キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

アンゴルモア 元寇合戦記

武家文化は力強く堅実だった

鎌倉時代 服装 男女




鎌倉時代の服装

 

鎌倉時代の文化の特色をひとことで表すと、平安時代までの優雅(ゆうが)公家文化と、

力強く堅実な武家文化が入り混じって誕生した新しい文化である、ということができます。

 

それまでの平安時代では、平安京を中心に、公家たちによる華やかな文化が形成されていました。

服装では十二(ひとえ)、文学では源氏物語などを思い浮かべることができます。

しかし、鎌倉時代になると服装は小袖、文学では平家物語というように、質実剛健な文化へと変わっていきます。

 

鎌倉時代の初め、源頼朝(みなもとのよりとも)が政治の実権を握りましたが、経済の中心は依然として京都にありました。

そして朝廷や公家の勢力が強かったので、鎌倉文化の初期はこうした公家たちの影響を大きく受けていたのです。

 

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】元寇とは?鎌倉時代の防衛戦争

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文学はどんなもの?

 

 

鎌倉時代の和歌や文学

鎌倉時代の和歌や文学

 

鎌倉時代には優れた和歌が数多く作られました。

1205年に編纂された「新古今和歌集」では、後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)藤原定家(ふじわらのさだいえ)式子内親王(しきしないしんのう)の優れた和歌を楽しむことができます。

技巧的な和歌の数々から、鎌倉時代の文化人がどのような考え方や人生観を持っていたのかということを推測することができます。

 

「新古今和歌集」に登場する式子内親王は、後世にたくさんの和歌を残したわけではありませんが、現存する和歌の多くが高い評価を得ている

素晴らしい女性歌人です。

また、武士たちの活躍を記した「平家物語」などの軍記物が登場する一方で、王朝時代を懐かしむ懐古物語も作られました。

 

「平家物語」は軍記物の最高傑作とされ平敦盛(たいらのあつもり)木曽義仲(きそよしなか)といった個性豊かな武士たちの心情に思いをはせることができます。

また、巴御前(ともえごぜん)のような魅力的な女性も物語に登場します。

懐古物語の分野では、「住吉物語」など、現代の私たちが読んでも楽しめるような物話がたくさん作られました

しかし、鎌倉時代末期になり、政治や文化の中心が完全に武士たちへと移ってしまうと、懐古物語は衰退してしまいました。

 

 

鎌倉時代の宗教

 

鎌倉時代、武士や庶民のための新しい仏教の宗派が生まれました。

浄土宗(じょうどしゅう)浄土真宗(じょうどしんしゅう)時宗(じしゅう)日蓮宗(にちれんしゅう)臨済宗(りんざいしゅう)曹洞宗(そうどうしゅう)のことを鎌倉新仏教といいます

 

浄土宗、浄土真宗、時宗、日蓮宗はそれまでの仏教の教えの中から生まれましたが、厳しい戒律や寄進は必要とせず、庶民でも分かるように

簡単な内容となっていました

また、臨済宗と曹洞宗は中国から輸入され、この時代に日本へ入ってきた仏教です。

 

【蒙古が海からやってきた】
アンゴルモア合戦記の特集

 

鎌倉時代の芸能

鎌倉時代の芸能・田楽

 

鎌倉時代は様々な芸能が発展した時代でした。

田楽(でんがく)猿楽(さるがく)のほかに、白拍子(しらびょうし)が登場したのもこの時代だったのです。

田楽は、田植えの前に豊作を祈るための伴奏がついた舞踊でしたが、鎌倉時代になって形式が整い、芸能として洗練されていきました。

 

ところで、現代でも居酒屋などのメニューにある、白い豆腐に色のついた味噌をつける串焼きのことを「田楽」といいますが、

これは、白い袴を身につけ、色のついた上着を羽織った田楽法師(でんがくほうし)と見た目がそっくりなことからこの名前がついたそうです

 

また、猿楽は後に能楽と呼ばれるようになった日本の伝統舞踊です。

猿楽自体はとても歴史の古い舞踊ですが、鎌倉時代になると寺社との結びつきを強め、座を組織して公演を催す集団も現れました。

白拍子は、田楽や猿楽と比べるとあまり有名ではないかもしれませんが、鎌倉時代特有の舞踊であり、女性が男装して踊る舞踊です。

この白拍子は室町時代には衰退してしまいましたが、鎌倉時代、大変な人気を集めました。

 

平清盛(たいらのきよもり)の愛妾となった妓王(ぎおう)源義経(みなもとのよしつね)の寵愛を受けた静御前(しずかごぜん)など、歴史上の有名人物に愛された白拍子が数多く存在しました。

鎌倉時代の男装の麗人は当時社会的地位が高かった男性の心を掴み、魅力したのかもしれません

 

今見てもカッコイイ!鎌倉時代の建築

五重の塔

 

中国の宋から日本に入ってきた大仏様と呼ばれる建築様式に加え、禅文化の影響を受けて成立した禅宗様という建築様式により、

多くの寺院が建てられました。

大仏様は最小限の材料で大建築ができる合理的な建築様式で、東大寺南大門などがこの様式で作られています。

 

禅宗様は、全体的に背丈の高い外観を作り出すことができ、この様式では円覚寺舎利殿が有名です。

どちらの様式も質素で力強く、過度な彩色を施さないため、質実剛健な鎌倉時代の文化を象徴する建築様式であるということができるのです。

 

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文化的特徴とは?

関連記事:アンゴルモア元寇合戦記 鎌倉時代の服装は?

 

【古代日本の誕生秘話】
大和朝廷

 




はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 高麗がモンゴルと組ん…
  2. 鎌倉時代の侍 たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想!
  3. 鎌倉時代 服装 男女 【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文化的特徴とは?
  4. 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面…
  5. 辮髪(べんぱつ) モンゴルの漢族支配から生まれた名物料理「刀削麺」
  6. フビライ・ハンとは何者?モンゴル帝国のラスボスに迫る!
  7. 鎌倉時代の侍 鎌倉時代の武士は何を食べてたの?当時の食べ物を紹介
  8. 宋銭 お金と紙幣 鎌倉時代に使われていた貨幣とは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志大学で勉強する劉備
  2. 張飛が使う蛇矛
  3. 甄氏(しんし)
  4. 韓信vs孔明
  5. 上杉謙信
  6. 北条早雲

おすすめ記事

  1. 夷陵の戦いにおける劉備の大敗は避けようがなかったの?臥竜鳳雛が揃っていたら? 夷陵の戦いで負ける劉備
  2. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?
  3. 曹操の徐州大虐殺の真相には諸説あり? 呂布を水攻めする曹操
  4. 西郷どんが坂本龍馬を殺したって本当?
  5. 上杉謙信はお酒大好きの飲兵衛おっさんだった?酒豪のおもしろ雑学 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信
  6. 第10話:袁術くん「リーダーシップ」の高め方を学ぶ 袁術

三國志雑学

  1. 曹操
  2. 光武帝を解説する荀彧
  3. 朱然に後を引き継ぐ呂蒙
  4. 王騎 キングダム
  5. 昌豨


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 馬超と韓遂
  2. 合肥の戦いの満寵
  3. 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布
  4. 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信
  5. 孫権と張昭
  6. 甘寧と凌統

おすすめ記事

秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外な才能 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!! 羊コと会話で盛り上がる辛憲英 羊祜 賈充と羊祜は孫呉討伐の戦略で激闘してた!? 魏延の謀反を察する孫権 夷陵の戦いの時に魏延はどうしていた?その後に影響があったかもしれない爪痕 皇帝になった徳川慶喜 もし大政奉還が成功していたら日本はどうなった? 旅 三国志 東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2 ホウ徳、馬超 龐徳は馬超に義理で部下になっていた!? 挑発する諸葛亮孔明 愛されすぎてことわざになった人・諸葛亮(しょかつりょう)編

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP