三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

この記事の所要時間: 332

袁紹 曹操

『歴史にifは禁物』とは良く言われる言葉ですね。

すでに過去の出来事として確定している歴史に「もし」という仮定を持ち込んだところで結果が変わるわけでもなし、それを語っても詮なきこと……。

 

……というのは分からないでもありませんが、しかし誰でも一度は「もしあの時にアレがああなっていたら、どうなっていただろう?」と想像したことがあるはずです。

 

そんな発想から考えてみる『三国志if』。

後漢王朝末期から三国時代へ至るターニングポイントとなった『官渡の戦い

その結果が違っていたなら、歴史はどう変わっていたでしょうか?

 

関連記事:架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?

その前に、『官渡の戦い』って、なに?

袁紹 曹操

 

本題に入る前に、そもそも「官渡の戦い」とはどんな戦いだったのか、それをおさらいしておきましょう。

 

「官渡の戦い」とは、後漢王朝末期の西暦200年、当時華北に勢力を張っていた袁紹曹操との間で起こった戦いのことです。

この戦いに投入された戦力は袁紹側が70万に対して曹操は7万と圧倒的に不利な状況にありましたが、彼は奇跡の逆転劇でこの大差を覆して袁紹に勝利、華北での支配権を確固たるものにします。

 

華北とは、中国大陸を流れる黄河の中流域から下流域にあたる地方を意味します。

当時の政治・文化の中心地であり、そこを手中に収めることは、実質的に天下を手中に収めるのと同義であると言えました。

 

皇帝を擁し、華北を支配下においた曹操はその支配を盤石のものとします。

「官渡の戦い」が後漢末の時代から三国時代に至る重要なターニングポイントであったことに、異を唱える人はいないでしょう。

 

詳しくは『44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介』を御覧ください。

 

もし、袁紹が官渡の戦いに勝っていたら?

袁紹 曹操

開戦当初、袁紹は曹操に対しおよそ10倍の大軍を擁していました。

もし袁紹がこの大軍を信頼に足る配下の将軍に任せ、いくつかの軍に分けて曹操軍を半包囲するかたちで急襲すれば、案外あっさりと袁紹が勝利をつかんでいた可能性は十分あるでしょう。

 

曹操は皇帝である献帝を擁していましたから、当然、その身は袁紹の元に移ることになります。

問題は、ここで袁紹が献帝に禅譲を迫ったり、帝位を簒奪するかどうかですが、筆者個人としては、その可能性は低いと考えます。

 

この頃、漢王朝の支配はもはや形骸化していたことは確かですが、その威厳が完全に絶たれるまでには至っていませんでした。なにより袁紹は、親族に当たる袁術が皇帝を僭称した挙句滅亡した様を目の当たりにしています。いきなり献帝から帝位を奪うような真似はしなかったのではないでしょうか。

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第5部
  2. 【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍…
  3. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも…
  4. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  5. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…
  6. 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?
  7. はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?
  8. 【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 大久保利通と西郷隆盛西南戦争の原因は王道vs覇道の対立だった
  2. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝
  3. 豊臣秀吉による惣無事令って何?わかりやすく解説
  4. 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編
  5. 116話:劉備、失意の中白帝城に没す!
  6. 【最終話】kawauso編集長のぼやきVol.33「北京でサービスを考える」 はじめての三国志編集長kawauso

三國志雑学

  1. 蜀の姜維
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備と孫権

おすすめ記事

馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく) 【春秋戦国時代】時代の主人公であった魏の文侯の厳選エピソード 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介 関羽に無視される孫権 【春秋左氏伝】兄弟思いの衛の二公子の切なすぎる顛末 【キングダム533話】キングダム休載の理由を考える 【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ! kawauso編集長のぼやきVol.28「ラヂオの時間」 李傕(りかく)とはどんな人?董卓よりも横暴な政治を行った暴虐な政権運営者

おすすめ記事

  1. 合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった? 痛い目にあう孫権
  2. 【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人?孔子が最も愛した弟子
  3. これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀
  4. 公孫瓚は朝鮮を支配した公孫度と仲が良かったの?
  5. 鬼道の使い手である卑弥呼の女王即位と三国志の関係性
  6. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介
  7. 三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選
  8. 【三国ブレイズ 攻略1】シンプルで超絶面白い三国志ゲーム

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP