ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

列子

朝三暮四の出典は「荘子」と「列子」でも意味は微妙に違う


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孫悟空

 

四字熟語としてよく知られている「朝三暮四(ちょうさんぼし)」という言葉。

目先の違いにとらわれて結果は同じであるのに気付かないという意味と、うまい言葉で人を騙すという意味があるようです。

この言葉のもとになった説話は『列子(れっし)』と『荘子(そうし)』の中にあります。

二つの本で書かれているエピソードは同じものなのですが、エピソードから展開される結論が違っています。

その論旨を見ると、二つの本の雰囲気の違いを感じることができ面白いです!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:オカルト、SF、大好き!三国志人の脳内はお花畑

関連記事:愛されすぎてことわざになった人・諸葛亮(しょかつりょう)編

 


 

『列子』の朝三暮四――舌先三寸のエセ聖人を批判

 

まずは『列子』にある朝三暮四のエピソードをみてみましょう。

 

宋の国に猿飼いがいた。

猿が好きで何匹も飼っていた。

猿飼いには猿の気持ちが分かり、猿も猿飼いの気持ちが分かった。

猿飼いは家族の口減らしをしてまで猿にえさをあたえていた。

ところが猿飼いは急に貧しくなってしまった。

猿飼いは猿のえさをへらそうと思ったが、猿に嫌われるのではないかと心配した。

そこでごまかしてこう言った。

「えさのどんぐりだが、朝に三個、晩に四個でいいかい」

猿たちは立ち上がって怒った。

そこでこう言った。

「えさのどんぐりは、朝に四個、晩に三個でいいかい」

猿たちは伏して喜んだ。

 

 

日本の財政政策を彷彿とさせるような話ですな……。

さて、上の話を受けての『列子』のまとめはこうです↓

 

賢い者と愚かな者がいて誰かが誰かにまるめこまれる様はみなこのようなものだ。

聖人は智によって愚かな者たちをまるめこんでいるが、猿飼いが猿たちをまるめこんだようなやり方なのである。

言葉の中身は変わらないのに、愚かな者たちを喜ばせたり怒らせたりしているのである。

 

このまとめ方をみると、世の中では物の本質を見抜けない愚かな人たちを舌先三寸のエセ聖人がまるめこんでいるのだと『列子』は言いたいようです。

ここで言う聖人とは儒者(じゅしゃ)のことかもしれませんね。

『列子』は道教の本で、儒者を小馬鹿にしがちなので……。

 

 

『荘子』の朝三暮四――本質が間違っていなければダブルスタンダードでもいい

 

『荘子』ではどのように書かれているかみてみましょう。

 

人々はいろんな考え方があるのをなんとかして統一したいと思って労力を費やしている。

いろんなことが言われているようでも実はみんな同じであるということに気付いていないのである。

これを朝三という。

朝三とは何か。

猿飼いが猿にどんぐりを与える時、朝は三つ、暮には四つにしようと言うと、猿たちはみな怒った。

では朝は四つ、暮には三つにしようと言うと、猿たちはみな喜んだ。

実質は変わらないのに、喜んだり怒ったりしたのだ。

こういうものなのだ。

だから聖人は、真実は同じであることでもある時は是といいある時は非ということによって和を保ち(※)、平衡を保つのである。

これを両行と言う。

※この訳は よかミカンが勝手に考えたものです。普通は、聖人は是もなく非もない調和の中にいるという解釈をするようです。

 

『荘子』を見ると、表面的な理屈が違っていても本質を誤っていなければいいじゃないか、と言っているようです。


 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

『列子』が儒者を小馬鹿にしているだけであるようなのに対し、『荘子』は老荘思想を説明することに主眼をおく文章になっています。

『荘子』のほうが高尚な雰囲気がありますよね。

猿のエピソードの書き方は『列子』のほうが描写が細かく生き生きとしており、お話として楽しめます。

『列子』のほうが、より通俗的なのかなと思いました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:愛されすぎてことわざになった人・張飛(ちょうひ)編

関連記事:愛されすぎてことわざになった人・曹操(そうそう)編

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう) 【列子】どうしてオバチャンはいつも幸せそうなのか?恥も自意識もな…
  2. 生姜を買ってくる左慈と曹操 『列子』でわかる!三国志の左慈が物理法則を超えられる理由
  3. 毛沢東(もうたくとう) 【列子】愚公山を移す 中国語の教科書にも載っているいわくつきの説…
  4. 道具を輸送する民人 【列子】道教の「道」とは?道に身をゆだねれば安らぐかもしれない話…
  5. 幕末 魏呉蜀 書物 『列子』はどんな本?永嘉の乱を生き残った奇書
  6. 袁術 「杞憂」の出典は『列子』意外に長くてちょっぴり哲学
  7. 程普 【列子】信念があればなんでもできる?火に飛び込んでも無傷な人の話…
  8. 劉備を警戒する王粲 「男尊女卑」と「疑心暗鬼」の出典は『列子』?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呂布のラストウォー 呂布
  2. 周瑜 死
  3. 三国志ライター黒田レン
  4. 孫尚香
  5. 苛ついている曹操
  6. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!05 蔡夫人、張允、蔡瑁、劉備
  7. 田中角栄
  8. 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  9. 公孫瓚と劉備

おすすめ記事

  1. 近藤勇の墓は?新選組局長の最期の地をめぐる
  2. 樊城の戦いの時、諸葛亮は何をしていた?樊城の戦いにどう関与していた? 孔明
  3. キングダム 511話 ネタバレ予想:王翦はどこへ消えたのか? 王翦
  4. kawauso編集長のぼやきVol.5「kawausoのアイデア」 kawausoとおとぼけ
  5. 【はじめての三国志市場】今ならポイント10倍 楽天ブックス 漫画まとめ読み
  6. 【趙の名宰相・藺相如の名言】長平の戦いの時に王に発した名言とは 藺相如(りんしょうじょ)

三國志雑学

  1. 曹操を裏切る陳宮
  2. 海上での戦いの孫権
  3. 夏侯覇
  4. 趙姫
  5. 黄月英


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂布に殺害される丁原(ていげん)
  2. 悪党(鎌倉)
  3. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  4. 劉邦の息子を補佐する曹参(そうしん)
  5. 豊臣秀吉 戦国時代2
  6. 呂布VS劉備三兄弟

おすすめ記事

特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250 コミュニティ機能アップデートのお知らせ(10月19日実施) 亡くなる黄忠 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍 キングダム55巻 キングダム最新612話ネタバレ予想vol2「金毛は頑張る?それとも瞬殺」 明智光秀と煕子(麒麟がくる) 明智光秀の生まれは美濃の国?出身地など生まれた場所など解説 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】 楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選 馬岱 都会っ子・馬岱を考察!最後は平北将軍にまで出世 キングダム52巻 キングダム584話最新ネタバレ「数十騎」レビュー記事

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP