キングダム
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張魯が漢中を占拠できたのは母のおかげだった?

五斗米道の教祖・張魯




五斗米道の教祖・張魯

 

漢中の数十年もの間宗教国家を作り上げることに成功した張魯(ちょうろ)

彼は五斗米道と呼ばれる宗教の教祖として漢中で君臨していました。

しかしレンは張魯

自ら宗教国家を作り上げられるような人ではなかったように思えるのです。

 

ではだれが張魯を漢中を占拠するように促したのか。

ここからはレンの推測でお話を進めていきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉備は張魯のおかげで三国志の英雄になれた!?

関連記事:卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり

 

 

そもそも五斗米道とはなんぞや

張魯

 

張魯が教祖となっていた五斗米道についてチョコット説明していきたいと思います。

五斗米道とは張修(ちょうしゅう)を教祖とした宗教団体で

民衆の病気を治すことを目的としていました

 

五斗米道によって病を治すことに成功した民衆は五斗米道へお礼として

コメを五斗を五斗米道へ報酬として寄進していたそうです

このことから五斗米道がどのように民衆の病を治していったのか。

 

まず静かな部屋へ病人を案内して、

この部屋で今までの罪を反省させます。

この反省を行った後、

姦令祭酒と呼ばれる役職のついた幹部が病人のために祈祷を行います。

この姦令祭酒は病人の姓名を書き記した紙を

川の底・山の頂上・土中の三つの場所へ埋葬。

この方法で張修は多くの民衆から五斗のコメをもらうことに成功します。

 

病気を治すことに何の効果もありませんでしたが、

現在のように医者がいっぱいいる時代ではなかった三国時代では、

かなり大きな効果をもたらすことになったそうです。

 

 

張魯が漢中を占拠

 

こうして五斗米道が誕生することになります。

その後五斗米道は漢中を占拠して宗教国家を作り上げることに成功しますが、

どのようにして張魯は漢中を占拠することができたのか。

 

それは劉璋(りゅうしょう)の父親・劉焉(りゅうえん)が張魯と張修へ軍勢を与えて、

漢中を占領していた漢中太守を殺害させたからです。

漢中には太守がいて漢中を治めていましたが、

漢中太守を殺害した張魯は張修を殺害してこの地を治めます

 

しかしここで一つに疑問がわきませんか。

それは劉焉がどうして自分の部下に兵士を与えて

漢中太守を殺害させなかったのかという点です。

それはレンが考えるに張魯の母が関係していると思われます。

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

張魯の母が劉焉をたぶらかす

 

張魯の母はかなりの美人できれいな人物であったと

正史三国志蜀書に記載されております。

そしてこの正史三国志では張魯の母が劉焉に取り入ったと書いてあります

 

張魯の母が劉焉に取り入る間もしくは取り入ることに成功した時、

息子の張魯へ

「私が劉焉から軍勢をもらって漢中攻撃を行うようにさせます。

そしたらあんたは漢中を攻撃して占領し、

劉焉から独立して宗教国家を作り上げてしまいなさい」

とアドバイスをしたのではないのでしょうか。

 

この証左として張魯の母が劉焉の家に幾度も遊びに行って、

その後張魯へ官職を与えて漢中征伐のための軍勢を与えたとの記載があります。

そして張魯は張修を殺害した後、

漢中を我が物にしてしまうのです。

 

もし張魯の母親がこのように張魯へアドバイスをしていたのであれば

漢中で張魯が独立したことの理由として

辻褄が合うような気がするのですがみなさんはどのように思いますか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は張魯が漢中で独立した理由について紹介しました。

 

張魯の母はどうして張魯を漢中で独立させようとしたのか。

張魯が劉焉の下にいればそのうち殺害されてしまうと考えたのか。

それとも息子を群雄の仲間入りさせ、

漢中で戦力を整えたのち天下を取らせたかったのか。

もしくは宗教国家として民衆を平和で安全な国を作らせたかったのか。

 

今となっては張魯の母親に聞いてみないと分からないので、

真相は闇の中です。

しかし史実の上での結論から言えば、

張魯が天下を取ることができなかったのが事実です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上

関連記事:彗星のごとく駆け抜けた小覇王・孫策

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 漢王朝成立の歴史を美麗に描く!おすすめの映画3本をご紹介
  2. 鍾会を説得する姜維 姜維はどうして鍾会を同志に選んだの?
  3. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡
  4. 【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった
  5. 二刀流の劉備 劉備は二刀流の達人だったのか?劉備が双剣を所持していた理由
  6. 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  7. 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語
  8. 劉備とサンタクロース クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫姫
  2. 赤鎧を身に着けた曹操
  3. 徐庶

おすすめ記事

  1. 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1 西遊記 三国志
  2. 【孔門十哲】子路(しろ)とはどんな人?孔子と憎まれ口をたたきあった人
  3. 三国ベースボール攻略3 蜀の謀臣2人が加入、転生もついに成功!
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/26】
  5. 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介 曹植
  6. 【古代中国の伝説の聖剣】欧冶子が作った宝剣がとんでもない高価なモノだった!?

三國志雑学

  1. 呉の孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武勇とは? 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由 曹植 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる? 張温vs秦宓宿命の口先合戦勃発? 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵 42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散 【犬戎族編は迷走?】キングダムファンが言えない黒歴史を解説

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP