曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての晋

羊祜(ようこ)ってどんな人?皆に慕われた名将

この記事の所要時間: 40

 

 

羊祜(ようこ)は三国時代末期の人物です。

正義感にあふれ、無欲な人物です。

また無益な争いを好まない人物で、民衆を大切にする思いやりのある政治を起こない、自国の領民から尊敬されていた人物です。

それって名将じゃなく政治家っていうのではとお思いですが、そうではなく、呉の名将であり彼の親友であった陸抗(りくこう)がなくなるとすぐに呉を攻略すべく皇帝に進言を行います。

 

パッとしない三国時代末期に現れた晋の名将羊祜について紹介していきたいと思います。

 

背が高く顔もカッコいい羊祜

photo credit: SIP0900863 via photopin (license)

photo credit: SIP0900863 via photopin (license)

 

羊祜の身長は170㎝以上です。

青年期は顔立ちも良く、眉毛が凛々しく、体格はがっちりして、美少年です。

また論議や弁舌に優れていた知性も備えておりました。

女性にもてそうな羊祜ですが、実は男性からも非常に人気です。

 

郭弈(かくえき)にも評価されてた羊祜

photo credit: Cycle: VIII via photopin (license)

photo credit: Cycle: VIII via photopin (license)

 

羊祜は晋の首都洛陽に帰還する途中に近くの県に寄りました。

その際、県境まで来ると従者に命じ、県令を迎えに行かせます。当時、県令であった郭弈は従者と共に羊祜の元に出かけました。

郭弈(かくえき)は帰ってきて「あいつは俺に劣らぬ人物である」と呟きます。

その後、再び羊祜の元に遊びに行き、家に帰ってくるなり郭弈は「俺より優れた人物だ」と周りに語ります。

羊祜は晋の首都洛陽に旅立つ日がやってきます。

郭弈は羊祜を数日にわたって見送り続けます。

晋の方には県令は県外に出てはならない法律が設定しているのですが、郭弈は見事にそれを破って、県から数百里離れた場所まで見送るのです。

もちろん法律を無視した郭弈は県令をクビになります。

ですが郭弈は後悔せず「羊祜は顔回(孔子の弟子)にも劣らない才覚と徳を持っている」と褒め称えました。

このようにイケメンで才覚のある羊祜は実績を積んで行きます。

 

関連記事:三国志の人々の精神に影響を与えた論語(ろんご)って何?

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

 

民衆に優しい政治を行う

photo credit: Hydrangea via photopin (license)

photo credit: Hydrangea via photopin (license)

 

羊祜は、長年の功績から荊州の襄陽太守に任命されます。

この地は呉の最前線に当たる場所で、非常に重要な都市です。この地を任された羊祜はまず、呉と争う事を止めて民衆に優しい政治を行います。

しかし初めは思うように行きませんでした。

 

呉の民衆からも慕われた羊祜

 

原因は襄陽が呉との国境近くにある都市で、常に緊迫した状態が続き、いつ呉と戦争が起きてもおかしくないからです。

しかし、年月が経ち呉との戦いが激減し、羊祜の政治に思いやりを感じた民衆は次第に彼を羊公と慕うのです。

また国境であった、呉の民衆からも慕われ、羊祜の領地に移動する民衆も多くいたそうです。

さらに呉の将軍からも信頼を得ており、羊祜を頼って晋に降伏する武将が頻発していたそうです。

三国志終盤の武将達の中で、敵と味方から信頼を得るほどの徳の高い人物は羊祜ただ一人と言っても過言ではありません。

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る
  2. 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦…
  3. 孫権のツンデレ外交に蜀の天才外交官・鄧芝の能力炸裂!蜀呉同盟を復…
  4. キングダムで秦の天下統一の鍵を握っている斉の国って誰が建国したの…
  5. 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく…
  6. 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ち…
  7. 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考…
  8. 何で劉備は劉表からの荊州譲渡を断ったの?第6感で決断した劉備の意…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】
  2. 幾島とはどんな人?篤姫の尻を叩いて将軍後継者問題を進めた女スパイ
  3. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち
  4. うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!
  5. 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】
  6. 曹操の機転。濮陽の戦いと定陶の戦い

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【はじ三グッズ】可愛い郭嘉の手帳型スマホケース(iPhone/Android対応)発売開始 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師 【キングダム548話】「乱戦下の策」ネタバレ&レビュー 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【11/13〜11/19】 月刊はじめての三国志2018年1月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳 張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとした優しい人 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略1】ついに超名作ゲームがみんなの手に蘇る!!

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.11「食いあわせ」
  2. 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?
  3. 蜀の武将・張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)に同情の余地はあるの?
  4. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第9部
  5. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった?
  6. 呂布の逸話って伝説的にすごいって知ってた?
  7. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方
  8. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP