魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

夏侯惇の眼帯はバカにされるのを隠すためだった!?

曹操と夏侯惇




曹操と夏侯惇

 

魏の将軍として知られ、

曹操(そうそう)が挙兵した時から付き従っていた夏侯惇(かこうとん)

夏侯惇三国志のゲームやマンガでかなり登場しているため

かなりの認知を誇っている武将で、

三国志をあまり知らなくても聞いた事がある人は多いと思います。

 

そんな彼のイメージは眼帯だと思います。

しかし夏侯惇は自分の眼帯姿を非常に嫌っていたのです。

どうして眼帯姿の自分が嫌いだったのか。

今回はこの点を調べてみました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯惇の少年時代はいったいどんな子供だったの??

関連記事:【悲報】ついに夏侯惇が最弱劉備に負けてしまう!!

 

 

日本では人気の眼帯姿

伊達政宗

画像:伊達政宗 Wikipedia

 

日本では眼帯姿の人物は結構人気のある人で知られています。

たとえば独眼龍・伊達政宗(だてまさむね)も幼い頃病気にかかってしまい、

目が見えなくなり、

見えなくなった片方の目に眼帯をしていた姿は日本人なら誰でも知っています。

しかし史実の伊達政宗の肖像画では眼帯をしていません

 

ではどうして伊達政宗が眼帯している姿が定着したのか。

それはたぶんですが、

伊達政宗が登場するゲームなどで

彼が必ず眼帯をしている姿があったからだと思います。

 

そしてこの伊達政宗の眼帯姿はかなり評判がよく、

彼のイメージ=眼帯姿という風に定着したのではないのでしょうか。

このように日本人には眼帯しているスタイルが人気で

アニメでもがん帯している姿のキャラクターが多く存在しています。

 

しかし中国では、眼帯姿はあまり人気がなく、

体に欠損がある人物はイメージダウンしてしまうことが多いのだそうです。

 

 

初代独眼龍・李克用も自分の体を嫌っていた

 

独眼龍は伊達政宗が初代だと思っている方も多いと思いますが、

実は違うのです。

初代独眼龍の異名をもっていたのは

唐の時代末期に登場した人が起源となっています。

 

その人物の名前は李克用(りこくよう)といいます。

彼は生まれたときから片目が悪かったのですが、

戦においては非常に勇猛果敢に敵陣へ向かって突き進み、

幾度も勝利を治めた将軍であったそうです。

そのため李克用に独眼龍の異名をつけられることになるのですが、

このあだ名を彼はすごく嫌っていたそうです。

 

このように中国では体に欠損があるのをすごく嫌がる風潮が強かったそうです

それは三国時代も変わりませんでした。

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

夏侯惇も自分の姿が大嫌いだった!!

 

夏侯惇は呂布(りょふ)討伐戦の時、

流れ矢に当たって目を負傷してしまいます。

夏侯惇は負傷した目が治ることなく過ごす事になります。

 

そんな夏侯惇を軍の内部では同じ夏侯淵(かこうえん)と区別するため夏侯惇の事を盲夏侯と呼んで、

ちょっとバカにした雰囲気を持ってこのように呼んでいたそうです。

夏侯惇はこのあだ名を聞いて非常に嫌だったそうです

そのため自分の顔を鏡で見たときは

イラッとして鏡を地面に投げつけてブチギレていたそうなんです。

 

また史実では眼帯をしていたとの記載が正史三国志になかったため、

片目が見えない状態のまま戦に出ていた可能性が非常に高いです。

夏侯惇の眼帯イメージが定着したのはこれもやはり三国志のゲームや小説、

アニメなどの影響が多きのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

日本と中国では価値観に大いに違いがあり、

日本では眼帯姿のキャラクターや人物は大いに人気があります。

しかし中国では目など体に欠損を持っている人物は

軽蔑のまなざして見られていたそうです。

 

そのため夏侯惇もゲームや小説、

マンガで眼帯姿のイメージが定着していますが、

本人が現代に生まれ変わってこの姿を見ることになれば

かなり嫌な気分になっていたのではないのでしょうか。

 

もしかしたら夏侯惇が眼帯姿で登場しているゲームを発見したら

その場でゲーム機を破壊しているかもしれません。

また夏侯惇が眼帯姿で登場しているマンガを見つけたら

すべて破っているかもしれません。

そんな夏侯惇を見てみたいなと思うのはレンだけでしょうか。

 

参考文献 【正史三国志魏書】など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯惇が鏡が嫌いなのはブサイクだから??

関連記事:【三国志妄想列伝】夏侯惇が群雄として立てる人だった!!

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 周瑜、陸遜 周瑜の遺言が名文すぎて泣ける周瑜爆ageキャンペーン
  2. 蜀の魏延 魏延がいれば陳倉の戦いは勝てた?それとも負けた?史実の北伐を解説…
  3. 司馬朗と司馬防 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かな…
  4. 馬良(眉白) 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』
  5. 山頂に陣を敷いた馬謖 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝…
  6. 北伐を結構する孔明 孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?
  7. 山頂に陣を敷いた馬謖 馬謖の能力を数値化してみたらこうなりました
  8. 騙し合う呂布と袁術 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 九品官人法を作った陳羣
  2. 後継者争いで喧嘩する曹丕と曹植
  3. 戦う金環三結 三洞元帥(南蛮討伐)
  4. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  5. 酒乱の徳川慶喜
  6. 馬に乗って戦う若き織田信長
  7. 解煩督 呉
  8. 羅憲

おすすめ記事

  1. 織田信長は精神的な病気だった?天才的なひらめきを発揮した信長の苦悩 キレる織田信長
  2. 于禁は虞翻からも厳しいイジメを受けていた?その理由とは? 于禁を虐める曹丕
  3. 蜀の名将として名高い黄権も曹丕によるパワハラを受けていた! 部下をいじめる曹丕
  4. 【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々
  5. 諸葛亮はどうして劉禅から国を奪わなかったのか 孔明
  6. 武田晴信の領地経営と甲州法度をざっくりと分かりやすく紹介! 真田丸 武田信玄

三國志雑学

  1. 後継者争い 劉協と劉弁
  2. 桃園兄弟
  3. 孔明
  4. 姜維
  5. 司馬懿
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 北条氏康
  2. 民の心を掴む卑弥呼
  3. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  4. 三国志大学で勉強する劉備

おすすめ記事

関羽 【三国志裏話】徐晃は関羽から尊敬されていたってホント!? 【李傕・郭汜祭り 4日目】献帝帰還の功労者の惨めな最期 張済(ちょうさい) 劉邦と張良と陳平 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴を手にした万石君 袁紹を説得しようとする沮授 もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀はどんな顔をしていたのか?イケメン男子だったの? 【孔門十哲】子游(しゆう)とはどんな人?ドヤ顔といえばやっぱりこの弟子 ネクソンがシミュレーションRPG『三國志曹操伝 ONLINE』を配信開始。「三国統一モード、武将ごとのシナリオ、ifの歴史」が楽しめる 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP