ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

前漢

漢民族の衣装といえばチャイナ服?いえいえ、漢服というものがあるのです

袁紹の妃 劉氏


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁紹の妃 劉氏

 

皆さんは中国人といえば

どのような服を着ているイメージを持っているでしょうか?

 

テレビアニメなどに登場する

ステレオタイプの中国人は

皆チャイナ服を着ているので、

多くの人が昔の中国人は皆チャイナ服を着ていたと

思っているのではないでしょうか。

 

しかし、

チャイナ服の歴史は思いの外浅い上、

漢民族の伝統的服装ではありません。

実は、

漢民族には「漢服(かんぷく)」という

数千年の歴史を誇る立派な衣装があるのです。

 

今回は漢民族の伝統装束である

「漢服」についてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国時代のトレンドファッションは?

関連記事:思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着

 


 

襟があるのが漢服の特徴

 

漢服の最大の特徴は襟があることです

襟があるというのは、

日本の伝統衣装である着物と同じ特徴ですね。

また、帯で締めるという点もそっくりです。

きっと日本の着物は

漢服の影響を大きく受けているのでしょうね。

 

漢服は基本的に麻や絹で作られており、

さらさらとした肌触りが心地良い衣装で、

やはり着物のように風通しの良い作りになっています。

 

そのため、

温暖湿潤な気候に住む漢民族にとっては

うってつけの服装であると言えるでしょう。

 


 

漢代には動きやすい服装が好まれるように

 

人々が服飾に気を遣うようになった周代頃からは

十二単のように何枚も重ね着をする深衣というものが

男女問わず着られていたのですが、

漢代にはアクティブな大丈夫が着るには

不都合が生じるということで

男性たちには動きやすい軽装が好まれるようになりました。

 

下着を身につけた上に

1枚だけ袍(上衣)を着るという

スタイルが一般的だったのですが、

やはり身分やTPOに応じて

様々な服装を使い分けていたようです。

 

身分が高い男性は丈の長い袍と袴を着て歩いていました。

長い袍は「長袍」と呼ばれ、

裾がカーブを描いている「曲裾」と

日本の着物のように裾がまっすぐな「直裾」の

2種類があったようです。

 

はじめは「曲裾」の方が

フォーマルスタイルとされていたのですが、

次第に「直裾」が主流となり、

「曲裾」を着る人の方が珍しくなっていきました。

 

一方、

身分の低い人たちは

短い袍と長い袴を着るのが一般的でした。

 

女性については

相変わらず深衣が着られるのが

一般的だったようですが、

袿衣と裙(スカート)を身につけることもあったようです。


 

魏晋南北朝時代にはゆったりとした服装が流行

 

魏晋南北朝時代は

多くの王朝が乱立して

乱れに乱れていたのですが、

一応中国全土で貴族文化が流行っていた時代だったということで

男女共にゆったりとした余裕のある服装が好まれていたようです。

 

ただ、

北方では異民族の影響を受けた

カッチリしたタイプの服も着られていたみたいですね。


  

 

 

唐代には胡服と呼ばれる服を着るように

 

唐代にはイランやトルコなど

西方の異民族が着ていた

ちょっぴり派手目の胡服が大流行。

男性は階級によって

様々な色の袍服を着ていたそうな。

 

男性の服もなかなか華やかだったようですが、

女性は更に色とりどりの

きらびやかな衣装に身を包んで

おしゃれを楽しんでいたようです。

 

女性の間では襦裙という

大正時代の女学生を思わせる

装いが流行っていたのですが、

けっこう露出が激しいものもあったそうな…。

ちょっと目のやり場に困っちゃいますよね。

 

派手なイメージの唐代ですが、

庶民については

白や黒の服を身につけることが一般的だったようです。

服を染めるのは

やっぱり上流階級の特権だったのでしょうか。

 

宋代以降は再びゆったりした服装が流行

 

宋代には袖口が広くて丸首なのが特徴的な

襴衫という服が

普段着として着られるようになりました。

 

女性については

様々な種類の袖の服やスカート、ズボンを

その日の気分で組み合わせて

おめかしをしていた様子。

 

きっと当時の女性たちは

今の女性たちに負けず劣らず

おしゃれさんだったことでしょう。

 

ただ、

働く庶民については

職業ごとに服装が厳しく定められていたらしく

おしゃれなんて贅沢なことはできなかったようです。

 

清代になって漢服が廃れた

 

人々の間で長い間着られていた漢服ですが、

ついにその歴史が途絶えるときが来てしまいます

 

満州族の清王朝が明王朝に取って代わり、

漢服ではなく満州服を着ることが

義務付けられてしまったのです。

 

それでも

多くの人々は漢服の着用を続けていたようですが、

時が経つにつれて漢服を着る人は少なくなっていきました。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

多くの人が中国人の伝統衣装だと思っている

チャイナドレスは実は満州族の服。

漢民族の民族衣装である漢服は

清代にはほとんど見られなくなってしまっていたのです。

 

しかし、

最近では漢服復興運動なんかも起こったのだとか。

漢民族の伝統と誇りが詰まった漢服文化が

日本の着物文化のように脈々と続いていけば良いですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 李広利 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介
  2. 孔明もコペルニクスに似ていた 中国文化の黎明!漢王朝が誇る文化を一挙ご紹介
  3. 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える
  4. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人…
  5. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由…
  6. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国 漢代のシルクロードではどんなお宝が行き来してた?シルクロードは誰…
  7. 紀霊 漢民族とはどんな人たち?そのルーツに迫る!
  8. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 土いじりをする劉備
  2. 月刊はじめての三国志 2019年1月号 司馬家
  3. 「宋」の国旗をバックとした兵士
  4. 劉禅と董允
  5. 服部半蔵
  6. 織田信長
  7. 北条早雲
  8. 司馬昭
  9. 南蛮胴を身に着けた織田信長

おすすめ記事

  1. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!! 宦官の趙高
  2. 平野国臣の名歌「わしは桜島より熱かばってん」の意味とは?
  3. 曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは? ツンデレ曹丕
  4. 朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元寇合戦記の主人公に迫る
  5. まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ 蒟蒻問答 孔明と張飛
  6. 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操 藏覇(臧覇)と曹操

三國志雑学

  1. 曹操様お守りします
  2. 蒼天航路
  3. 張飛にお酒はだめだよ
  4. 酔っ払う関羽
  5. 趙姫


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 徳川慶喜(幕末)
  2. 実は頭がイイ賢い張飛
  3. 呉お正月企画、お酒にまつわる逸話07 孫権
  4. 東京五輪のボランティア いだてん

おすすめ記事

三国志演義が今どき嫌われる理由 王騎 キングダム 【キングダム】王騎は実在する将軍?その偉大な功績とは? 曹操は関羽をGET ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた! 劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習 天下三分の計 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント? 海上での戦い11 田豫 儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏 張遼・楽進・李典 【魏の名将五人衆】 五大将軍に数えられる武将たち 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP