呂布特集
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

袁術くんの成長日記

第17話:袁術くん「メタ認知」を荀彧から学ぶ

爽やかな荀彧




怒る袁術

 

「どうしても同じミスを繰り返してしまう」、「わかっているのについ余計な一言を言って怒りを買う」という傾向が強いのであれば、低い「メタ認知」が原因かもしれません。

 

この記事を読み終わる頃には、あなたは人生をポジティブに歩むことができる方法をひとつ手に入れています!

 

※このお話は、三国志に登場する袁術(公路)が、21世紀のビジネスシーンで支持されている様々な「自己啓発」のやり方を学び、実践していく物語になっています。やや、21世紀風のセリフ回しになっている部分はご了承ください。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:第1話:袁術くん、ポジティブになるために「リフレ―ミング」を学ぶ

関連記事: 第2話:袁術くん、将来に希望を持つために「自己肯定感」を高める

 

 

袁術くん、荀彧から献帝擁護の提案を受ける

爽やかな荀彧

 

袁術くんは、四世に渡り三公を輩出したという超超名門である汝南袁氏に生まれました。

父の袁逢は三公の中の司空に就いたことがありましたが、すでに病没し、この世を去っています。

 

新たな拠点、揚州の寿春で再出発した袁術くんは、陶謙の遺志を継いで徐州の牧となった劉備と手を結び、袁紹曹操劉表らと対抗することになりました。

 

そんな最中に袁術くんと同じく豫州出身の荀彧が寿春を訪れました。現在の荀彧は戦乱を避けるため豫州潁川を離れ、曹操のもとに身を寄せています。曹操は「わしの子房(高祖の軍師張良の字)だ」と喜んで重用していると聞いていました。

 

「左将軍様(袁術)、ご無沙汰しております。潁川の荀文若(文若は荀彧の字)でございます」

 

「ずいぶんと時を経たけど、若々しさは変わらないね。孟徳(曹操の字)は、呂布殿との激戦を繰り広げているとか。キミも心労が絶えないだろうに」

 

「兗州牧様(曹操)は、不義を見過ごせぬ御方。徐州を攻めたのも、陶謙の野心を見抜いたからです。養父を殺し、州を奪おうとした呂布も同様。しかし、そちらはひと段落しました」

 

「決着がついたということかな」

 

「ええ。兗州より呂布勢は完全に撤退しました。今は徐州の劉備に匿われている状態です」

 

「あの呂布殿が敗れたか。しかし呂布殿と劉備殿が結託したとなると、さらに孟徳は手こずることになりますね」

 

「そちらはもはやさほどの脅威も感じておりません。問題は西です」

 

「西? 東の次は西とは、孟徳は相変わらず忙しい男だな」

 

「帝が長安を脱出いたしました。現在は洛陽を目指しております。李傕らは執拗に追撃している様子。ここは左将軍様の御出陣の出番かと」

 

「帝を救出する兵を送るということですか? 以前、同じように朝廷の指示で兗州刺史に任命された金尚殿に援軍を出したところ、孟徳から奇襲を受け、その隙に背後から劉表殿に南陽を獲られた苦い経験があるからな……」

 

「あれは、兗州牧様の領地に侵攻されたから防衛したまでのこと。そもそもあの策略は冀州牧様(袁紹)のご提案です」

 

「しかし、そうは言われても、同じ失態は繰り返したくないし」

 

「左将軍様、メタ認知をもっと高くお持ちになられるべきです」

 

「メタ認知? 何ですかそれは、ぜひくわしくお聞きしたい」

 

 

メタ認知とは?

袁術

 

「メタ認知とは、高い位置から自分を見つめることのできるもうひとりの客観的な自分の認知のことです。日頃の認知活動を、さらに冷静にかつ的確に認知するのです」

 

「いかに客観的に自分を見つめることができるのかということですか」

 

「いかにも。高いメタ認知によって、人間関係は良好になり、目標をいかに達成するべきかという計画性の精度も上がります。環境へ順応することにも効果的です

 

「どうしてですか?」

 

「客観的に自分を見つめることができるので、自分が相手にどう思われているのか、どう接していくのがいいのか、適度な距離感はどれくらいなのかの判断が適切にできるようになります。自分の能力も的確に見ることができますから、どのようなミスが起こるのかを予測し、どのような計画が無理のないものなのか設定することができるのです」

 

「なるほど……」

 

メタ認知が低いと、協調性に乏しくなります。自分が正しいと思い込み、周囲の空気も読めなくなるのです。その場の感情を相手にぶつけることにもなりますので、人間関係も悪化していきます」

 

「客観的に自分を見つめることで、僕の行動は何か変わるのかな……」

 

「左将軍様、今、最も大切なことはなんでしょうか?」

 

「そうですね。とりあえずこの地に住むことに慣れることかな」

 

「左将軍様のお役目は? この天下の荒廃ぶりを見て何もお感じになられないのか」

 

「いや、それはもちろん気にはなっていますよ」

 

「そのためには朝廷を正常に戻すことが大事。それが左将軍様にとって最も大切なお役目ではないでしょうか」

 

「確かにそうですが…… メタ認知はどうすれば高めていくことができるのですか?」

 

 

メタ認知を鍛える方法

袁術

 

「メタ認知はセルフモニタリングによって鍛えることができます。セルフモニタリングとは自分自身を見つめ直すことです。なぜ自分はそう思うのか、なぜそんな言動をとったのか、その理由を自分に問いかけるのです」

 

「帝の救出が大事なことはわかっているのですが、孟徳が信じられない。僕が洛陽に向けて兵を出している間に、この寿春を攻めてくるとも限らない」

 

「なぜそのように思われるのですか?」

 

「孟徳は本初(袁紹の字)と結んでいるからだろう。本初は僕の勢力が大きくなることを嫌がっているからね」

 

「大切なのは、兗州牧様と対立を続けることではなく、帝を窮地からお救いすること。そうであれば、兗州牧様と手を組むのがよろしい」

 

「え? そんなことが可能なの? 本初との関係はどうするの?」

 

「冀州牧様との関係は長くは続きません。いずれ真っ向から激突するのは明らかです。冀州牧様は北の公孫瓚を倒し、河北を平定したら間違いなく南下して中原を制圧しようとするでしょう。その暁には現在の帝を廃し、新たな帝を擁立して傀儡化する腹積もり。それを阻止することができるのは、兗州牧様と左将軍様が手を取りあい、帝を擁護することではないでしょうか」

 

「そこまで考えたことはなかったな。荀彧殿はメタ認知が高い。何か工夫していることはあるのですか?」

 

「私は毎日、日記をつけるようにしています。自分の言動や思いについて記しているのです。そしてその理由を改めて自分に問いかけ、改善策を練ります。ミスについても同様です。それで自分のミスのパターンは把握することができ、どう対処すべきなのか、迅速に判断できるようになりました」

 

「なるほど、改善策や対処方法も記していくのですね」

 

メタ認知を鍛えるためには、モニタリングと併せて、自分をコントロールすることが大切です」

 

 

まとめ

メタ認知について学ぶ袁術

 

「わかりました。帝を救出する兵を出しましょう。萇奴に一万の兵を率いさせ、洛陽に向かわせます」

 

「左将軍様ありがとうございます! 兗州牧様は、曹洪殿に兵を率いさせ、洛陽に向かう予定です。両軍が合わされば、李傕など恐れるほどのこともありません」

 

「して、帝を救出したとして、洛陽は焼け野原。どこにお迎えする気なのですか?」

 

「私たちの故郷、豫州がよろしいのではないかと考えております。左将軍様の揚州とも接しており、兗州とも接しておりますので、何かと便利ではないでしょうか」

 

「なるほど。それはいい考えですね」

 

 

結論

 

・メタ認知とは

  • 自分を客観的に見つめること。認知を認知する。
  • 高いメタ認知によって、その場の状況に合せた的確な判断ができるようになる。

 

・メタ認知の鍛え方

  • 自分の言動や思いを振り返り(セルフモニタリング)、その理由を見つける。
  • 日記をつけて自分のミスのパターンを把握し、その対処法も記す。

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 袁術 第1話:袁術くん、ポジティブになるために「リフレ―ミング」を学ぶ…
  2. 袁術 第11話:袁術くん「ミスコミュニケーション」の対策を劉表から学ふ…
  3. 美化された袁紹に羨む袁術 第20話:袁術くん「やりたいことをして生きていく」について袁紹か…
  4. 劉備を僻む袁術 第16話:袁術くん「マインドフルネス」を劉備から学ぶ
  5. 袁術をからかう呂布 第14話:袁術くん「ネガティブ思考のメリット」を呂布から学ぶ
  6. 袁術 第10話:袁術くん「リーダーシップ」の高め方を学ぶ
  7. 袁術 第2話:袁術くん、将来に希望を持つために「自己肯定感」を高める
  8. 第6話:袁術くん「自己効力感」の高め方を学ぶ

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 合肥の戦いの満寵
  2. 嫪毐(ろうあい)
  3. ツンデレ曹丕
  4. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  5. 仲の悪い魏延と楊儀
  6. ホウ徳(龐徳)
  7. 王翦
  8. はじめての三国志 画像準備中
  9. 曹昂(曹昴)

おすすめ記事

  1. 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの? 馬車
  2. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介! 法正が亡くなり悲しむ劉備
  3. はじめての三国志 facebook はじめました。
  4. 曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ 于禁、曹操、青州兵
  5. 秦王政の疑心を見抜いていた二人の人物:尉繚と王翦 嬴政(始皇帝)
  6. 今川義元はどんな性格をしていたの?今川義元の生い立ちなどから考察 今川義元

三國志雑学

  1. 2つの持論を展開する費禕
  2. 玄宗皇帝
  3. 袁家をイジメる董卓
  4. 周瑜はナルシスト
  5. 君たちはどう生きるか?劉禅


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 船酔いする曹操
  2. 董卓
  3. 平野国臣
  4. 魏の文官・李孚(りふ)
  5. 袁術祭り

おすすめ記事

32話:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示 幻の1940年の東京五輪 いだてん 2020年東京オリンピックと物流問題は改善できるのか? 宦官の趙高(キングダム) 宦官手術の死亡率が気になる!宦官になれる手術方法とは? 曹昂(曹昴) 【宛城の戦いIF】もしも曹昂が生きていたらどんな影響があったの? はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第11部 関羽もメロメロ(死語)武神の心を掴んだ杜夫人は人妻! 曹丕に進言をする劉曄 後漢王朝の王族・劉曄の若かりし頃はどのような人物だったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP