キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての呉

陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将

陸抗

 

 

陸遜(りくそん)は呉の名都督ですが、孫権(そんけん)に諫言したため無実の罪で獄につながれた後、失意のうちに亡くなりました。

失意の内に亡くなった陸遜の息子が陸抗(りくこう)です。

 

蜀が魏に降伏した後、陸抗が生きている間は魏軍(晋軍)の侵攻を見事に防ぎ、呉の命脈を保った名将です。

 

関連記事:100年に1人の逸材|陸遜(りくそん)の生涯をたどる

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

 

父親の汚名を雪ぐ

 

陸抗の父親は夷陵の戦い劉備軍を破った名将陸遜です。

陸遜孫権を諫めたことで無実の罪を着せられ、失意の内に亡くなりました。

 

陸抗は父の葬儀を終えた後、孫権から新たな爵位をもらった事への感謝を言いに建業へ立ち寄ります。

陸抗が来たことを知った孫権は陸遜の罪状を陸抗に厳しく問いただしました。

陸抗は筋道を立てて、父陸遜の罪に反論しました。

孫権は、この反論を聞き陸遜への疑念はすっかり晴れました。

若き陸抗は父陸遜の冤罪を見事に晴らすのです。

 

孫権が陸抗に涙した逸話

張昭 VS 孫権

 

また陸抗が病を治療する為、建業に帰郷します。

病が治って勤務地に帰還することになった際、孫権は涙を流しながら「私は、讒言を信じたせいであなたの父親に無実の罪を着せてしまった。

あなたに対しても非常に申し訳ないと思っている。

 

以前あなたに送った詰問状はすべて焼却して、人の目にも触れないようにしてくれないだろうか。」と陸抗に謝ったと言う逸話が残っています。

何にせよ陸抗は孫権に対して堂々と父陸遜の罪状に反論し、父の汚名を晴らすことに成功したのです。

 

関連記事:病気の呂蒙を穴から見守る孫権

関連記事:孫権の妻たちは意外と知られてない?

関連記事:本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

 

孫呉の重臣陸抗は魏の羊祜と親交を結ぶ

陸抗は、諸葛誕(しょかつたん)が魏に反乱を起こした際、援軍に赴き魏の将軍などを討ち取る功績をあげます。

この武勲により征北将軍が授与され呉の重臣になります。

その後も勲功を上げ続け260年には孫呉の軍事拠点である、荊州の総指揮官に任命されます。

孫呉においてなくてはならない存在となった陸抗ですが、荊州に赴いた時に、魏の名将羊祜(ようこ)と親交を結びます。

 

平和な時はお互いに国境を越えて酒を酌み交わし、陸抗が病と知れば羊祜は薬を送るなど深い絆で結ばれていきます。

またお互いに国境を守る者として、必要の無い争いをやめ、領地経営に力を入れようと申し合わせていたそうです。

三国志終盤の武将の中では珍しい存在といえます。

 

関連記事:諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族

関連記事:魏や呉にもいた諸葛一族の話

 

名将の頭角を現した西陵城攻略戦

 

羊祜と親交を結び平和な時を過ごす陸抗ですが、突如、西陵城が晋に(曹魏は滅び司馬氏が皇帝となり、晋と国号を定める)に降伏します。

陸抗は諸将を率いて西陵城を包囲しますが、数か月たっても落とすことができません。

西陵城にてこずっている間に、親友である羊祜が荊州の中心である江陵城攻略に動き出します。

陸抗は江陵城に救援を差し向けず包囲を続けます。

 

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?

 

陸抗軍に新たな困難が発生

 

西陵城に晋の大軍が来援し、さらに陸抗に反乱を起こす武将などの大ピンチに見舞われます。

このピンチにおいて陸抗は一つ一つ冷静に対応することでこのピンチを脱します。

まず反乱をすぐに鎮圧します。次に別働隊を編成し、親友羊祜を抑え込み、最後に援軍に来た晋軍を撃破するという離れ業をやってのけます。

陸抗の活躍により晋軍は退却し、反乱を起こした西陵城を攻略します。

西陵城を攻略後、反乱を起こした将軍を打ち首にした後、反乱に加担した兵士全員を許るすのです。

 

この功績が皇帝孫晧に認められて大司馬に任命され、報奨もいっぱいもらいます。

しかし陸抗は誰にも自慢しなかったそうです。

その為、諸将はこの攻略戦以降陸抗を敬い、陸抗の命令をしっかりと聞き仕事に励んだそうです。

 

孫呉を思う気持ちが人一倍強い陸抗

 

孫呉の名将として成長を遂げた陸抗ですが、父陸遜に似て孫呉を思う気持ちは人一倍強い忠臣です。

孫呉のラストエンペラー孫晧(そんこう)は暴虐で気に入らない臣下は左遷や殺害したりします。

また美女を後宮に集めて酒池肉林の日々を過ごす暴君でありました。

 

この暴君に真正面から注意した人物は陸抗を入れてわずか数人しかいません。

その他の臣は孫晧に媚びるか、怖くて注意できない臆病者のどちらかです。そんな中、陸抗は孫呉のためにしっかりと注意します。

西陵城の戦いが終わった後、政治家である薛瑩(せつえい)が讒言により投獄されます。

しかし陸抗は暴君である孫晧に正面から注意します。この注意により、薛瑩は死罪を免れるのです。

 

また陸抗が病に倒れ、完治が望めない状態になった時、孫晧に領土防衛の重要性と募兵制度を批判し、改革案を示します。

また国力回復に注力することを書簡に書き記し、孫晧に送っています。その後、陸抗の病は完治することなく亡くなってしまいます。

陸抗の死後から6年後の280年に晋の孫呉討伐軍に呉軍は敗れ続け、孫呉は降伏します。

 

関連記事:孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

関連記事:超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表

 

三国志ライター黒田廉の一言

黒田廉

 

孫権の晩年から内乱が相次ぎ、孫権死後も政治の主導権争いが絶えず、孫呉の国力は回復しませんでした。

そんな中、同盟国であった蜀が滅亡、この厳しい状況の中、孫呉を必死になって支えたのは陸抗一人といっても過言ではないと思います。

 

天下の80パーセント以上が晋になってしまい、晋軍が本気を出して蜀や荊州、揚州など三方向から侵攻すればたやすく孫呉を打ち倒すことも可能であったはず。

この軍事作戦ができなかった要因の一つは陸抗の存在があったからだと私は思います。

孫呉最後の名将といっても言い過ぎではないでしょう。

 

よく読まれている記事

袁術と孫策

 

よく読まれている記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

 

孫策 頬

 

よく読まれてる記事:孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる

 

孫策

 

よく読まれてる記事:たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策

 

呉夫人

 

よく読まれてる記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

 

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼、夏候惇、文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹仁 正史三国志魏書での最強武将TOP3は呂布・張遼・曹仁じゃない?
  2. 法正 呉の太子四友とはどんな人?権力闘争に敗れ失脚していくエリート
  3. 項羽と劉邦 【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる…
  4. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略1】ついに超名作ゲームが…
  5. 秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?…
  6. 孫策の人生に一辺の悔い無し 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する
  7. 天才軍師 竹中半兵衛が編み出した鬼畜の作戦って何?
  8. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明と龐統の両軍師
  2. 魏延と孔明
  3. 孫策に攻撃される黄祖
  4. 袁紹VS公孫瓚
  5. 周瑜と孫策

おすすめ記事

  1. 明智光秀が初陣?で籠城した田中城とは?米田文書は信用できる? 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  2. キングダム588話休載スペシャル「王賁の治療リアルにはどうだった?」 キングダム53巻
  3. 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」 裏切りは許さぬ 曹操
  4. 水野勝成の逸話とは?戦国時代のフリー武将の逸話を紹介 水野勝成
  5. 第9話:三国夢幻演義 龍の少年「江南動乱」配信中 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ ダムが完成した蜀

三國志雑学

  1. 二刀流の劉備
  2. 曹丕に進言をする劉曄
  3. 張コウ 張郃
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 燃える本能寺
  2. 張飛の男気人生
  3. 徳川家康をボコボコにする武田信玄
  4. 南蛮胴を身に着けた織田信長
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年

おすすめ記事

関羽 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった? 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚! 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事! 【三国天武 攻略その1】全世界3000万人がプレイしている三国志の世界へ「内政編」 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長の業績とは?戦争面・人材登用・行政政策の輝かしい業績を紹介 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 【横山光輝三国志】イリュージョンで世を去る諸葛亮

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP