ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁紹の評価が残念な6つの理由

後継者を決めずにダラダラする袁紹


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

官渡の戦い曹操(そうそう)に敗戦する前まで、

天下に一番近かった男、袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)

しかし、彼の人気は、曹操はおろか、劉備(りゅうび)孫権(そんけん)にさえ劣り、

事によってはB級群雄の扱いを受けかねない低評価です。

では、どうして、袁紹の人気は低いのでしょうか?他の群雄と比較して、

その人気の低さの原因に迫ってみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?


1 現ボンボンという出自の不人気

 

袁紹は、四世三公の名門、汝南袁氏の御曹司です。

つまり現在進行形の大金持ちであり、それは十分にイヤミだと言えます。

例えば曹操は、金持ちですけど、宦官の孫というコンプレックスがあります。

 

劉備は中山靖王の子孫ですが、現在は貧乏な筵売り設定、

呂布(りょふ)は孤児に近い状態から、這いあがってきた

ハングリーさという武器があり、元は海運業者の孫堅(そんけん)も、

武勲を重ねて這いあがってきたという読者を納得させる

サクセスストーリーがしっかり用意されています。

 

同様に金持ちの袁術(えんじゅつ)ですが、

彼は、この頃から袁紹に人望で負けていて、誹謗中傷をして

何とかプライドを保つというギャグキャラであり、

お金と地位があるだけで、実力が無いボンボンという

バカにしやすさが、読者人気にプラスに作用しています。

 

こうして、考えると袁紹は、地位も金も実力もそこそこ兼ね備えた

中途半端さがあり、そこが不人気なのです。


2 軍師のアドバイスを無にする

 

袁紹の不人気の大部分は、彼が田豊(でんぽう)沮授(そじゅ)という

二大軍師の助言を、天下分け目の官渡の戦いでことごとく無視している点です。

別に英雄でなくても、人の話を聞かないヤツは不人気ですが、

それを天下分け目の戦いでやってしまう点に袁紹の不幸があります。

 

もっとも、袁紹に限らず、呂布軍師陳宮(ちんきゅう)

曹操の軍師郭嘉(かくか)劉備の軍師、諸葛亮(しょかつりょう)

助言を無視された事がありますが、、

 

例えば、呂布陳宮の助言を無視しまくり、ついには陳宮

反乱計画を立てられても、陳宮を殺す事も排除する事もなく側に置いています。

陳宮もわがままで自分勝手な呂布から離脱する事なく

「やっぱ好きやねん」で最期まで付き従う、ここまで行けば美談でしょう。

 

 

曹操の場合には、郭嘉の死後、その遺言を無視して孫権を攻めて大敗しますが

当の郭嘉が死んでいる事と、曹操が郭嘉の遺言を偲んでみせる事で

軍師の助言を無視したというマイナスが上手く美化されています。

劉備は最たるケースでしょう、群臣の反対を押し切り、

無謀にも、関羽(かんう)の仇討ちという私情で呉を攻めて大敗しますが、

それは止むに止まれぬ義兄弟の情として回収されます。

 

ところが、袁紹は、田豊を戦いの方針の違いから投獄した上に、

官渡の敗戦の後は、田豊が袁紹の敗戦を嘲笑っているという

逢紀(ほうき)の讒言を信じて殺してしまっています。

 

軍師の助言を無視した上に投獄し、

さらには嘲笑われているという讒言を信じ殺してしまうという

人間の小ささは致命的で、これではメジャーな英雄にはなれません。

 

―熱き『キングダム』の原点がココに―

 

3 目をつけた人材に逃げられている

 

英雄の条件は、やっぱりヘッドハンティングの100%ぶりでしょう。

狙いをつけた軍師に誠心誠意を込めて通い詰めて落したり、

電光石火のフィーリングで登用したりというのは、その軍師が

有能であればある程に際立つエピソードになっていくのです。

曹操と郭嘉、荀彧(じゅんいく)、劉備と諸葛亮などは双方の出会いが、

運命までも変えていく劇的な演出がされています。

 

逆に、軍師に逃げられるのは最低のカッコ悪さでしょう。

袁紹は、曹操軍の二枚看板、郭嘉と荀彧に逃げられているようです。

しかもどちらも、袁紹は人物が小さいという理由で断ると言う最悪ぶり、

さらには、有名軍師である田豊沮授との出会いのエピソードもなく

三顧の礼はおろか、曹操と郭嘉や荀彧との出会いに比較しても

内容が乏しいというのがマイナスに作用しています。

 

4 暗君に共通する優柔不断が目立つ・・

 

英雄に全く適さない資質があります、それは優柔不断です。

これは、凡君や暗君に共通の資質であり、劉禅(りゅうぜん)

劉表(りゅうひょう)劉璋(りゅうしょう)何進(かしん)等、

滅びた君主や群雄が共通して持っているマイナス要素です。

 

曹操や劉備に比較して、袁紹には優柔不断が付きまといます。

特に、官渡決戦では、前哨戦で劉備による曹操領内での後方撹乱に

乗じる事が出来なかったり、烏巣襲撃の報を受けても、

全力で烏巣を救援するという判断が出来ず、郭図(かくと)と

張郃(ちょうこう)の進言を両方採用し、足して2で割るなど

最悪の優柔不断ぶりを示して勝利を失いました。

 

また、献帝を迎えるべしという沮授の意見を受け入れなかった癖に

曹操に先を越されると後悔し、自領に近い場所に献帝の居所を移せと

要求するなど未練がましい対応をしています。

 

これは、逃げる時には全てを捨て、妻子まで捨てて逃げるという

思い切った?決断をする劉備や、献帝を擁立するように進言されると、

即座に決断して曹洪の軍を送る決断力に富む曹操、

地位に恋々とせず、己の実力一本を頼りに群雄を渡り歩く呂布、

匡亭の戦いで大コケして本拠地の南陽を失うも、全てを捨てて

揚州まで落ち延び、そこで、寿春を陥れる事で返り咲くという

しぶとい所を見せた袁術に比較しても、人物が小さく見えてきます。


5 死に方が地味

 

英雄の要素で外せないのは、派手な最期です。

戦国時代で言えば、織田信長の本能寺の変ですね。

信頼していた明智光秀に裏切られるや、僅かな手勢で出来る限りの抵抗をし、

最期には「是非に及ばず」で寺に火を放ち、壮絶な死を遂げます。

 

これは最高にカッコよい死に際であり、部下に叛かれたり、

猜疑心に囚われ、些細な罪で部下を処罰したりする晩年のマイナス面を

吹き飛ばしてしまいます。

 

しかし、袁紹を見てみると、死んだのは官渡の戦いの時ではありません。

それから二年後、敗戦を気に病んで血を吐き、地味に病死します。

つまり鮮烈な最期を見せてはいないのです。

 

逆に、死に際で大きくマイナスを解消しているのは劉備であり、

蜀漢の今後を大きく左右する大敗戦ながら、病床に臥しては素直に反省し、

孔明に出来の悪い劉禅と国の命運を託して大往生するという

感動のフィナーレを生みだしているのです。

 

劉備の場合には、貧しい筵売りが天下の一角を占めたという

スポ根エピソードも大往生にオーバーラップしてきます。

大敗戦とはいえ、筵売りから這い上がったと考えれば、

それは、十分に報われた人生になるでしょう。

 

人生の最期が悲惨なのは、同族の袁術も同じですが、

彼の場合は、すべてを失い無一文という突っ込みようが無いほどの

哀れさを滲ませている上に、フィナーレの一歩手前の、

「は・・はちみつ水飲みたい」という伝説の発言のせいで、

全てがギャグになってしまいます。

 

そうなると、何だコイツ、ハチャメチャで面白いヤツじゃんとなり

逆の意味で知名度が出てくるわけです。

 

もし、袁紹が官渡の戦いで進退極まり、界橋の戦いで示したような

個人的な武勇を振って戦死したなら、袁家にとっては不幸ですが、

その人気は多少上昇したでしょうね。

 

関連記事:劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?

関連記事:韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将

 

6 後継者を決められない

 

これは失敗する群雄の典型例と言えます。

自分の後継者を決められない、或いは決める前に亡くなってしまう。

結果、後継者と目された勢力同士が反目し、最期には内戦になり、

全体的に勢力が弱体化するわけです。

 

同様の事態には、曹操も陥りかけましたが、渋々ながら曹丕(そうひ)を指名し

内乱を阻止できましたし、劉備は後継者を劉禅と決めてブレず、

孔明(こうめい)も忠実に劉禅を補佐し続け後継者争いとは無縁です。

 

孫権は三国の一角で、曹操や劉備に大きく離されながらも、

№3の人気ですが、彼も晩年には判断力が低下し、二宮の変を引き起こし

陸遜(りくそん)をはじめとする数多の名臣を殺している事で

マイナスポイントを記録してしまっています。

 

このような意味で、袁紹はどんな考えがあったにせよ、

後継者を決められなかった点でマイナス評価は避けられないでしょう。


  

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

このように袁紹は、部下の進言を聞かない、後継者を決められない。

死に方が地味、優柔不断、金持ち出身、人材に逃げられるという

マイナス面が目に付き、美点が覆いかぶされています。

それが、曹操に準ずるような業績を上げながら、その人気が振るわない

大きな原因だと言えるでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?

関連記事:官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?

 

-古代中国の暮らしぶりがよくわかる-

 


 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 董卓 董卓はやり手な覇王だった?あの始皇帝も恐れていた匈奴・羌族との深…
  2. 袁術と孫策 孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの?
  3. 黄月英 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介
  4. 後悔する孫権 孫権老害!魏は曹叡の代で潰れるとドヤって大失敗
  5. 龐統 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴
  6. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬…
  7. 費禕 費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう
  8. 赤壁の戦い 赤壁の戦いの時の兵力って曹操軍と連合軍でどれぐらい差があったの?…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. Himalaya logo引用
  2. 関帝廟 関羽
  3. 大山巌
  4. 司馬昭と司馬師
  5. 鮑三娘(関索の妻)
  6. 落書きをする宋江(水滸伝の主人公)
  7. 小帝(少帝劉弁)と董卓

おすすめ記事

  1. 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】 キングダム45
  2. 織田信長のお墓は一体どこにある?高野山「奥の院」と京都「阿弥陀寺」を紹介 馬に乗って戦う若き織田信長
  3. 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介 黄月英
  4. 白馬の王子がいっぱい?三国志女さらい列伝 曹操&袁紹花嫁泥棒
  5. 黒山賊の首領張燕が独立しなかった理由は? 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3
  6. 【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康!

三國志雑学

  1. スーパーDr華佗
  2. 呉懿と孔明
  3. 皇帝に就任した曹丕
  4. 劉備と公孫瓚


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖
  2. 孔明と司馬懿
  3. 袁術君
  4. 徐晃と許チョと曹操

おすすめ記事

織田信長 織田信長の功績はつまるところ何なの?信長の3つの功績を紹介 関羽 【三国志裏話】徐晃は関羽から尊敬されていたってホント!? そんろは 孫魯班 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題 酒を飲む曹操、劉備、孫権 漢王朝とはどんな王朝?「あの頃は良かった」と人々に言わしめた漢王朝 三国志時代のひざまくら 【シミルボン】ドキッ!全員男!三国志の時代にあった男同士のひざまくら 九品官人法を作った陳羣 九品官人法(きゅうひんかんじんほう)は悪法?どうして曹丕は採用したの? おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP