キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

この記事の所要時間: 332

袁紹 曹操

『歴史にifは禁物』とは良く言われる言葉ですね。

すでに過去の出来事として確定している歴史に「もし」という仮定を持ち込んだところで結果が変わるわけでもなし、それを語っても詮なきこと……。

 

……というのは分からないでもありませんが、しかし誰でも一度は「もしあの時にアレがああなっていたら、どうなっていただろう?」と想像したことがあるはずです。

 

そんな発想から考えてみる『三国志if』。

後漢王朝末期から三国時代へ至るターニングポイントとなった『官渡の戦い

その結果が違っていたなら、歴史はどう変わっていたでしょうか?

 

関連記事:架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?

その前に、『官渡の戦い』って、なに?

袁紹 曹操

 

本題に入る前に、そもそも「官渡の戦い」とはどんな戦いだったのか、それをおさらいしておきましょう。

 

「官渡の戦い」とは、後漢王朝末期の西暦200年、当時華北に勢力を張っていた袁紹曹操との間で起こった戦いのことです。

この戦いに投入された戦力は袁紹側が70万に対して曹操は7万と圧倒的に不利な状況にありましたが、彼は奇跡の逆転劇でこの大差を覆して袁紹に勝利、華北での支配権を確固たるものにします。

 

華北とは、中国大陸を流れる黄河の中流域から下流域にあたる地方を意味します。

当時の政治・文化の中心地であり、そこを手中に収めることは、実質的に天下を手中に収めるのと同義であると言えました。

 

皇帝を擁し、華北を支配下においた曹操はその支配を盤石のものとします。

「官渡の戦い」が後漢末の時代から三国時代に至る重要なターニングポイントであったことに、異を唱える人はいないでしょう。

 

詳しくは『44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介』を御覧ください。

 

もし、袁紹が官渡の戦いに勝っていたら?

袁紹 曹操

開戦当初、袁紹は曹操に対しおよそ10倍の大軍を擁していました。

もし袁紹がこの大軍を信頼に足る配下の将軍に任せ、いくつかの軍に分けて曹操軍を半包囲するかたちで急襲すれば、案外あっさりと袁紹が勝利をつかんでいた可能性は十分あるでしょう。

 

曹操は皇帝である献帝を擁していましたから、当然、その身は袁紹の元に移ることになります。

問題は、ここで袁紹が献帝に禅譲を迫ったり、帝位を簒奪するかどうかですが、筆者個人としては、その可能性は低いと考えます。

 

この頃、漢王朝の支配はもはや形骸化していたことは確かですが、その威厳が完全に絶たれるまでには至っていませんでした。なにより袁紹は、親族に当たる袁術が皇帝を僭称した挙句滅亡した様を目の当たりにしています。いきなり献帝から帝位を奪うような真似はしなかったのではないでしょうか。

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析
  2. 鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選
  3. 呂布の裏切りについて考察してみた
  4. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2
  5. 【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大…
  6. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を…
  7. 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?
  8. 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1
  2. 諸葛瞻の名前にはパパ孔明の悲壮な決意が込められていた!
  3. 司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの?
  4. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!
  5. 孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?
  6. ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの? 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について 有馬新七の壮絶な最期についてもっと知ろう! 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.1 ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの? 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】

おすすめ記事

  1. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  2. 「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  3. 【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの?
  4. 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】
  5. 小栗忠順とレオンロッシュ。フランスが幕府を支援していた理由は?
  6. 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!
  7. 【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・
  8. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP