三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉琦はどうして毒殺されなかったのか!?【素朴な三国志疑問】




蜀の劉琦

 

劉表(りゅうひょう)の長男・劉琦(りゅうき)

劉琦は弟・劉琮(りゅうそう)劉表から可愛がられた事がきっかけとなり、劉表の後継者の地位を巡って争うことになります。

 

劉琮を擁立しようとする一派は、劉琮を後継者とするのであれば、劉琦を不慮の事故に見せかけて毒殺してしまえば良かったのに、彼を殺害するような行動を起こしませんでした。なぜ劉琦は毒殺されずに済んだのか。

 

今回はこの謎に迫ってみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ!

関連記事:何で劉備は劉表からの荊州譲渡を断ったの?第6感で決断した劉備の意図とは?

 

 

劉琦が毒殺されなかった理由その1:反乱がおきるかもしれなかったから

三国志のモブ 反乱

 

そもそも劉表の後継者はどうして起きたのでしょうか。

劉琦・劉琮兄弟が自分から劉表の後継者の地位を欲しいと言って争いが起きたわけではないのにです。

ではどうして起きたのか。

 

正史三国志によれば、劉表とその側室・蔡氏が劉琮を可愛がって跡継ぎにしたいと考えたことがきっかけで起きた争いです。

劉表の側近である蔡瑁(さいぼう)蒯越(かいえつ)らも劉琮が後継者になれるように根回しをしていたようです。

 

このような理由から劉琦は劉表の後継者の地位から少しづつ蹴落とされていきますが、劉琦が殺害されるようなことは起きませんでした。

なぜしなかったのか。

それは劉琮を擁立しようとする一派に良心が残っていた事が考えられるかもしれません。

 

劉琮一派と劉琦の後継者争いは劉表の家臣達はみんな知っており、劉琮一派は劉琦を毒殺などによって殺害してしまえば、劉琦に心を寄せていた人々が反乱を起こすかもしれません。

もし反乱を起こせば国内が大きく乱れ、国内が乱れている中、外敵から攻撃を受ける事になれば、一致団結して荊州を守ることができず、荊州の領土が無くなってしまうかもしれません。

 

劉琦を毒殺してこのような危険性があるのであれば、劉琦をはじめから毒殺しない方がいいとの判断で劉琮一派はしなかったのかもしれません。

 

 

劉琦を毒殺しなかった理由その2:毒殺する理由が無くなった!?

考える諸葛亮孔明

 

劉琦を毒殺しなかった二つ目の理由として、劉琦を毒殺する必要性が無くなったことがあるかもしれません。

劉琦は諸葛亮のアドバイスを聞いた後、襄陽から離れて江夏太守に赴任します。

 

劉琮一派は劉琦が襄陽から居無くなってしまえば、劉表の遺言を捻じ曲げて劉琮を後継者として君臨させることも簡単にできるでしょう。

また劉琮を擁立している一派は劉表を説得して劉琮を後継者に指名するように説得する自信があったはずです。

 

この上記二つの自信を持っていた劉琮一派がわざわざ劉琦を殺害する必要があったのでしょうか。

レンは劉琦を毒殺する必要性が全く見出せませんが、皆さんはどのように思いますか。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

更にもう一つ劉琦を毒殺しなかった理由を加えるとすれば、劉琦を援護する劉備の存在があったかもしれません。

劉備は劉表の食客として劉表の元に身を寄せていましたが、諸葛亮が劉琦へアドバイスをして手助けをした事で、劉備もどちらかと言えば、劉琦に思いを寄せていた可能性があります。

 

もし劉琦が毒殺されて亡くなった場合、劉備が劉琦の仇討ちを名目として劉琮一派を討伐する為に挙兵するかもしれません。

もしそうなれば、劉備軍と劉琮軍が荊州国内で戦いを始めることになり、荊州国内は大いに乱れることになります。

 

そして荊州国内が乱れれば、曹操孫権が荊州へ乱入し、荊州が奪われてしまうかもしれません。

このような事態になれば、劉琮一派が劉琦を毒殺して得るメリットなどなく、デメリットしか無いといえ、わざわざ毒殺するような事をしなかったと思われます。

結論としては劉琮一派が上記で紹介したような理由から劉琦を毒殺する可能性は極めて低いといえるのではないのでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志魏書・蜀書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 袁紹の敗北は関羽のせいだった?
  2. 孫策に攻撃される黄祖 黄祖(こうそ)とはどんな人?正当防衛なのに孫家に恨まれ続けて殺さ…
  3. 気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった!
  4. これは本物…?稀代の奇人変人・禰衡のやらかしエピソード集
  5. 孔明もコペルニクスに似ていた 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係
  6. 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  7. 典韋と弁慶の共通点を探してみたら意外な事実が判明!?
  8. 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 新選組の土方歳三
  2. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250

おすすめ記事

  1. もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた?
  2. 【すっきり解説】曹操の元に徐庶が留まり続けた理由
  3. 今どき三国志が流行らない理由 キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  4. 西郷隆盛が明治天皇に与えた影響は? 明治天皇
  5. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり 鄧禹と兵士
  6. 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由

三國志雑学

  1. 劉邦
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

西郷隆盛と木戸孝允はどんな関係? 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1 キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの? 成廉(せいれん)とはどんな人?呂布を支えた八健将 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【3/13〜3/20】 BOOK☆WALKERにて『#君主論』の販売を開始しました。 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく紹介!

おすすめ記事

  1. 官渡の戦いを終戦に導いた許攸(きょゆう)は偉大なの!?
  2. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第三回:青州(せいしゅう)、涼州(りょうしゅう)、并州(へいしゅう)編
  3. 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?
  4. 曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは?
  5. 島津斉彬の人柄とは?誰もが納得する名君の心構え
  6. 三国志演義の曹丕様の初登場シーンが怖すぎる 曹丕
  7. 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く
  8. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP