ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫堅と孫策の似てないところは一体どこ?

海賊時代の孫堅と孫策




海賊時代の孫堅

 

孫呉(そんご)の創始者・孫堅(そんけん)

そして孫堅の息子で孫呉の基盤を作り江東・小覇王と呼ばれた孫策(そんさく)

この親子には似ている所が多々あります。

例えば孫堅孫策は勇猛果敢で戦に強い人物であった点が共通点として似ている所でしょう。

 

また二人は志半ばで非業の死を遂げてしまった所も似ている所です。

では二人が似ていなかった点はあるのでしょうか。

今回はこの親子の似ていない点をピックアップして紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫堅時代に陸遜がタイムスリップをしたら孫堅にどんな助言をする?【if三国志】

関連記事:孫堅さえ生きていれば…袁術、惜しい人を亡くす

 

 

孫堅と孫策の似てない所その1:孫策の方がイケメンだった!?

結婚を喜ぶ孫策

 

孫堅と孫策の似てない所のその1として孫策の方がイケメンだった所ですが、孫堅が不細工だったわけではありません。

孫堅の容姿は正史三国志によるとその顔は非凡と書かれているだけです。

もしかしたら孫堅は知的な顔立ちをしていたのかもしれません。

 

勇猛果敢な武将として知られている孫堅が知的な顔立ちをしていたとすれば、

ギャップがあり、ギャップ萌えする女性も当時いたのかもしれません。

では孫策はどのような容姿をしていたのでしょうか。

 

孫策は正史三国志によると容姿は美しくとあり、当時の女性からかなりモテモテであったと思われます。

また孫策はオシャレであったらしく完全にイケメンな人物であったことが伺えます。

孫策は父・孫堅よりも母親に似ていたのかもしれませんね。

 

 

孫堅と孫策の似ていない所その2:残虐性の無い性格

孫策に攻撃される黄祖

 

孫堅と孫策の似ていない所その2としては残虐性の無い性格です。

父・孫堅も董卓(とうたく)討伐戦の時、自分に協力しない太守を殺害してしまいますが、

孫堅には連合軍に参加するとの大義名分があったため、一応私情で殺害したわけではありません。

 

しかし孫策は感情に任せて人を殺害してしまう残虐性を持っていました。

その孫策が私情で殺害してしまった一例として一つのエピソードを紹介しましょう。

 

孫策は「春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)」を読み込んでいました。

そして高名な学者として有名な高岱(こうたい)という人物と「春秋左氏伝」について議論をしたいと思い彼を丁重に迎えようとします。

 

高岱は孫策に呼ばれて出発の準備をしている所に知り合いから「孫策は自分より優れている者を嫌いますから、孫策の前で春秋左氏伝についてあまりべらべら議論をしない方がいいですよ」と告げられます。高岱はこの言葉を信じてしまい孫策の元へ向かいます。

 

孫策は高岱がやってくる前に臣下から「高岱は将軍の事を武勇のみのイノシシ野郎だと思っており、議論を吹っ掛けても無視するはずですよ」と高岱の悪口を孫策に流し込み、孫策もこの言葉を信じてしまいます。

 

さて両者は会見を果たすことになり、孫策が高岱へ春秋左氏伝について議論を吹っ掛けますが、高岱は何にも答えませんでした。

孫策は臣下の言う通り高岱が何にも話さない為、怒ってしまい彼を牢獄にぶち込んでしまうのでした。

 

孫策は彼を牢屋に入れた後、多くの臣下や民衆が彼を許してくださいと直訴してくるものが多く、城の周囲には彼の許しを請う民衆たちで人だかりができるほどでした。

孫策は自分よりも高岱の方が人気があることを知り激怒し、彼を殺害してしまうのでした。

 

このエピソードのほかにも魏騰という人物を孫策が私情で殺害しようとしていた描写が正史三国志呉夫人伝に描かれています。

このように孫策は自らの感情に任せて気に食わない人物を殺害してしまう点では孫堅と全然似ていない所と言えるでしょう。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

孫堅・孫策共に英雄と言えるほどの器量をもっていた人物で、似ている所も多くある親子です。

 

似ている所も多くある親子ですが、やっぱり父と子では似ていない所もあり、このようにあんまりピックアップされない所を知ることで、より三国志の武将を深く知ることになるのではないのでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話

関連記事:【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 城の前を掃除する孔明 諸葛亮の逸話ってなに?司馬懿も恐れた孔明の逸話を紹介
  2. 曹操と荀彧の三顧の礼 荀彧のここが「イケメン」すぎる3選!本当に荀彧はイケメンだった?…
  3. 蜀の皇帝に即位した劉備 劉備は本当に大器だったの?三国志演義の主役を斬る
  4. 蜀の厳顔 蜀の老将・厳顔の年齢は一体いくつだったの??
  5. 曹操 曹操は容姿が貧相だったって本当?正史から読み解くよ
  6. 蜀の馬超 「西涼の錦馬超」・・・彼はどこまで「西涼の」馬超だったのか?
  7. ホウ徳(龐徳) 馬岱は馬超と蜀に降ったのに何故龐徳だけ漢中に残った?
  8. 三国志では教えてくれない洛陽と長安の秘密

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  3. 蒋琬と姜維と王平
  4. キングダム

おすすめ記事

  1. キングダム586話YJ合併号スペシャル春秋戦国時代の数学って? キングダム52巻
  2. 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの? 李儒と董卓
  3. 井伊直弼とはどんな人?井伊の赤鬼は泣いた赤鬼だった
  4. 近藤勇の刀「長曽弥虎徹」は実在する? 新選組局長の愛した名刀とは? 近藤勇 新選組
  5. キングダム 533話 ネタバレ予想:李牧が雁門で編み出した戦法 キングダム
  6. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言 孟嘗君

三國志雑学

  1. 三国志を統一した司馬炎
  2. 黄巾賊
  3. 張コウ 張郃
  4. 曹嵩
  5. 読書する劉備


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 魏延と姜維
  3. 大喬と小喬
  4. 陸遜
  5. 虎形棺座
  6. 金栗四三 いだてん

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/22】 赤壁の戦いで敗北する曹操 完全無欠の敵役!?曹操の弱点とは? キングダム キングダム584話ネタバレ予想vol2鄴攻めは覚醒者を集める実験場だった! 高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介 京劇コスチューム趙雲 趙雲の京劇風コスチュームって何?真・三國無双8をさらに楽しむ 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2 幕末 大砲発射 大鳥圭介とはどんな人?函館戦争に参加する経緯まで紹介 三国志の猛将に絡まれちゃった!!貴方ならどうする?身を守る究極の方法を伝授します!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP