ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
歯痛の中国史


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

武田信玄の功績とは?百年を見据えた甲斐の虎

武田信玄


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

武田信玄

武田信玄

 

武田信玄(たけだしんげん)は、大河ドラマの主人公としてもよく取り上げられる、現在でも人気の戦国武将です。

また、江戸時代には、武田信玄と上杉謙信(うえすぎけんしん)の川中島の戦いが歌舞伎の題材として、絶大な人気を誇りました。

いつの時代も人々の心を惹きつけてやまない信玄ですが、いったい彼はどのような功績を残したのでしょうか?

この記事では、そんな彼の功績をひとつひとつ紹介していきます。

 

関連記事:これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!

関連記事:武田信玄の駿河侵攻戦はどうやって攻略をしたの?

 


 

河川の氾濫をおさめ治水に成功した

黄河

 

甲州の中心である甲府盆地は、複数の川が合流しているため、昔から河川の氾濫(はんらん)による水田の被害に悩まされ続けてきました。

そのような甲斐を治めていた信玄は信玄堤(しんげんづつみ)という治水灌漑工法によって河川の氾濫をおさめ、治水に成功したのです。

信玄堤によって米の生産も増えて、甲斐の国はますます豊かになっていきました。

信玄が亡くなってだいぶ時が流れた大正時代、大正天皇は武田信玄の治水などの貢献を認め、従三位を贈ることを決定しました。

このとき、信玄の子孫が従三位を授与されたそうです。

 


 

甲斐国の領民のために尽くした

甲斐国の領民のために尽くした

 

信虎、信玄、勝頼の三代に渡って住まれた躑躅(つつじ)ヶ崎館は、武田氏ゆかりの地として知られています。

さて、この躑躅ヶ崎館の跡地では、現在は武田神社として整備され、武田信玄が神様として祀られています。

このことから、信玄が領民に慕われていたということが分かります。

実際、今でも山梨県のお年寄りでは、信玄のことを尊敬しているという人も多いです。

その理由としては、戦上手で部下を大切にしていたというだけでなく、信玄堤による治水工事や農業・商業の振興など、

領国の生活の安定のために力を尽くしたからということが挙げられます。

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■はじめての水滸伝


 

風林火山ー孫子の兵法を実践したー

孫武

孫武

 

戦国時代、武将たちは戦で勝利するために兵法を学んでいました。

武田信玄にとって、兵法を生かした戦をするようになったのは、ライバルである上杉謙信(うえすぎけんしん)の存在は大きいでしょう。

上杉謙信も、仏教における武神である毘沙門天(びしゃもんてん)の生まれ変わりだと称されるほどの戦上手でした。

武士が世を治める時代であった江戸時代において、川中島の戦いが歌舞伎の題材として人気を集めた理由としては、

信玄と謙信の両者が非常に戦上手であったことも挙げられるのではないでしょうか?

信玄は、謙信と対峙した数度にわたる川中島の戦いの中で、孫子の兵法を自分の実践していったようです。

 

武田軍が旗指物に記したとされる「風林火山」は、「疾如風」「徐如林」「侵掠如火」「不動如山」という言葉の略です。

これは孫子の中にある軍の進退に関する記述であり、ここから取った言葉を旗指物に使っていたということは、信玄が孫子の兵法を、

戦のときいかに強く意識していたかがうかがえます。


  

 

 

戦国時代ライター星野まなかの独り言

戦国時代ライター星野まなかの独り言

 

「風林火山」は武田信玄を代表する言葉のひとつであり、大河ドラマや歴史小説などにもよく登場しますが、実は孫子の兵法からきていたのですね。

信玄の功績をひとつひとつ見ていくと、彼が部下だけでなく、領民からも大変愛されていたことがうかがえます。

また、信玄は家督争いの際に実父を追放していますが、決しておざなりにすることはせず、毎年多額のお金を渡していたそうです。

戦国時代には兄弟同士での殺し合いもよく行われていましたが、信玄と弟の仲はとても良かったようです。

戦上手でありながら、領民のために尽くし、家族想いであった…というところから、信玄が相当な人格者であったことが伺えます。

ひとりの武将として、あるいは男として、とても魅力的な人柄であったーこれが、武田信玄の1番の功績であり、

いつの時代も人々の心を惹きつけてやまない理由なのではないでしょうか?

 

関連記事:武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた名将

関連記事:武田信玄の死と勝頼の武田家継承の謎

 


 

関連記事

  1. 鉄砲隊を率いる今川義元 長篠の戦いで鉄砲の命中率が上昇した理由
  2. 武田二十四将(馬場信春)をメイン 武田二十四将とはどんな人?武田信玄の武将たちを紹介
  3. 真田丸 武田信玄 織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった!
  4. 真田丸 武田信玄 武田信玄の死因って癌なの?それとも討ち死に?
  5. 織田信長 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!!
  6. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 明智光秀はなぜ織田信長を暗殺したの?江戸時代の歴史家から考察
  7. 小牧長久手の戦いの勝敗はどうなった?漫画・センゴクから見る小牧長…
  8. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 歴史書をつくる裴松之
  2. 西郷隆盛(ゆるキャラ)
  3. 趙雲と毛利勝永
  4. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  5. 外交官でもあり、財神にもなった子貢
  6. 奮闘する黄蓋
  7. 袁紹と曹操
  8. はじめての三国志からのお知らせ バナー

おすすめ記事

  1. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた
  2. 曹操の負け戦である濮陽の戦いはどんな戦い? 荀彧と曹操
  3. 曹叡は本当に司馬懿を信頼していたのだろうか? 司馬懿と曹叡
  4. 【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話
  5. 30話:曹操軍を支えた最強の青州兵 曹操軍
  6. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(1/3) 藺相如(りんしょうじょ)

三國志雑学

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖
  2. 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明
  3. 京劇コスチューム趙雲
  4. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 苛ついている曹操
  2. 孫策に攻撃される黄祖
  3. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  4. 曹操女性の敵3
  5. 孫堅と董卓
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

徐晃と夏侯淵 夏侯淵が定軍山で戦死した原因は兵力不足だった? 曹操のもとで才能を発揮する鍾繇(しょうよう) 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを絶ち、曹操の勢力拡大に貢献した文官 【祝】はじめての三国志!月間100万PV達成のお祝い はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】 キングダム キングダム541話 ネタバレ予想「藺相如側近 堯雲の実力は?」 58話:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事? 【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝 三国夢幻演義バナー 龍の少年 三国夢幻演義 龍の少年 第12話「歓びと哀しみと」配信日が決定しました

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP