法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

武田信玄の騎馬隊は弱かった?真実を検証

武田騎馬軍団 馬場信春




武田信玄

 

武田信玄(たけだしんげん)といえば、織田信長(おだのぶなが)徳川家康(とくがわいえやす)にも強いと評された騎馬隊を作り上げたことで有名です。

実際、長篠の戦いでは、信玄の息子である武田勝頼(たけだかつより)が引き継いだ騎馬隊と、織田軍の衝突が伝えられています。

しかし、最近では「実は武田騎馬隊は弱かったのでは…?」という説も浮上しています。

日本一と称された武田騎馬隊は、強くなかったのでしょうか?

この記事では、「武田騎馬隊は本当は弱かった説」と「伝記通り、武田騎馬隊は強かった説」の両方を紹介していきます。

 

関連記事:織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった!

関連記事:三国同盟の終わりと武田信玄の危機

 

 

武田騎馬隊は本当は弱かった説

武田騎馬隊は本当は弱かった説

 

騎馬隊が戦場を駆け抜ける勇ましい姿は大河ドラマなどでもおなじみですが、実際の騎馬隊の戦闘シーンは、

かなりショボかった…という説があります。

大河ドラマでは、競馬で颯爽と走るサラブレッドなどの大きな西洋種が使われています。

しかし、日本に西洋種が来たのは1700年代の頃であり、日本にはじめて在来種以外の馬を輸入したのは江戸幕府の8代将軍、徳川吉宗です。

ちなみに、吉宗は長崎の出島でオランダ人から外来種の馬を輸入したそうです。

さて、日本の在来種である木曽馬の体高は125~135cm、野間馬の体高は100~120cmであるとされています。

西洋のサラブレッドと比べると、かなり小柄な馬であることが分かります。

そのことから、「有名な武田騎馬隊は、武田軍の情報戦略でかなり盛られた話であり、存在してもごく少数であって、

現代に伝えられるような活躍はムリなのでは…」という説が主張されるようになったのです。

実際、装備を赤に統一した「赤備え」と呼ばれる精鋭部隊などの、武田軍の勇ましい姿を見ただけで、

「最強の騎馬隊が来た!」というイメージを敵将たちに植え付けることができたのでしょう。

 

 

伝記通り、武田騎馬隊は強かった説

伝記通り、武田騎馬隊は強かった説

 

世界史で見ても、基本的に軍馬というものは脚が短く太く、頑丈なのが特徴です。

最強の騎馬隊と恐れられたモンゴル軍の軍馬も匈奴の汗血馬という、ポニークラスの脚の短い馬です。

ちなみに、サラブレッドは身体は大きいですが、その大きな身体を支える脚は非常に細く、骨折しやすいことでも知られています。

また、武田騎馬軍団といっても全員が馬に乗っていたのではありません。

騎馬の比率は、全兵力の6%や、11%であるともいわれています。

騎馬隊だけで編成された軍隊ではなく、槍兵もいれば、弓兵や小荷駄隊もいたのです。

戦国時代・江戸時代の馬もポニーの範疇に入りますが、その中でも、ポニー規格上限に近いサイズなので、現代の私たちからすると、

ポニーというより立派な馬に見えてしまうことでしょう。

日本の在来種の馬は、サラブレッドよりも身体は小さかったのですが、足腰が強く、より戦闘に適していた馬だといえるのです。

 

戦国時代ライター星野まなかの独り言

戦国時代ライター星野まなかの独り言

 

よく最近はネット上で「実は武田騎馬隊はショボかった」という内容の記事を見かけますが、必ずしもそうではなかったのかな、と思います。

また、「ポニーに武装した武将が乗って戦うには無理がある」という説もありますが、ポニーといってもその大きさは本当に小さな馬から、

普通の一般的な馬とほぼサイズが変わらない馬まで、色々いたようです。

しかし、ルイス・フロイスもフランシスコ・ザビエルといった宣教師も、「騎馬隊は馬から降りて戦った」という記述を残しているため、

大河ドラマなどで観る戦闘シーンと実際はだいぶ異なっていたのかもしれません。

ただ、武田信玄は心理戦略にも優れていたため、当時武田騎馬隊が恐れられていたのは、本当のことだったのではないでしょうか?

 

関連記事:上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?

関連記事:武田軍の西上作戦はなぜ失敗してしまったのか?武田信玄の病が関係していた?

 

【古代日本の誕生秘話】
大和朝廷




関連記事

  1. 鼻をほじりながら無関心な織田信長 若い頃の織田信長はどんな人物だったの?うつけ者が時代を駆け抜ける…
  2. 織田信長 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか?
  3. おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪…
  4. おんな城主 直虎 井伊直虎の許婚はどういう人?おんな城主 直虎をさらに楽しむ!
  5. 廃仏毀釈 織田信長はどうして焼き討ちをしたの?それは○○○だから!
  6. 黒田官兵衛 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる
  7. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」…
  8. 上杉謙信 上杉謙信は温泉が大好きだった!上杉謙信が愛した隠し湯 3選

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 張飛と劉備
  3. 明智光秀 麒麟がくる
  4. 海賊時代の孫堅と孫策
  5. 丁奉(ていほう)
  6. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる

おすすめ記事

  1. 漫画では猟師の潁考叔!本当は気合いの入った戦士だった
  2. 袁紹の攻略方法は!?曹操が使った袁紹の攻略方法を紹介 袁紹と曹操
  3. 土方歳三に妻はいたの?モテモテ副長は独身主義 新選組の土方歳三
  4. 西郷慎吾(従道)はどんな人?大器だが能天気な西郷どんの弟 西郷従道 幕末
  5. 【蒼天航路】よかミカンが選ぶ面白ポイント6選
  6. 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 楚の旗と兵士

三國志雑学

  1. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  2. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる
  3. 李姫
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周瑜はナルシスト
  2. 船冒険する諸葛直 船
  3. 劉備 結婚
  4. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志
  5. 孔明

おすすめ記事

周瑜、陸遜 周瑜の遺言が名文すぎて泣ける周瑜爆ageキャンペーン キングダム52巻 キングダム577話最新ネタバレ「赤の他人」レビュー チェストと叫ぶ西郷隆盛 西郷どんの師、赤山靱負(あかやまゆきえ)が切腹になるのは見せしめ? 張飛 本 学問 三国志 リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの? 育てる三国志の華 【はじさん運営報告】イベント・企画・アクセス数 孔明 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない! 黒田官兵衛 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断 劉備孔明と出会う? 【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP