始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由は始皇帝がブサメンだったから?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

キングダム 始皇帝

 

秦の始皇帝(しこうてい)は紀元前221年、中国全土を統一して秦帝国を立てました。しかし、王は居ても、皇帝という存在は知らない中国の人々に対し、自分がいかに偉いかを誇示する必要があった始皇帝は、多額の費用を使い、中国全土を巡幸して回り、その威厳を見せつけます。ところが、始皇帝の巡幸は、逆に、秦に反逆する芽を育ててしまうのでした。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 


大チョンボ、顔を曝して歩いた始皇帝

始皇帝 キングダム

 

始皇帝の巡幸の一番の失敗は、始皇帝が車の中から顔を見せて歩いた事です。当時の中国の人々は、500年の戦乱を治め広い中国全土を統一した人間だから、始皇帝とは、それは恐ろしい鬼のような顔をしているだろうと思っていました。ですが、実際の始皇帝は、鬼でも悪魔でもない普通の40過ぎのオッサンでした。史書には、狼のような声とか、鷹のような胸とか、色々の形容がされていますが、それは当然、誇張と言うものでしょう。始皇帝自身は、自分の顔を天下に知らしめるという自己PRだったのですが、それは全くの裏目に出てしまいました。

 

関連記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?


始皇帝の顔を見た人たちの反応

怒る村人 三国志

 

「何が始皇帝だ、ただの太った親父じゃないか、俺達と何も変わらん」

「あんなオッサンが皇帝なら、俺だってチャンスを掴めば皇帝になれる」

 

秦の圧政に苦しめられていた人々は、始皇帝の容姿を見るや、拍子抜けし、これを内心ではバカにするようになったのです。


始皇帝の行列を見た項羽のセリフ

項羽 はじめての三国志002

 

その始皇帝の行列を少し離れている場所から眺めていた少年がいました。名前を項籍(こうせき)といい、字は羽(う)そう後に漢の高祖、劉邦(りゅうほう)と天下を争う項羽(こうう)です。祖父に楚の名将、項燕(こうえん)大将軍を持つ項羽は度胸があり、叔父の項梁(こうりょう)が、ひざまづくように促しても、中々ひれ伏しません。そして、通りすぎる始皇帝の行列を見るなり言いました。

 

「今は好きなだけ威張っているがいい、、いつか、この項羽が貴様に取って代わってやる」

 

項梁は慌てて項羽の口を抑えますが、内心、何者も恐れない甥に、項梁は底知れない将来性を見ていました。

 

関連記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

関連記事:項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1


同じ始皇帝の行列を見た劉邦のセリフ

劉邦

 

同じ頃、各地の任侠の徒の世話になっていた放蕩無頼の劉邦(りゅうほう)も、始皇帝の巡幸の行列に遭遇していました。物見高い劉邦は、行列が一望出来そうな小高い丘に上り、華麗な始皇帝の大行列を見て言いました。

 

「くーーーーっ、かっこいいじゃねえか!男として生まれたら、あんな風になりたいもんだなぁ」

 

何とも無邪気、項羽の咬み付くような気迫とは正反対のおおらかさです。この全てを包みこむようなおおらかさこそが、劉邦の持ち味でした。

 

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 嬴政(始皇帝)
  2. 王翦
  3. 亡くなる李牧
  4. 孫武(ゆるキャラ)
  5. はじめての三国志 画像準備中

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 10月 11日

    キングダムは違うでしょ

    • 三国志の初心者
    • 2020年 4月 05日

    中国ドラマ「麗姫と始皇帝~月下の誓い~」が昨年たまたま放送されていて、全話見ました。
    架空の女性武闘家と若くハンサムな贏政のラブストーリー仕立てでかなり創作入ってるんですが、当サイトやウィキペディアで虚実を確認しながら贏政の生い立ちや血縁関係を覚え、
    そこからキングダムに興味を持つようになりました。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP