呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫堅と孫策の似てないところは一体どこ?

海賊時代の孫堅と孫策




海賊時代の孫堅

 

孫呉(そんご)の創始者・孫堅(そんけん)

そして孫堅の息子で孫呉の基盤を作り江東・小覇王と呼ばれた孫策(そんさく)

この親子には似ている所が多々あります。

例えば孫堅孫策は勇猛果敢で戦に強い人物であった点が共通点として似ている所でしょう。

 

また二人は志半ばで非業の死を遂げてしまった所も似ている所です。

では二人が似ていなかった点はあるのでしょうか。

今回はこの親子の似ていない点をピックアップして紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫堅時代に陸遜がタイムスリップをしたら孫堅にどんな助言をする?【if三国志】

関連記事:孫堅さえ生きていれば…袁術、惜しい人を亡くす

 

 

孫堅と孫策の似てない所その1:孫策の方がイケメンだった!?

結婚を喜ぶ孫策

 

孫堅と孫策の似てない所のその1として孫策の方がイケメンだった所ですが、孫堅が不細工だったわけではありません。

孫堅の容姿は正史三国志によるとその顔は非凡と書かれているだけです。

もしかしたら孫堅は知的な顔立ちをしていたのかもしれません。

 

勇猛果敢な武将として知られている孫堅が知的な顔立ちをしていたとすれば、

ギャップがあり、ギャップ萌えする女性も当時いたのかもしれません。

では孫策はどのような容姿をしていたのでしょうか。

 

孫策は正史三国志によると容姿は美しくとあり、当時の女性からかなりモテモテであったと思われます。

また孫策はオシャレであったらしく完全にイケメンな人物であったことが伺えます。

孫策は父・孫堅よりも母親に似ていたのかもしれませんね。

 

 

孫堅と孫策の似ていない所その2:残虐性の無い性格

孫策に攻撃される黄祖

 

孫堅と孫策の似ていない所その2としては残虐性の無い性格です。

父・孫堅も董卓(とうたく)討伐戦の時、自分に協力しない太守を殺害してしまいますが、

孫堅には連合軍に参加するとの大義名分があったため、一応私情で殺害したわけではありません。

 

しかし孫策は感情に任せて人を殺害してしまう残虐性を持っていました。

その孫策が私情で殺害してしまった一例として一つのエピソードを紹介しましょう。

 

孫策は「春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)」を読み込んでいました。

そして高名な学者として有名な高岱(こうたい)という人物と「春秋左氏伝」について議論をしたいと思い彼を丁重に迎えようとします。

 

高岱は孫策に呼ばれて出発の準備をしている所に知り合いから「孫策は自分より優れている者を嫌いますから、孫策の前で春秋左氏伝についてあまりべらべら議論をしない方がいいですよ」と告げられます。高岱はこの言葉を信じてしまい孫策の元へ向かいます。

 

孫策は高岱がやってくる前に臣下から「高岱は将軍の事を武勇のみのイノシシ野郎だと思っており、議論を吹っ掛けても無視するはずですよ」と高岱の悪口を孫策に流し込み、孫策もこの言葉を信じてしまいます。

 

さて両者は会見を果たすことになり、孫策が高岱へ春秋左氏伝について議論を吹っ掛けますが、高岱は何にも答えませんでした。

孫策は臣下の言う通り高岱が何にも話さない為、怒ってしまい彼を牢獄にぶち込んでしまうのでした。

 

孫策は彼を牢屋に入れた後、多くの臣下や民衆が彼を許してくださいと直訴してくるものが多く、城の周囲には彼の許しを請う民衆たちで人だかりができるほどでした。

孫策は自分よりも高岱の方が人気があることを知り激怒し、彼を殺害してしまうのでした。

 

このエピソードのほかにも魏騰という人物を孫策が私情で殺害しようとしていた描写が正史三国志呉夫人伝に描かれています。

このように孫策は自らの感情に任せて気に食わない人物を殺害してしまう点では孫堅と全然似ていない所と言えるでしょう。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

孫堅・孫策共に英雄と言えるほどの器量をもっていた人物で、似ている所も多くある親子です。

 

似ている所も多くある親子ですが、やっぱり父と子では似ていない所もあり、このようにあんまりピックアップされない所を知ることで、より三国志の武将を深く知ることになるのではないのでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話

関連記事:【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孔明 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋…
  2. 龐統 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為…
  3. 孔明のテントがある野外のシーン 三国志演義が詳細に描く諸葛孔明の病状とはどんなモノ?
  4. 曹操が遺言で見せた女性への愛情
  5. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱…
  6. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?
  7. キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?
  8. 晋の陳寿 キーワードは劉備の最期一文字に託された陳寿の思い

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 嬴政(始皇帝)
  2. 江藤新平 幕末
  3. 科学者風の斉彬
  4. 井伊直政
  5. 孔明
  6. 解煩督 呉
  7. キングダム
  8. 田中角栄

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった! 結婚を喜ぶ孫策
  2. 経営者こそ『論語』を学ぶべき!その理由とは…? 孔子と儒教
  3. 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師 范増
  4. 貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇
  5. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国時代のマナーを紹介!
  6. 周倉の武力はいかほどのものだったのか?魏・呉・蜀の大物を掻き回した能力に迫る 周倉とホウ徳

三國志雑学

  1. 嬴政(始皇帝)
  2. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  3. 曹丕
  4. 連幹の計 呂布 貂蝉
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. セミナリオ(教会)
  2. 司馬懿
  3. 羌瘣
  4. キングダム54巻amazon
  5. 王莽
  6. 袁紹、袁尚、袁譚
  7. 韓玄(かんげん)

おすすめ記事

三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【PR】三国志は壮大なミステリー 【呉の艦コレ】賀斉と呂範の軍艦デコレーションが凄い 【将苑】諸葛亮の兵法に学ぶ熟年離婚を防ぐ法 ブラウザ三国志|マーベラスにおとぼけが突撃じゃ! 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【PR】三国志の新たな世界を覗いてみよう 夏侯覇の妻は誰? 夏侯覇の生涯は充実していた!三国志演義での扱いが酷すぎるが史実は? 徐晃にとって曹操は人使いの荒いブラック社長?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP