孫策は大喬を手に入れるためにとんでもない行動を起こした!?

2018年12月13日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

劉備とサンタクロース

 

もうすぐクリスマスですね。カップルには非常に楽しみな日が近づいてきているのですが、黒田レンには全く関係ないただの平日です。さてカップルには色々な出会い方があると思います。例えば一目惚れしたり、幼馴染だったりと様々な出会い方があると思いますが、三国志に登場するイケメン孫策(そんさく)は美女・大喬(だいきょう)を手に入れるためにとんでもない行動をしでかすのです。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



孫策と大喬(だいきょう)の出会いはここから始まった

大喬

 

孫策と大喬(だいきょう)はどのような出会い方をしたのでしょうか。二人の出会いはこのような出会い方でした。孫策は江東で各地の軍閥や豪族達を次々と征伐することに成功し、勢力を着々と伸ばしていきます。孫策は幼馴染で親友の周瑜(しゅうゆ)と共に荊州を奪うために長江沿いに拠点を作る計画を立てます。

 

そして二人は荊州討伐を行うための拠点作りの為、(かん)という土地を周瑜と孫策で攻撃を行い、この地を領土に加えることに成功します。二人は皖を領土に加えた時、二人の目にチョーかわいい二人の美少女が目に留まります。その二人こそ大喬と小喬の姉妹でした。

 

 

 



どうして大喬と小喬が皖に居たの!?

大喬と小喬

 

どうして大喬と小喬は孫策と周瑜の捕虜となってしまったのでしょうか。正史三国志を探ってみても何も書いていません。ここからはレンの予測ですが、大喬と小喬は喬公と呼ばれる人物が父親だそうです。

 

正史三国志周瑜伝に上記が記載されており、喬公が中原の戦乱から逃れるため比較的戦が起きていない江東に家族を連れて非難し、皖にいたと考えるのが妥当だと思われます。そして喬公死後、大喬と小喬姉妹は皖から移動することなくそのまま住んでいた為、孫策と周瑜の軍勢の捕虜になってしまったと考えることが妥当かもしれません。

 

君主論

 

 

喬公の二人姉妹をそれぞれ嫁に

現代風巫女さん大喬

 

孫策と周瑜は捕虜の中から喬公の二人のチョーかわいい美少女を見つけると彼女たちを嫁にしてしまいます。孫策は大喬を嫁にして、周瑜は小橋を嫁にするのでした。でもここでちょっと疑問に思いませんか。孫家の総大将と言われた孫策がどうして捕虜の娘を嫁に加えたのか。もっと孫策にふさわしい女の人がいるはずであるのになぜなんでしょう。

 

 

 

孫策と周瑜は大喬・小喬を手に入れるために皖を攻撃した!?

呉の勢力を率いる孫策

 

孫策はどうして捕虜として捕えられていた喬公の娘・大喬を妻に迎えたのでしょうか。ちょっとレンは勘ぐって推論してみたいと考え、見方を変えてみました。二人が皖を攻略したのは荊州を奪うための拠点としてと記載しています。けれども本当の所は大喬・小喬姉妹を奪うために皖を攻撃したとすれば、どうでしょうか。

 

孫策はどこかで大喬を見て、ひとめぼれし、大喬がどこに住んでいるのかも調べ上げた後、皖を攻撃したってことはないでしょうか。いくら孫家の総大将・孫策であったとしても「チョーかわいい大喬を奪うため軍勢を動かす」にはさすがにかっこ悪くて出来なかったのではないのでしょうか。

 

 

結婚を喜ぶ孫策

 

 

そこで孫策は親友である周瑜に話を持ち掛け「荊州攻略の拠点の為に皖を奪うため出陣」との名分を付ければ、大喬を自分の妻として迎えることができると考えたのではないのでしょうか。もしそうであればちょっと物騒ですが、一人の女性を手に入れる孫策のひたむきな愛情を感じることができるのではないのでしょうか。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

孫策は大喬を手に入れることに成功。孫策と大喬の夫婦仲は良好であったそうですが、孫策は大喬を手に入れた数か月後に亡くなってしまいます。ひた向きな愛情をもって孫策は大喬を手に入れたにもかかわらず、大喬よりも先に亡くなってしまった孫策はどのような気持ちでこの世を去ったのか。こればかりは孫策に聞いてみないと分かりませんが、大喬が非常に悲しんでいたのではないのかなと推測することはできるのではないのでしょうか。

 

■参考 正史三国志呉書など

 

関連記事:孫策が生きていたら三国志はどうなったの?

関連記事:周瑜はいかにして魯粛を呉に引き入れたのか?

 

呉の武将

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-三国志の雑学
-, ,