呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

始皇帝が求めた不老不死の妙薬…なぜ始皇帝は水銀に行き着いたのか?




始皇帝

 

不老不死という響きにワクワクする人はたくさんいるのではないでしょうか?

誰もが1度は夢見るであろう不老不死。

昨今は「不老不死に一歩近づいた!」なんて科学の発展を喜ぶニュースをよく目にしますよね。

 

実は、中華統一を成し遂げた秦の始皇帝(しこうてい)も不老不死に情熱を傾けていた1人。

彼は水銀を飲むことによって不老不死を得られると思い込み、かえってその寿命を縮めてしまったと言われています。

一体なぜ始皇帝は水銀を不老不死の妙薬だと思い込んでしまったのでしょうか?

 

関連記事:【始皇帝失敗】巡遊で天下に顔を売るつもりが命を狙われる羽目に

関連記事:始皇帝はどんな人?不老不死を求めた中国史上初の皇帝の人生を解説

 

 

水銀は怖い物質

水銀

 

水銀は常温で唯一凝固しない金属で、銀色の液体状の物質です。

昔は家庭用の体温計なんかに使われており、体温計を割ったら出てきてビックリしたなんていう体験をした人もいるでしょう。

触ろうとすればはじいてコロコロと動く不思議さにとりこになっていじくりまわして遊んでしまったという人もいるかもしれませんが、

液体の状態であれば特に問題はないのだそう。

 

ただ、水銀は気化すると猛毒になってしまいます

水銀は20度ほどの温度でも蒸発してしまうらしいので、やはり水銀をいじくりまわすのは危険です。

 

そんな水銀が巻き起こした大事件といえば「公害の原点」と呼ばれる水俣病(みなまたびょう)

炭素と水銀がくっついてできたメチル水銀が含まれた工場廃液が川に流され、その川に住んでいた汚染された魚を食べた人々が

中枢神経を冒されて苦しみました。

 

そのため、多くの日本人が水銀を怖いものとして認識しているのですが、なぜ始皇帝はこんなおそろしいものを不老不死の妙薬と

思い込んでしまったのでしょう?

 

 

始皇帝の願いをかなえるべく生み出された薬「辰砂」

始皇帝の願いをかなえるべく生み出された薬「辰砂」

 

始皇帝は中華統一を成し遂げた後、まずは蓬莱(ほうらい)の国の仙人もしくは仙薬を探させました。

道教の祖である老子(ろうし)が不老不死であったと伝えられていることや道教を信奉して修行に励めば不老不死の仙人になれると考えられていたことから

始皇帝は仙人から不老不死の妙薬をもらおうと考えたのでしょう。

 

ところが、待てど暮らせど仙人も仙薬も手に入らず…。

 

しびれを切らした始皇帝は臣下たちに

「はやく仙薬を持ってこい!ていうかもうお前らがつくれ!」

とブチギレます。

 

「このまま薬ができなかったら、始皇帝に処刑されてしまうかも…」

と恐怖に震え上がった臣下たちは見様見真似で錬丹術、すなわち仙薬づくりに励みました。

 

その結果、「辰砂(しんしゃ)」という丸薬が完成。

始皇帝は大喜びでその辰砂を飲んだと言われています。

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

どうみてもすごい薬にしか見えない辰砂

 

ついに出来上がった不老不死の妙薬「辰砂」。

しかし、皆さん既におわかりでしょうが、この辰砂は水銀でできています。

水銀といっても、液体のままの水銀ではなく硫黄と結びついた硫化水銀(りゅうかすいぎん)だったようですが…。

 

真っ赤な見た目のそれは「丹砂」やら「朱砂」とも呼ばれ、ヨーロッパでは「賢者(けんじゃ)の石」なんていう名前まで付けられています。

そんな神秘的な見た目の薬なわけですから作り上げた人も「やっと不老不死の薬ができた!」と喜んだでしょうし、

始皇帝も「間違いなく不老不死の薬だ!」と喜んで飲んだに違いありません。

 

気になるその効能は…?

始皇帝

 

素晴らしい薬を手に入れたと思われた始皇帝ですが、辰砂を飲んだ後ほどなくして亡くなっています。

まぁやはり水銀は毒でしかなかったわけです。

 

ところが、この辰砂は現在でも漢方薬として使われているのだとか…!

不老不死にこそなりませんが、鎮静・催眠の効果が得られるということ、メチル水銀などより毒性が低いということで

問題ないと考えられているようです。

 

たとえそうだとしてもあまり飲みたくない薬ですね…。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

不老不死を願い、かえってその命を縮めてしまった始皇帝。

しかし、始皇帝と同じように不老不死を願い、同じように辰砂を飲んで死んでいった皇帝はその後も後を絶たなかったようです…。

だれかがもっと早く水銀の危険性に気づいていたら…!

そんなことを考えてしまうエピソードですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

 

関連記事:始皇帝の偉大な業績!漢字を統一し意思疎通を容易にした中国の産みの親

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由は始皇帝がブサメンだったから?

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能!
  2. はじめての三国志 画像準備中 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで…
  3. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも…
  4. 王翦 【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想…
  5. 楊貴妃 【キングダム】始皇帝に皇后がいない?その理由について考えてみた
  6. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?
  7. 王騎 キングダム 王騎の武力は本当に中華最強なのか?キングダムの大将軍の武力を考察…
  8. 王騎 キングダム 【キングダム】王騎は実在する将軍?その偉大な功績とは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 料理人
  2. 始皇帝(キングダム)
  3. 小松帯刀
  4. 張コウ 張郃
  5. 曹植は軟弱ではなかった曹植
  6. 曹丕に喧嘩を売る曹植と楊脩
  7. 蒼天航路

おすすめ記事

  1. 白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語
  2. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  3. 野心家・鍾会の生涯を追ってみよう 野望が膨らむ鍾会
  4. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!? 呂蒙
  5. 【キングダム553話】休載スペシャル「山の民どうなる?」予想レビュー キングダム 3巻
  6. 【三国志×位置ゲー】スマートフォンゲームアプリ『見つけて!三国志』iOS版 配信開始!

三國志雑学

  1. 賈詡(賈ク)
  2. 張角は歴史の表舞台に登場
  3. 木牛流馬
  4. 蜀の兵士
  5. 曹丕


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 騙し合う呂布と袁術
  2. 曹操 耳で聞いて覚える三国志
  3. 劉備を僻む袁術
  4. 徳川家康

おすすめ記事

反乱を起こす郝萌(かくぼう)と曹性 郝萌(かくぼう)と曹性(そうせい)はどんな人?呂布の配下で猛威を振るった八健将 玉璽に興奮する袁術 洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの? 秦の旗を掲げる兵士 秦漢って一括りにされることが多いけど違いは?【秦漢帝国】 【11/23】朝まで三国志第2弾の電子書籍が出版されるよ! キングダム キングダム539話 ネタバレ予想「亜花錦は飛信隊と合流する?」 ホウ徳(龐徳) ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将 小牧長久手の戦いの勝敗はどうなった?漫画・センゴクから見る小牧長久手の戦い 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 明智光秀はなぜ織田信長を暗殺したの?江戸時代の歴史家から考察

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP