ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉琦はどうして毒殺されなかったのか!?【素朴な三国志疑問】


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

蜀の劉琦

 

劉表(りゅうひょう)の長男・劉琦(りゅうき)

劉琦は弟・劉琮(りゅうそう)劉表から可愛がられた事がきっかけとなり、劉表の後継者の地位を巡って争うことになります。

 

劉琮を擁立しようとする一派は、劉琮を後継者とするのであれば、劉琦を不慮の事故に見せかけて毒殺してしまえば良かったのに、彼を殺害するような行動を起こしませんでした。なぜ劉琦は毒殺されずに済んだのか。

 

今回はこの謎に迫ってみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ!

関連記事:何で劉備は劉表からの荊州譲渡を断ったの?第6感で決断した劉備の意図とは?

 

 

劉琦が毒殺されなかった理由その1:反乱がおきるかもしれなかったから

三国志のモブ 反乱

 

そもそも劉表の後継者はどうして起きたのでしょうか。

劉琦・劉琮兄弟が自分から劉表の後継者の地位を欲しいと言って争いが起きたわけではないのにです。

ではどうして起きたのか。

 

正史三国志によれば、劉表とその側室・蔡氏が劉琮を可愛がって跡継ぎにしたいと考えたことがきっかけで起きた争いです。

劉表の側近である蔡瑁(さいぼう)蒯越(かいえつ)らも劉琮が後継者になれるように根回しをしていたようです。

 

このような理由から劉琦は劉表の後継者の地位から少しづつ蹴落とされていきますが、劉琦が殺害されるようなことは起きませんでした。

なぜしなかったのか。

それは劉琮を擁立しようとする一派に良心が残っていた事が考えられるかもしれません。

 

劉琮一派と劉琦の後継者争いは劉表の家臣達はみんな知っており、劉琮一派は劉琦を毒殺などによって殺害してしまえば、劉琦に心を寄せていた人々が反乱を起こすかもしれません。

もし反乱を起こせば国内が大きく乱れ、国内が乱れている中、外敵から攻撃を受ける事になれば、一致団結して荊州を守ることができず、荊州の領土が無くなってしまうかもしれません。

 

劉琦を毒殺してこのような危険性があるのであれば、劉琦をはじめから毒殺しない方がいいとの判断で劉琮一派はしなかったのかもしれません。

 

 

劉琦を毒殺しなかった理由その2:毒殺する理由が無くなった!?

考える諸葛亮孔明

 

劉琦を毒殺しなかった二つ目の理由として、劉琦を毒殺する必要性が無くなったことがあるかもしれません。

劉琦は諸葛亮のアドバイスを聞いた後、襄陽から離れて江夏太守に赴任します。

 

劉琮一派は劉琦が襄陽から居無くなってしまえば、劉表の遺言を捻じ曲げて劉琮を後継者として君臨させることも簡単にできるでしょう。

また劉琮を擁立している一派は劉表を説得して劉琮を後継者に指名するように説得する自信があったはずです。

 

この上記二つの自信を持っていた劉琮一派がわざわざ劉琦を殺害する必要があったのでしょうか。

レンは劉琦を毒殺する必要性が全く見出せませんが、皆さんはどのように思いますか。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  


 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

更にもう一つ劉琦を毒殺しなかった理由を加えるとすれば、劉琦を援護する劉備の存在があったかもしれません。

劉備は劉表の食客として劉表の元に身を寄せていましたが、諸葛亮が劉琦へアドバイスをして手助けをした事で、劉備もどちらかと言えば、劉琦に思いを寄せていた可能性があります。

 

もし劉琦が毒殺されて亡くなった場合、劉備が劉琦の仇討ちを名目として劉琮一派を討伐する為に挙兵するかもしれません。

もしそうなれば、劉備軍と劉琮軍が荊州国内で戦いを始めることになり、荊州国内は大いに乱れることになります。

 

そして荊州国内が乱れれば、曹操孫権が荊州へ乱入し、荊州が奪われてしまうかもしれません。

このような事態になれば、劉琮一派が劉琦を毒殺して得るメリットなどなく、デメリットしか無いといえ、わざわざ毒殺するような事をしなかったと思われます。

結論としては劉琮一派が上記で紹介したような理由から劉琦を毒殺する可能性は極めて低いといえるのではないのでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志魏書・蜀書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由
  2. 朱然と陸遜 朱然って夷陵の戦いでどんな活躍をしたの?
  3. 【三国時代】英雄の地位はどの位?
  4. 献帝 恩賜の御衣 恩賜の御衣ってなに?三国志や源氏物語にも出てくるエピソードを紹介…
  5. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備 【三顧の礼】諸葛亮が自ら盛った作り話か!?あったか疑わしい三顧の…
  6. 蒼天航路 蒼天航路の甘寧は奇襲攻撃の達成率が圧倒的にスゴイ件
  7. 幕末 魏呉蜀 書物 【笑林】日本の昔話「芋ころがし」のルーツ? 人まねで失敗した話
  8. 諸葛恪の栄光と破滅 【諸葛恪の栄光と破滅】最初の成功が人生を狂わせた呉の最高指導者

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 夏侯覇
  2. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  3. チェストと叫ぶ西郷隆盛
  4. 真田丸 武田信玄
  5. オカルト小説を書いている曹丕
  6. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

  1. 【マニアック読解】諸葛亮が倒れた場所は床かベッドか 病気がちな孔明
  2. 黄蓋が赤壁の戦いに出陣したから大勝利できた!その理由とは? 奮闘する黄蓋
  3. 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは? すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ
  4. 三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人はどうなるの? 日本に目指さした孫権
  5. 壬申の乱の内幕、狙われていた天武帝?唐 VS 新羅戦争の影響(第2回) 邪馬台国と魏軍の兵士
  6. モバイル向け新作シミュレーションRPG『三國志曹操伝 ONLINE』の事前登録をスタート

三國志雑学

  1. 賈詡
  2. 周泰(しゅうたい)
  3. 孔子と儒教


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志大学 曹操
  2. 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 曹操と郭嘉
  4. キングダム
  5. 蜀の劉備

おすすめ記事

和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女 「斉」の旗を持った兵士 戦国策【斉策】滅亡寸前の国を知恵で蘇らせるの巻 司馬昭 司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男 袁術と劉繇 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯 孔明 諸葛亮孔明はどんな人物像を考察してみた。正史と三国志演義では違う? 黒船(ミシシッピ号) ペリーとプチャーチン日本を研究した二人から日本人の弱点を探る 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.1 樊噲 樊カイ(はんかい) 樊噲(はんかい)とはどんな人?肉屋の主人から劉邦の親衛隊隊長として楚漢戦争を戦い抜いた豪傑

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP