中国文化の黎明!漢王朝が誇る文化を一挙ご紹介


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

城銅雀台

 

漢王朝は前漢200年、後漢200年、

あわせて400年という長い歴史を誇る王朝です。

そんな漢王朝の御代は

たくさんの中国文化が芽吹いた時代でもありました。

 

今回は漢王朝が誇る数々の文化を

ご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ

関連記事:漢王朝を腐らせたのは儒者!打倒司馬懿、シチケンジャー

 


 

人類史上初の「紙」が発明された!

曹操のフリをして手紙を送るシーン

 

漢の御代に発明されたものの中でも

代表的なものといえば「紙」です

今ではその辺に溢れかえっている紙ですが、

後漢王朝に仕えていた宦官・蔡倫(さいりん)がつくり上げるまでは

世界中のどこにも存在しないものでした。

 

『後漢書』には

蔡倫が木の皮や麻を使って紙をつくり、

和帝(わてい)に献上したと記されています。

 

しかし、最近では

前漢代の遺跡から紙の原型ともいえるものが多数出土しているということで

紙の原型は前漢代には既にできていたと考えられおり、

蔡倫は製紙法を改良したのだと考えられています。

 


 

儒教が全盛期を迎える

孔子と儒教

 

漢王朝の時代には

老荘思想や法家思想も流行りましたが、

最も栄えた思想といえばやはり儒教です

 

武帝(ぶてい)董仲舒(とうちゅうじょ)の助言を受けて儒教を官学に据え、

五経博士を設置したり

郷挙里選を導入して儒家を中央に呼び寄せるようになると

人々はこぞって儒教の勉強に励むようになりました。

 

ちなみに、五経博士の「五経」というのは

『易経』『書経』『詩経』『春秋』『礼記』のことです。

 

前漢末期には

怪しげな緯書がたくさん編まれ、

ついには王莽(おうもう)の帝位簒奪を許すまでになってしまいましたが、

後漢王朝が成立すると

五経を中心とする儒家の経典の研究が積極的に行われるように。

経典の文字を1つずつ追って丁寧に解釈していく

訓詁学が花開きました。

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲


 

『史記』や『漢書』などの史書が編まれる

 

漢王朝の御代には

歴史研究も積極的に行われました

その代表として挙げられるのは

司馬遷(しばせん)によって編まれた『史記』や

班固(はんこ)によって編まれた『漢書』です。

 

『史記』は神話時代から

前漢・武帝の時代までの歴史を

紀伝体、すなわち物語形式で描いた通史であり、

『漢書』は同じく紀伝体によって

前漢王朝の一時代の歴史を描いた断代史です。

 

他にも

陸賈(りくか)による『楚漢春秋』や

劉向(りゅうきょう)による『戦国策』『説苑』、

政府の修史事業の一環として

『東観漢記』などが編まれています。

 

漢詩も2つの流派に分かれる

 

漢詩が全盛期を迎えるのは六朝時代や唐代ですが、

漢王朝の時代にはその萌芽ともいえるものが

見られるようになっていました。

 

その代表的なものが

「楽府」と呼ばれる民謡と

「賦」と呼ばれる長うたです

 

「楽府」は五経の1つに数えられる

『詩経』において「風」に分類されている詩を源流とするもので、

五言のものが多く、

音楽にのせて歌われることが前提の詩となっています。

 

「楽府」には韻を踏むということ以外に

技巧と呼べる表現は少なく、

民草の素朴な感情が詠われているのが特徴。

 

他方、

「賦」は南方で生み出された

シャーマニズム的要素が強い『楚辞』を源流とするもので、

七言のものが多いです。

 

「賦」は純朴な印象の「楽府」とは異なり、

比喩表現や対句表現などの技巧に富んだものばかり。

中でも

前漢代では司馬相如(しばしょうじょ)の「子虚賦」や「上林賦」が、

後漢代では班固の「両都賦」が有名です。

 

お墓に埋められた芸術品の数々

 

漢代には多くの芸術品も作られていたようで、

墳墓の中からたくさんの美術品が出土しています

 

明器と呼ばれる

食器や家具、動物や奴隷をかたどった土器や

青銅器、陶磁器、漆器をはじめ、

遺体を覆う金縷玉衣、

神話や戦争を描いた壁画等、実に様々。

 

どれもこれも漢代の人々の

技術力の高さが窺い知れる代物ばかりです。


  

 

 

天文学や医学、数学も発展

孔明もコペルニクスに似ていた

 

後漢代には

様々な科学技術も一気に発展していきました

 

張衡(ちょうこう)という人物は天文学に励み

星座の位置を正確に示す渾天儀や

どの方角で地震が起きたかを知ることができる地動儀を発明したり、

月食のメカニズムを解き明かしたりと大活躍。

 

張仲景(ちょうちゅうけい)という医者は

傷寒という伝染病を研究して

『傷寒論』という医学書を著しました。

 

また、

華佗(かだ)という医者に至っては

麻沸散を使って世界初の全身麻酔を行ったと言います。

 

数学についても

『九章算術』という数学の問題集が編まれており、

その当時の人々も数学に励んでいたことが窺えます。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

こうして漢代の文化を列挙してみると

どれもこれも後世に大きな影響を与えたものばかりですね。

漢王朝がいつまでも

漢民族が誇る王朝として語られ続ける所以が垣間見えます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛孔明も学んだ三国志の天文学とはどんなモノ?

関連記事:これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

 

関連記事

  1. 紀霊
  2. 文帝(前漢)
  3. 司馬遷(しばせん)
  4. 劉邦の息子を補佐する曹参(そうしん)
  5. 袁紹の妃 劉氏

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP