ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

アンゴルモア 元寇合戦記

鎌倉時代の武士は何を食べてたの?当時の食べ物を紹介

鎌倉時代の侍




武器・農業器具を制作する張裔

 

鎌倉時代、日本の農業は大きく進歩しました。特に、西日本では二毛作が始まりました。この二毛作によって、春から夏にかけては米を作り、夏から秋にかけては麦を作るというようになり、同じ田んぼを1年のうちに2回活用するようになりました。これにより、農業の生産は大幅に向上したのです。

 

ところで、鎌倉時代の武士はものすごい量のお米を食べていました。基本的に食事の回数は1日に2回でしたが、戦のときになると1日に3〜5回も食事をしていました。出陣したときに食べられるようにするため、おにぎりが誕生したのはこの鎌倉時代なのだそうです。

 

現代の私たちは、基本的には精米した白米を食べることが多いです。しかし、鎌倉時代の武士たちは玄米を蒸して食べていました。これを、「強飯」といいます。

強飯は、精米した白米と比べると食べづらいですが、ビタミンBをはじめとする栄養が豊富に含まれていました。

 

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】元寇とは?鎌倉時代の防衛戦争

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文学はどんなもの?

 

 

鎌倉時代の武士たちの食べ物

鎌倉時代の侍

 

武士たちは、この強飯に合わせて新鮮な野菜や魚を、過度な味付けをすることなく食べていました。

醤油のもととなった調味料である「溜(たまり)」も鎌倉時代に初めて登場しました。

 

溜の他には、塩や味噌が味付けに使われていました。

鎌倉時代の武士たちの食事は栄養バランスが良く、とても健康的なメニューであるため、日本史を研究している大学教授や料理愛好家が史料をもとに独自に再現するという試みも行われています。「自分は今、源頼朝と同じメニューの食事をしているのかも…」なんて考えたら、なんだかワクワクしてしまうかもしれません。一番簡単に真似できそうなのは、梅干しをのせた強飯、干し魚、昆布と煮ゴボウ、そして白く濁ったお酒を少し…というメニューです。

 

カラダにも良いし、鎌倉武士の気分も味わえる(かもしれない)、そんな一石二鳥の献立をぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

貴族の食べ物

鎌倉時代 服装 男女

 

さて、鎌倉時代の貴族たちは、平安時代の流れを受け継いだ食生活を送っていました。品数は多かったけれど、不健康な食生活でした。

まず、武士が玄米を蒸した強飯を食べていたのに対し、貴族は精米した白米を食べていました。この貴族たちが食べていたお米のことを「姫飯」といいます。姫飯は柔らかくて食べやすいのですが、栄養価の高い胚芽が取り除かれてしまっていました。

 

また、おかずは保存食が中心でした。産地から遠く離れた京の都まで運んでくる途中に腐ってしまうことがないように干物か塩漬けにされていたので、貴族が新鮮な食材を口にすることができたのは、近隣の琵琶湖で採れた魚介類以外はとても難しかったのです。

 

また、貴族の食事には細かい作法が定められており、現在では考えられないような食事にまつわる迷信もありました。そのため、食事内容に制約がかかり、同じメニューが何日も続く…ということもあったのです。

 

不健康な食生活に加えて、室内中心の生活を送っていた貴族たちは運動不足でもあり、そのため栄養失調や脚気、夜盲症などに罹り、命を落とすことが多くありました。

 

【古代日本の誕生秘話】
大和朝廷

 

庶民の食べ物

庶民、村人の家

 

鎌倉時代、庶民たちも1日2食でした。しかし、その内容はとても質素なもので、麦やアワをかゆ状にすることによって、かさ増しして食べていました。また、鎌倉時代を襲った凶作や飢饉のときは本当に食べるものがなく、たくさんの餓死者が出てしまいました。

 

鎌倉武士の強さは、栄養バランスのとれた食事からきていた

 

 

鎌倉時代、源氏をはじめとする武士たちは、質素ながらも非常に栄養バランスの整った食事をとっていました。しかし、貴族たちと交わることが多かった平氏は、食生活も貴族と同じようにしていたのです。栄養価の高い強飯や良質なたんぱく質をとっていた源氏と、貴族のような保存食を中心に食べていた平氏では、いざ戦となったときに力の差が歴然でした。

 

栄養価の高い食事が、源氏を勝利に導いた、といっても過言ではないのかもしれません。また、元寇のときも、良質な食べ物から作られた力強い筋肉を持つ武士たちが戦ったからこそ、元軍に勝つことができたのでしょう。

 

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文化的特徴とは?

関連記事:アンゴルモア元寇合戦記 鎌倉時代の服装は?

 

【蒙古が海からやってきた】
アンゴルモア合戦記の特集

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 鎌倉時代 服装 男女 アンゴルモア元寇合戦記 鎌倉時代の服装は?
  2. 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面…
  3. 攻め寄せる蒙古兵(モンゴル) 【アンゴルモア元寇合戦記】元寇とは?鎌倉時代の防衛戦争
  4. 源義経 鎌倉時代 【鎌倉時代の豆知識】源義経と木曽義仲はイケメンだったらしい
  5. 鎌倉時代 服装 男女 鎌倉時代のポピュラーな産業や経済は?高利貸業も盛んになった鎌倉時…
  6. 【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文学はどんなもの?
  7. 鎌倉時代の侍 たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想!
  8. 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん 鎌倉時代の警察の役割を果たした「守護」を分かりやすく解説

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 諸葛恪の栄光と破滅
  2. 肝っ玉の太い凌操(りょうそう)
  3. 楊奉
  4. 曹植は軟弱ではなかった
  5. 落書きをする宋江(水滸伝の主人公)
  6. 于禁

おすすめ記事

  1. 阿部正弘とはどんな人?絶対倒れないヤジロベー政治家に迫る 玉乗りをしている阿部正弘
  2. 読者の声『出陣した地図や相関図なんかがありますか?』(集計期間:2019年3月3日〜31日) 読者の声バナー(はじめての三国志)
  3. 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説 泣く子も張遼
  4. 67話:孔明、博望坡で初陣を飾る。夏侯惇をフルボッコ 孔明 劉備の剣とハンコ
  5. 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?
  6. 【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント? 徐福

三國志雑学

  1. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟
  2. 竹林の七賢
  3. 城の前を掃除する孔明
  4. 鄧禹と兵士


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム55巻
  2. 織田信長
  3. 徐庶
  4. 十常侍(宦官)
  5. 孫権 弔い出陣

おすすめ記事

龐統 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師 李斯 【キングダム】転職によって人生を劇的に変えた李斯(りし) はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志5月号」4月25日(木)に出版決定 キングダム 始皇帝 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編 黄月英 【三顧の礼】諸葛亮の嫁の父・黄承彦の詩にドラゴンが出てカッコいい! 曹洪と曹操 曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの? 魏の夏侯淵 夏侯淵(かこうえん)はどうして地味なの? はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志12月号」11月25日(日)に出版決定

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP