ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

夏侯惇の眼帯はバカにされるのを隠すためだった!?

曹操と夏侯惇


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操と夏侯惇

 

魏の将軍として知られ、

曹操(そうそう)が挙兵した時から付き従っていた夏侯惇(かこうとん)

夏侯惇三国志のゲームやマンガでかなり登場しているため

かなりの認知を誇っている武将で、

三国志をあまり知らなくても聞いた事がある人は多いと思います。

 

そんな彼のイメージは眼帯だと思います。

しかし夏侯惇は自分の眼帯姿を非常に嫌っていたのです。

どうして眼帯姿の自分が嫌いだったのか。

今回はこの点を調べてみました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯惇の少年時代はいったいどんな子供だったの??

関連記事:【悲報】ついに夏侯惇が最弱劉備に負けてしまう!!

 


 

日本では人気の眼帯姿

伊達政宗

画像:伊達政宗 Wikipedia

 

日本では眼帯姿の人物は結構人気のある人で知られています。

たとえば独眼龍・伊達政宗(だてまさむね)も幼い頃病気にかかってしまい、

目が見えなくなり、

見えなくなった片方の目に眼帯をしていた姿は日本人なら誰でも知っています。

しかし史実の伊達政宗の肖像画では眼帯をしていません

 

ではどうして伊達政宗が眼帯している姿が定着したのか。

それはたぶんですが、

伊達政宗が登場するゲームなどで

彼が必ず眼帯をしている姿があったからだと思います。

 

そしてこの伊達政宗の眼帯姿はかなり評判がよく、

彼のイメージ=眼帯姿という風に定着したのではないのでしょうか。

このように日本人には眼帯しているスタイルが人気で

アニメでもがん帯している姿のキャラクターが多く存在しています。

 

しかし中国では、眼帯姿はあまり人気がなく、

体に欠損がある人物はイメージダウンしてしまうことが多いのだそうです。

 


 

初代独眼龍・李克用も自分の体を嫌っていた

 

独眼龍は伊達政宗が初代だと思っている方も多いと思いますが、

実は違うのです。

初代独眼龍の異名をもっていたのは

唐の時代末期に登場した人が起源となっています。

 

その人物の名前は李克用(りこくよう)といいます。

彼は生まれたときから片目が悪かったのですが、

戦においては非常に勇猛果敢に敵陣へ向かって突き進み、

幾度も勝利を治めた将軍であったそうです。

そのため李克用に独眼龍の異名をつけられることになるのですが、

このあだ名を彼はすごく嫌っていたそうです。

 

このように中国では体に欠損があるのをすごく嫌がる風潮が強かったそうです

それは三国時代も変わりませんでした。

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝


 

夏侯惇も自分の姿が大嫌いだった!!

 

夏侯惇は呂布(りょふ)討伐戦の時、

流れ矢に当たって目を負傷してしまいます。

夏侯惇は負傷した目が治ることなく過ごす事になります。

 

そんな夏侯惇を軍の内部では同じ夏侯淵(かこうえん)と区別するため夏侯惇の事を盲夏侯と呼んで、

ちょっとバカにした雰囲気を持ってこのように呼んでいたそうです。

夏侯惇はこのあだ名を聞いて非常に嫌だったそうです

そのため自分の顔を鏡で見たときは

イラッとして鏡を地面に投げつけてブチギレていたそうなんです。

 

また史実では眼帯をしていたとの記載が正史三国志になかったため、

片目が見えない状態のまま戦に出ていた可能性が非常に高いです。

夏侯惇の眼帯イメージが定着したのはこれもやはり三国志のゲームや小説、

アニメなどの影響が多きのではないのでしょうか。


  

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

日本と中国では価値観に大いに違いがあり、

日本では眼帯姿のキャラクターや人物は大いに人気があります。

しかし中国では目など体に欠損を持っている人物は

軽蔑のまなざして見られていたそうです。

 

そのため夏侯惇もゲームや小説、

マンガで眼帯姿のイメージが定着していますが、

本人が現代に生まれ変わってこの姿を見ることになれば

かなり嫌な気分になっていたのではないのでしょうか。

 

もしかしたら夏侯惇が眼帯姿で登場しているゲームを発見したら

その場でゲーム機を破壊しているかもしれません。

また夏侯惇が眼帯姿で登場しているマンガを見つけたら

すべて破っているかもしれません。

そんな夏侯惇を見てみたいなと思うのはレンだけでしょうか。

 

参考文献 【正史三国志魏書】など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯惇が鏡が嫌いなのはブサイクだから??

関連記事:【三国志妄想列伝】夏侯惇が群雄として立てる人だった!!

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹操の墓 曹操の墓はどこに?発掘のきっかけは村人が見つけた遺跡だった!
  2. 楊彪を司空に任命させる董卓 董卓ってどんな政治をしたの?残虐行為だけじゃない!知識人登用に熱…
  3. 皇帝に就任した曹丕 禅譲とは何をするの?曹丕を例にわかりやすく解説
  4. 夏侯惇 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いな…
  5. 周瑜 美男子 周瑜公瑾の輝かしい功績
  6. 饅頭を作る孔明 諸葛亮は料理や食用植物を発明・開発した古代中国のエジソンだった?…
  7. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった?
  8. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう) 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  2. 劉寵と袁術
  3. 丁奉(ていほう)
  4. 華陀
  5. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  6. 病気がちな孔明
  7. 曹操と夏侯惇

おすすめ記事

  1. 【三国天武 攻略その1】全世界3000万人がプレイしている三国志の世界へ「内政編」
  2. 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。 暴れる関羽
  3. 【三国志とお金】公共事業にたかる豪族勢力 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  4. はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏
  5. 【8月の見どころ】8/29公開予定:『赤兎馬=カバ説』を裏付ける大発見!
  6. もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの? 五斗米道(はじめての三国志)

三國志雑学

  1. 怒る陳宮
  2. 孔明
  3. 袁紹VS袁術(犬猿)


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黄月英
  2. 諸葛恪の栄光と破滅
  3. 華陀と麻沸散
  4. 于禁
  5. 強くなる関羽
  6. ピストルを乱射する坂本龍馬
  7. 水滸伝の宋江

おすすめ記事

【形勢不利の薩長】一発逆転の王政復古大号令の影響力とは? 人望のある劉備 ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期 于禁 宛城の戦いで曹操に称賛された于禁という武将の性格を知ってみよう 大山巌 大山巌とはどんな人?明治の軍人の名言なども紹介 庶民、村人の家 三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの? 郭嘉 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言した天才軍師 秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編 よりぶりんって、何者?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP