呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?




袁紹 曹操

『歴史にifは禁物』とは良く言われる言葉ですね。

すでに過去の出来事として確定している歴史に「もし」という仮定を持ち込んだところで結果が変わるわけでもなし、それを語っても詮なきこと……。

 

……というのは分からないでもありませんが、しかし誰でも一度は「もしあの時にアレがああなっていたら、どうなっていただろう?」と想像したことがあるはずです。

 

そんな発想から考えてみる『三国志if』。

漢王朝末期から三国時代へ至るターニングポイントとなった『官渡の戦い』

その結果が違っていたなら、歴史はどう変わっていたでしょうか?

 

関連記事:架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?





その前に、『官渡の戦い』って、なに?

袁紹 曹操

 

本題に入る前に、そもそも「官渡の戦い」とはどんな戦いだったのか、それをおさらいしておきましょう。

 

「官渡の戦い」とは、後漢王朝末期の西暦200年、当時華北に勢力を張っていた袁紹曹操との間で起こった戦いのことです。

この戦いに投入された戦力は袁紹側が70万に対して曹操は7万と圧倒的に不利な状況にありましたが、彼は奇跡の逆転劇でこの大差を覆して袁紹に勝利、華北での支配権を確固たるものにします。

 

華北とは、中国大陸を流れる黄河の中流域から下流域にあたる地方を意味します。

当時の政治・文化の中心地であり、そこを手中に収めることは、実質的に天下を手中に収めるのと同義であると言えました。

 

皇帝を擁し、華北を支配下においた曹操はその支配を盤石のものとします。

「官渡の戦い」が後漢末の時代から三国時代に至る重要なターニングポイントであったことに、異を唱える人はいないでしょう。

 

詳しくは『44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介』を御覧ください。




 

もし、袁紹が官渡の戦いに勝っていたら?

袁紹 曹操

開戦当初、袁紹は曹操に対しおよそ10倍の大軍を擁していました。

もし袁紹がこの大軍を信頼に足る配下の将軍に任せ、いくつかの軍に分けて曹操軍を半包囲するかたちで急襲すれば、案外あっさりと袁紹が勝利をつかんでいた可能性は十分あるでしょう。

 

曹操は皇帝である献帝を擁していましたから、当然、その身は袁紹の元に移ることになります。

問題は、ここで袁紹が献帝に禅譲を迫ったり、帝位を簒奪するかどうかですが、筆者個人としては、その可能性は低いと考えます。

 

この頃、漢王朝の支配はもはや形骸化していたことは確かですが、その威厳が完全に絶たれるまでには至っていませんでした。なにより袁紹は、親族に当たる袁術が皇帝を僭称した挙句滅亡した様を目の当たりにしています。いきなり献帝から帝位を奪うような真似はしなかったのではないでしょうか。

 

袁紹は南方へは進出しない?

袁紹が宦官を惨殺に行く

 

曹操は袁紹を滅ぼし、異民族を征して北方の支配を固めると、軍を取って返して南方に残っていた勢力を討伐へと向かっています。

 

これは曹操ならではの野心と覇気あればこその転身といえますが、それでは華北統一後の袁紹は同じく南方の統一へ向かったでしょうか?

 

ここでは袁紹配下に、官渡の戦いを制することのできた優秀な配下がいたことを前提として話を進めていますから、

官渡以降の袁紹が十分それを成しうるだけの実力を持っていたことは間違いありません。

 

しかし、問題は袁紹自身の『やる気』です。

上記した通り、この時期後漢王朝の威信は未だ完全に潰えるには至っていません。袁紹はあくまで献帝の威を借りて天下に号令しようとする可能性は十分考えられます。

 

また、この時期袁紹はすでに50歳台に差し掛かっています。

袁家の頭首としてすでに十分な権勢を手に入れ、一方で老境に差し掛かった袁紹が更に積極的な政策に打って出る可能性は低いと考えられます。

 

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

関連記事:曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

 

袁紹の官渡勝利が劉備孫権の全面戦争を呼ぶ?

馬騰

 

袁紹が南方への進出をしない場合、南方での情勢も劇的に変化するでしょう。

孫権は北方からの脅威がなくなったことで、西の荊州を手中にすべく全面攻勢に転じ、荊州を治めていた劉表は食客であった劉備にその撃退を依頼、荊州を巡る劉備孫権の全面戦争が起こることは容易に想像できます。

 

劉備であれ孫権であれ、その勝者が荊州と揚州を支配することになります。

荊州の西方、益州を治める劉璋はそもそも覇気のない人物ですので、そのまま勝者の元に下り、中国は劉備か孫権の治める南方と、袁紹の華北が南北を分けて支配する南北朝時代に突入したかもしれません。

 

後は西の果て、涼州を支配下においていた馬騰がどう動くかですが……。

 

関連記事:馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

 

官渡の戦いの決着がつかなかった場合は?

袁紹VS袁術

 

では、官渡の戦いで曹操と袁紹の決着がつかず、膠着状態に陥った場合はどうでしょうか?

 

長期戦に陥った場合、曹操はかなり危険な状況に追い込まれることになります。

彼が南方へ兵力を投入できないことに付け込んだ孫権がその背後を急襲し、曹操は袁紹と孫権の挟撃を受けて滅亡の憂き目にあいます。華北は再び混乱状態に陥るでしょう。

 

孫権と袁紹の対立を好機として、劉備は荊州と益州を得、歴史通り蜀を成立させるかもしれません。曹操の代わりに袁紹によって建国された魏と呉、蜀による三国時代の到来です。

 

袁紹にはもうひとつの選択肢が……。

曹操VS袁紹ありゾウ

ここでもう一つの可能性が考えられます。

 

それは、袁紹が官渡で曹操と対峙しつつ、別働隊を持って曹操の拠点である許昌を急襲し、献帝を奪取することに成功した場合です。

 

袁紹は献帝からの勅命という形で曹操に停戦を命じ、曹操はやむなく兵を退くことになります。

 

しかし、覇気にかける袁紹はその後も実力ではなく献帝の威を借りて天下に号令をしようとして手をこまぬいた結果、

中国全土は袁紹、曹操、劉備、孫権ら群雄が分割統治し覇を争う時代、後戦国時代とでも呼ぶべき時代に突入したかもしれません。

 

【もしも三国志が○○だったら特集】
if三国志

 

三国志ライター 石川克世の妄想

石川克世

ここで紹介しました内容は、すべて筆者個人の妄想の域を出ない話であり、何の根拠もございません。内容を鵜呑みになさらないよう、お願いいたします(自爆

 

しかし、たまにはこういう想像をして遊ぶのも楽しいではありませんか。

皆さんはどんな『三国志if』を想像されるでしょうか?

 

 

耳で聞いて覚える三国志




石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 王莽 易姓革命!?禅譲か?簒奪か?王莽のはかない夢
  2. 司馬昭と司馬師 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に…
  3. 龐統 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴
  4. 孔融と禰衡 忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10
  5. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝…
  6. 能ある鷹は爪を隠す!『三国志』に見る韜晦の計
  7. 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣…
  8. 孫武(ゆるキャラ) 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 夷陵の戦いで負ける劉備
  3. 公孫サン(公孫瓚)
  4. 豊臣秀吉 戦国時代2
  5. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  6. 袁紹と曹操

おすすめ記事

  1. はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏
  2. 游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守
  3. 【北伐】幻の「長安挟撃作戦」魏延はすでに演習済みだった? 魏延からの提案を却下する孔明
  4. 【どっちの皇帝show】曹丕と曹叡はどっちが名君?
  5. 対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの? 後ろ向きになって弓矢を放ち虎を倒す曹真 虎豹騎
  6. 田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異民族政策のプロ 魏の移民政策のプロ、田豫(でんよ)

三國志雑学

  1. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  2. 成廉、魏越、呂布
  3. 太史慈
  4. 曹操から逃げ回る劉備
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 徳川家康
  2. 魏曹操と魏軍と呉軍
  3. 徐庶
  4. 項羽(はじめての三国志)
  5. 豊臣秀吉 戦国時代2
  6. 孔融と曹操

おすすめ記事

燃える本能寺 明智光秀は「敵は本能寺にあり」なんて言ってなかった?名言は大嘘について 魯粛、周瑜、袁術 マンガ『キングダム』に学ぶ、本心を隠し部下の本音を探れ 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパルタVS中華最強秦のガチ対決!! 幕末 帝国議会 江藤新平と大久保利通、明治時代の権力闘争 曹操軍の輸送車を襲う趙雲 趙雲は五丈原ではどんな役割だった?趙雲の北伐と最期 諸葛瑾と幼い頃の孔明 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・諸葛瑾の苦労 正妃 卞夫人 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2 kawauso編集長のぼやきVol.12「三国志演義は凄い」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP