ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

はじめての変

荊州の豪族・蔡瑁(さいぼう)はどこに行ってしまったの?正史と三国志演義で紹介!

蔡瑁




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・あの人は今どこに」のコーナーです。

 

 

三国志の登場人物は物凄い数です。

ゲームですら500人以上登場したりします。

10分間でどれくらいの数の名前をあげられるのか大会を開いてほしいくらいですね。

1秒間に1人あげても10分間で600人ですから、これでも半分くらいでしょうか。

1000人以上の名前が出てくる方は完全にトップクラスの三国志マニアです。

試しにやってみてください。

後半は言ったか言っていないのか、実在した名前かそうでないのかもあやふやになってきます。

 

判明している字や出身地、没年まで言えたら凄いですね。

 

それだけの数の登場人物がいると、

あの人ってあの後どうなったんだっけ?っていうケースがあっても仕方がありません。

 

 

例えば有名なところでは、「蔡瑁(さいぼう)」ですね。

え?有名じゃないですか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる!




荊州の刺史・劉表の重臣

 

孫堅(そんけん)に殺された荊州刺史の代わりを務めたのが劉表(りゅうひょう)です。

劉表は地元の豪族・蔡氏の娘を後妻に迎えて縁戚関係を結び、

荊州に勢力を拡大していくことになります。

この劉表の後妻が蔡瑁の姉です。

さらにその子・劉琮にも蔡瑁の姪を正妻としています。

蔡瑁は外戚としてかなりの権力を握っていたことになります。

 

当時、劉表の客将だった劉備に人望が集まっていくことを恐れた蔡瑁は、

劉備の暗殺を計画します。劉備の愛馬「的盧」の活躍によって逃げ切った話は有名です。

こちらは「三国志演義」に記載されていますが、

「三国志正史」にもやはり劉備暗殺を企てていたという記述があります。

劉備と相性が悪かったのは間違いない話のようです。




曹操に降伏する蔡瑁

 

曹操の荊州侵攻に伴い、劉琮は実にあっさりと降伏します。

あまりに簡単に荊州が手に入ったために曹操も驚いたくらいです。

この降伏を主導した一人が蔡瑁です。

外戚としてかなりの発言権はあったと思われます。あまり知られていないことですが、

実は曹操と蔡瑁は旧知の仲だったそうです。

そのコネがあったからこそ蔡瑁は気軽に降伏したのでしょう。

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

三国志演義の蔡瑁

 

三国志演義に登場する蔡瑁にそんなバックボーンは描かれていません。

水軍を率いることができるということで曹操に重用されます。

しかし周瑜の計略に引っかかり、曹操は蔡瑁の内通を疑い、処刑してしまいました。

これによって曹操の水軍は熟練の統率者を失って、戦力ダウンしてしまうのです。

 

つまり蔡瑁は赤壁の戦い前に死んでいることになります。

あの人は今どこに?どころではありませんね。

 

三国志正史の蔡瑁

 

しかし三国志正史の蔡瑁はまったく異なる描かれ方をしています。

劉琮蒯越らと共に厚遇され出世していくのです。

従事中郎、司馬、長水校尉を歴任し、漢陽亭侯に封じられています。

赤壁の戦い前に処刑などされていません。

処刑はされていませんが、もはや脇役としても登場しません。

水軍の扱いに慣れているのであれば、

孫権用の将として起用されそうなものですが、蔡瑁の名前は聞きませんね。

荊州の何らかのポストにいたのであれば、

関羽の樊城の戦いなどに係わっていたのかもしれません。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

と、いうことで三国志演義の蔡瑁であればその最期まで押さえている方は多いでしょうが、

三国志正史となるともはやどこでどうしたのか、いつ亡くなったのかも不明なのです。

三国志マニアとしては気になるところです。

適材適所という点において、曹操ほど人の性質を見抜き、

その長所を活かせるポストに配置することが巧みな者もいないでしょう。

はたして蔡瑁はどのような役割を果たしたのでしょうか。

名前がフェードアウトしていくのは実力的に仕方ないのかもしれませんね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:何で劉備は劉表からの荊州譲渡を断ったの?第6感で決断した劉備の意図とは?

関連記事:劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名士達

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 空城も計 孔明 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?
  2. 呉蜀赤壁の戦い 赤壁の戦いは計略の宝庫
  3. 公孫度 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になっ…
  4. 陸遜 あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかる…
  5. 許攸 兵糧のありか教えますひひひ 官渡の戦いを終戦に導いた許攸(きょゆう)は偉大なの!?
  6. 【第6回 幻想少女】次なる相手は曹操か?まだ見ぬ曹操の姿に期待大…
  7. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 …
  8. よりぶりんって、何者?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 異議ありと叫ぶ司馬懿
  2. 蜀の皇帝に即位した劉備
  3. 甄氏(しんし)
  4. 孔明
  5. 蜀の劉琦

おすすめ記事

  1. 【東周英雄伝】古代中国好きの方にオススメのど迫力漫画 三国志ライター よかミカンさん
  2. 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い! 曹操
  3. 年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】
  4. なんで曹操は人妻が好きなのか?人妻と付き合いたがる男性の心理 貂蝉を奪い合う曹操と関羽
  5. 武田信玄の馬印は孫子の兵法書を参考にしていたの? 武田信玄
  6. 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか? 陸遜の部下の兵士

三國志雑学

  1. 荒れる黄河
  2. 諦める公孫サン(公孫瓚)
  3. 成廉、魏越、呂布
  4. 袁紹にお茶を渡す顔良


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 郭嘉スマホケース
  2. 陳平
  3. 過労死する諸葛孔明
  4. 徳川家を守った篤姫
  5. 陳宮
  6. キングダム52巻

おすすめ記事

【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略3】激戦・徐州攻略戦でONLINE の怖さを知ることに 陶淵明のすねすね漢詩「飲酒二十編」が想像以上にグダグダ 楊鋒(南蛮討伐) 楊鋒とはどんな人?孟獲は裏切り者!?内部告発した南蛮族 はじめての三国志 画像準備中 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁 魏から蜀に下る姜維 姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた! 献帝 恩賜の御衣 恩賜の御衣ってなに?三国志や源氏物語にも出てくるエピソードを紹介 空箱を受け取る荀彧 荀彧がもらった空箱には一体どんな意味があったのか!? 人物評論家として有名な李粛 李粛とはどんな人?優秀な人物を次々と推挙した人物評論家

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP