法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

朝鮮の歴史

高句麗は漢の属国だった?実際のところ両国の関係はどうだったの?

城 銅雀台




丸木舟(弥生時代)

 

稲作をはじめとする様々な文化は

朝鮮半島を伝って日本にもたらされてきたと考えられています。

そのことについては中学校の社会科の授業で習って

なんとなく覚えているという人が多いでしょう。

 

そして、その昔朝鮮半島には百済(くだら)新羅(しらぎ)

そして高句麗(こうくり)という国があったということも

記憶に残っているのではないでしょうか。

 

ところで、朝鮮半島の位置は幸か不幸か大国中国のお隣。

特に朝鮮半島の北部に位置していた高句麗

漢や唐といった大国に属国扱いされてしまったこともしばしばあったようです。

しかし、実際に高句麗が漢や唐の属国だったかのかはまた別のお話です。

 

今回は漢代に的をしぼって

漢王朝と高句麗の関係について分析していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:スサノオは朝鮮半島から来た!?三韓と出雲の連合構想とは

関連記事:中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介

 

 

高句麗が誕生したのは紀元前37年?

 

高句麗は漢王朝が成立した当初には存在していませんでした

その成立については諸説あり、

謎に包まれた存在です。

 

12世紀に成立した朝鮮最古の歴史書である『三国史記』によれば

高句麗の成立は紀元前37年、

すなわち前漢の第10代皇帝・元帝(げんてい)の御代にあたると考えられます。

 

『漢書』には紀元前107年に「高句驪」の名が!

 

実は高句麗という国の名前らしきものは

紀元後1世紀頃に編まれた『漢書』に既に見られています。

 

『漢書』地理志において玄菟郡に属する県として

「高句驪」の名が挙げられているのです。

「麗」が「驪」になっているという違いこそありますが、

玄菟郡は中国東北部の南部から北朝鮮あたりに位置していたと考えられているため

この「高句驪」と「高句麗」はほぼ同じであると考えて良いでしょう。

 

ちなみに、玄菟郡はいわゆる植民地であったらしく

紀元前107年に前漢の7代皇帝・武帝(ぶてい)が設置した郡なのだそう。

この玄菟郡高句驪県こそが

高句麗の前身であったと考えられています

 

 

王莽に滅茶苦茶見下された高句麗

王莽

王莽

 

高句驪県は後に玄菟郡の郡治となり高句麗侯が冊封されます。

しかし、王莽(おうもう)が前漢王朝を倒して

新王朝を建ててから雲行きが怪しいことに…。

 

王莽は異民族蔑視政策を進め、

高句麗県を含む周辺の植民地を必要以上にこき下ろし始めたのです。

高句麗は「下句麗」に改名されて卑しめられました

 

このことに怒りを覚えた高句麗県の人々は

隣接する漢の郡県に攻撃を繰り返すようになったのでした。

 

【はじめての三国志人物事典データベース】
はじめての三国志人物事典データベース

 

後漢代には漢の郡県を何度も襲撃

 

王莽が倒されて後漢王朝が開かれると

高句麗侯は光武帝(こうぶてい)に朝貢を行いました。

 

このことによって

勝手に「下句麗」と改名されていた高句麗県は

元のように堂々と高句麗県と名乗れるようになり、

更に高句麗侯は王に昇格されます。

 

しかし、高句麗は決して漢の従順な植民地ではいてくれず、

隣接する漢の郡県に何度も攻撃をしかけてきました。

漢王朝はそんな高句麗を持て余し、

紀元後2世紀はじめ頃には高句麗県が所属していた玄菟郡を西に移動して

高句麗に元の場所の領有を許可。

 

高句麗はこのときついに

1つの国として自分の領土を持つことができたのでした

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

高句麗の国の記録については

『漢書』や『後漢書』の記述と

『三国史記』の記述とで一致しない点が多く

すり合わせるのが難しいです。

 

『漢書』や『後漢書』では「侯」扱いでも

『三国史記』では「王」と記されているなど

何が何だかチンプンカンプンになってしまうことが多々あります。

 

しかし、これは両国の「高句麗」に対する認識の

明確な違いを如実に表していると言えます。

中国側は高句麗を飽くまで植民地や属国として捉えており

朝鮮側は高句麗を独立国だと考えていたのでしょう。

 

昨今でも朝鮮は中国の属国だったとか

属国なんかではなかったとか

激しい議論が交わされることがしばしばあるようです。

少なくとも漢と高句麗の関係に関しては

はじめこそ高句麗は漢の植民地の1つだったかもしれません。

 

しかし、新王朝あたりからは独立の兆しが見え、

後漢代には高句麗側に1つの国としての意識が

芽生えて始めていたのではないでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:古墳時代の海外交易「船が陸を渡る」壮大な航海を解説

関連記事:高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面白くなる

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 典韋にボコボコにされる成廉
  2. 魏延からの提案を却下する孔明
  3. 荀攸
  4. 虎士(黒豹)
  5. ヨイショをする曹操
  6. 魏の占い師・周宣(しゅうせん)

おすすめ記事

  1. 趙雲は五丈原ではどんな役割だった?趙雲の北伐と最期 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  2. 【センゴク】羽柴秀吉の播州攻略と上月城救援戦 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 【三顧の礼】諸葛亮の天下三分の計「隆中対」を読む 蜀の劉備
  4. 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物
  5. 蜀滅亡後、安楽公として余生を楽しんだ劉禅の最期と心情
  6. そうなの?諸葛亮はいい加減に歴史を覚えていた

三國志雑学

  1. 馬超と韓遂
  2. ホウ徳
  3. 曹操に仕えることを検討する荀彧
  4. 公孫サン(公孫瓚)
  5. 曹操50万の兵
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志ライター よかミカンさん
  2. 徐庶
  3. 呉の孫堅
  4. 宦官
  5. 劉邦と陳平と張良

おすすめ記事

皇帝に就任した曹丕 禅譲とは何をするの?曹丕を例にわかりやすく解説 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具 高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介 程昱(ていいく) 程昱(ていいく)ってどんな人?気性の荒いおじいちゃん 司馬炎(はじめての三国志) 司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人 玄宗皇帝 宣帝とはどんな人?刑務所で育った前漢中興の祖の数奇な人生 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる 夷陵の戦いで受けた蜀の損害とは?再び天下に出ることはなくなった理由 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP