

張華は陸機・陸雲の兄弟を一目見て「孫呉を滅亡させた最大の収穫はこのふたりの兄弟を手に入れた事だ」とベタ褒め。

張華は二人を褒めたたえただけでなく、二人のいい評判を晋の有力者達へ流します。

 

その結果、陸機は晋の高官・楊駿に仕え、陸雲は呉王の元にそれぞれ仕える事になります。

二人は共に民衆に対してきめ細かく、思いやりのある政治を行ったことで民衆に感謝されます。

 

また二人の部下であった役人達も彼らの働き方に感服し、一生懸命仕事を行います。

こうした実績が政府中央に認められた二人はメキメキと出世していくことになりますが、司馬穎に仕えた事で人生が大きく変わっていくことになります。

 

司馬穎(しばえい)に信頼される兄弟

 

陸機・陸雲の兄弟は司馬穎に仕え実力を見せると陸雲は軍の実務を取り仕切る右司馬へ出世。

そして陸機は後将軍へ出世することになります。

こうして二人の兄弟は司馬穎から厚い信頼を受けることになります。

 

そんな中、司馬穎は兄弟の一人・司馬乂(しばがい)が洛陽でやりたい放題朝廷を操っていることに激怒し、陸機を総大将にして大軍を与え、司馬乂討伐を行わせます。

陸機は一生懸命、司馬乂の軍勢と戦いますが、中々大勝利を得ることができず損害ばかり出してしまいます。

 

司馬穎のお気に入りの讒言のせいで

 

陸機は司馬乂の軍勢と一生懸命戦っている最中、司馬穎のお気に入りの宦官が陸機の悪口を言い立てます。

司馬穎は始め彼の言うことを信じていませんでした。

しかし陸機の下にいる将軍達も「陸機に対して不穏な動きがある」と訴え司馬穎へ直訴。

 

司馬穎はお気に入りの宦官や陸機の元にいる将軍達の訴えを聞き入れ、陸機、陸雲、陸耽の三兄弟を殺害。

民衆は彼らの死を聞くと大いに嘆きます。

また彼らの事を高く評価していた晋王朝の人々は彼らが亡くなったと知りすごく悲しんだそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

陸機・陸雲兄弟は政治において卓抜な手腕を見せますが、文学においても非常に優れた才能を見せています。

陸機が作った作品は後々の世まで伝えられることになったそうです。

また陸雲は文章の巧さでは陸機に及びませんでしたが、口頭で意見を伝えたり、議論をさせれば陸機を上回る実力を持っていたそうです。

 

参考文献 正史三国志呉書等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの?

関連記事:【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの?

 

【赤壁を超える!魏呉の直接対決特集】
濡須口の戦い特集バナー

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】
  2. 魏から蜀に下る姜維 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?…
  3. 奮闘する黄蓋 黄蓋は苦肉の策だけではない!レッドクリフでも大活躍した黄蓋の逸話…
  4. 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性
  5. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選
  6. 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達
  7. 城 銅雀台 銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだっ…
  8. 魯粛、周瑜、劉備 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 異民族に好かれる董卓
  2. 孔明による出師の表
  3. 亡くなる上杉謙信
  4. 周瑜はナルシスト

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに魏延を追加しました はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 【感謝】中国文学の全集・選書のアマゾン売れ筋ランキング1位と2位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  3. 【真田丸最終回記念】真田信繁はどのようにして家康本陣へ攻撃を仕掛けたのか? 真田丸
  4. 【PR】三国志の新たな世界を覗いてみよう 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち 関興と張苞
  6. 杜牧が詠ったIF三国志「もしも曹操が赤壁で勝ったら」 玄宗皇帝

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 孫権 弔い出陣
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹休
  2. 大久保利通 幕末
  3. 項羽と劉邦
  4. 法正

おすすめ記事

面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】 北条早雲の家臣は無名だけど有能揃いだった 【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった! 孫策に攻撃される黄祖 黄祖(こうそ)とはどんな人?正当防衛なのに孫家に恨まれ続けて殺された人 法正、劉璋、劉備 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている○○があったから 関羽と関索 関羽のエア息子?関索が大活躍した理由とは 大和朝廷 古代宮殿と邪馬台国 邪馬台国のラストエンペラーの正体を探る!仕組まれた神武東征?! 木戸孝允 西郷隆盛と木戸孝允はどんな関係?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP