呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

中央集権国家を目指した版籍奉還とは?【前半】

明治天皇




明治天皇

 

今回は中央集権国家を目指した

明治政府の改革の1つである版籍奉還について取り上げます。

 

西郷隆盛(さいごうたかもり)が実行した廃藩置県はどんな偉業?』でも取り上げたように、

江戸幕府の頃、幕藩体制といい、

藩主は武家諸法度を遵守しつつ藩独自の政治を行っていました。

藩独自の政治改革や特産品の専売制で台頭した外様大名は雄藩と呼ばれ、

日本史において注目されるようになりました。

 

一方で、藩がバラバラで独自の政治を行っていると、

欧米列強が接近しているという困難に対して立ち向かえないという弱点もありました。

 

幕藩体制と比較しつつ版籍奉還について取り上げます。

終わりに、版籍奉還後の明治政府の改革について取り上げます。

 

関連記事:平野国臣の西郷隆盛救出!入水事件の真相とは?

関連記事:勝海舟と西郷隆盛!江戸を戦火から守った2人の真実とは?

 

 

版籍奉還以前は地方分権だった

 

版籍奉還を断行する前の政治体制は、

江戸幕府の時代から続いた幕藩体制でした。

西郷隆盛が実行した廃藩置県はどんな偉業?』では、

諸藩が本百姓の納める年貢を基盤にして藩にいる人々を支配しました。

 

全国の藩は武家諸法度を守らなければなりませんが、

藩主が独自に政治を行うことができたことから、

地方分権と言えるのかもしれません。

 

 

版籍奉還とは?

幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛

 

『西郷隆盛が実行した廃藩置県はどんな偉業?』では、

西郷隆盛が実行した偉業として取り上げました。

版籍奉還とは1869年に全国の藩主に版(土地)と籍(人民)を

明治政府に返上させた改革のことを言います

 

最初に、薩長土肥の4藩主が版籍奉還を行いました。

薩長土肥にならって他の全ての藩が返還しました。

なお、版籍奉還後、

旧藩主は知藩事として幕藩体制の頃と変わらずに支配を続けました。

知藩事としての給料は明治政府より受け取っていました。

 

高校や予備校の日本史の授業で

版籍奉還は藩主が土地と人を明治政府に返上させたと教授されたと思います。

しかし、この記事の読者の中には名前が藩主から知藩事に変わっただけで、

版籍奉還の実感がわかない人もいると思います。

 

版籍奉還の覚え方として、

ヒトハムク1869を

「人は向く 土地も戸籍も天皇に」があります。

授業の中で人は向く・・・で覚えることで、

土地と戸籍が天皇に向けられたことを実感した人がいるかもしれません。

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

版籍奉還後の明治政府は相変わらず財政難

 

『西郷隆盛が実行した廃藩置県はどんな偉業?』では、

版籍奉還後、旧藩主は知藩事として幕藩体制の頃と変わらずに支配を続けました。

知藩事としての給料は明治政府より受け取り続けていましたが、

明治政府の財政状況はかなり厳しくなりました。

 

『西郷隆盛が実行した廃藩置県はどんな偉業?』で取り上げていますが、

NHKの連続テレビ小説『あさが来た』で見られたように、

明治政府は大阪の商人から借金をしていました。

 

明治政府は借金を元手に幕府を倒し、

新政府を立ち上げました

明治政府立ち上げの頃からの借金の返済だけでなく、

知藩事や士族にも給料を支払わなければならなかったため財政難になり、

借金が雪だるまのように膨らんでいました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

版籍奉還後、明治政府は知藩事の給料を払い続けたため、

さらなる改革を断行します。

知藩事の給料を100%カットするために1871年に廃藩置県を断行します。

 

廃藩置県の内容は『中央集権国家を目指して(2)―廃藩置県とは―』で取り上げます。

『西郷隆盛が実行した廃藩置県はどんな偉業?』では、

廃藩置県により知藩事が失職したことや

旧藩の債務を明治政府が引き継いだことについて取り上げました。

しかし、廃藩置県当時の北海道と沖縄については取り上げていません。

 

次回の記事『中央集権国家を目指して(2)―廃藩置県とは―』では、

廃藩置県の内容だけでなく、

『西郷隆盛が実行した廃藩置県はどんな偉業?』

で取り上げなかった北海道と沖縄県についても取り上げます。

 

関連記事:【西郷どん】奄美大島に流された西郷隆盛は本当に荒れていたの?

関連記事:橋本左内の本「啓発録」をサクッと解説!西郷隆盛も認めた天才の名言とは?

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 井伊直弼とは何者?英雄・冷酷な独裁者?
  2. 新選組の土方歳三 土方歳三の勇気が湧く名言「灰になっても自分を貫け」
  3. ピストルを乱射する坂本龍馬 坂本龍馬の虚実入り混じった名言、そこまで言ってええんかい!
  4. 西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説
  5. 徳川慶喜(幕末) 徳川慶喜は「家康の再来」と言われる程すごい人だったの!?
  6. 女と金 「篤姫」経済効果はどの位?町おこしのヒントが満載
  7. 横井小楠 坂本龍馬が注目した横井小楠の政治とは?
  8. 大隈重信 大隈重信とはどんな人?早稲田大学の創設者の人生を年表で紹介

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 張良と劉邦
  2. 馬に乗って戦う若き織田信長
  3. 何進に見切りをつける蒯越(カイ越)
  4. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  5. キングダム53巻

おすすめ記事

  1. 徐盛(じょせい)ってどんな人?人生を戦いの中で過ごした呉の将軍 徐盛(じょせい)呉の将軍
  2. 卑弥弓呼とはどんな人?狗奴国の王であり邪馬台国の抵抗勢力を解説 狗奴国の王・卑弥弓呼
  3. 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何? 嬴政(始皇帝)
  4. 尊皇攘夷とは一体何なの?幕末の志士達が唱えた言葉に迫る!! 吉田松陰(極悪顔)
  5. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの? 劉禅
  6. キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人? 楽毅

三國志雑学

  1. 降参する姜維
  2. 熱血曹操
  3. 孔明VS曹操
  4. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 司馬徽と劉表
  2. 曹操 女性の敵? 鄒氏
  3. 魏の皇帝になった曹丕
  4. 始皇帝(キングダム)
  5. 新選組の土方歳三
  6. 張飛の男気人生
  7. 西遊記はどうやって出来たの?三蔵法師編

おすすめ記事

ペリーの性格とは?熊親父とは正反対なエンジニア 董卓 16話:菫卓を変貌させた権力と武官差別 はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志6月号」5月25日(土)に出版決定 はじめての三国志 「はじめての三国志」のロゴが完成しました 郭嘉スマホケース 【はじ三グッズ】可愛い郭嘉のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定 篤姫と幾島の本当の関係は? 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 2 董卓 董卓軍の軍事組織はどうなっていたの?暴君の軍隊をミエルカしたよ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP