ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
馬超


はじめての三国志

menu

列子

【列子】どうしてオバチャンはいつも幸せそうなのか?恥も自意識もない生き方とは?

石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)

 

若い人は大変です。

いつも理想があり、努力しています。

力が伴わなくて焦り悩むこともあれば、理想的な振る舞いをするために大切な何かを失うこともあります。

若くて未来があり美しい彼らが傷だらけで悩んでいる一方で、若さも未来も美しさも50%offのオバチャン(※)が毎日とても幸せそうに笑っていることを不思議に思ったことはないでしょうか。

その謎を解く鍵が、道教の思想書『列子(れっし)』の中にあるようです。

 

※本稿におけるオバチャンとは筆者よかミカンを基準とし、それに類似した中年女性群のことを指した言葉であり、中年女性全般のことを指しているわけではありません。

 

関連記事:【キングダムを更に楽しむ】六国で秦を倒せるような国はあったの?

関連記事:【キングダムで話題】戦国七雄の神武将7人を紹介

 


 

列子の修行過程を人間の成長過程になぞらえてみる

 

『列子』の黄帝篇に、列子こと列禦寇(れつぎょこう)先生が無我の境地に至るまでを述べた箇所があります。

思うに、いつも笑顔のオバチャンは無我の境地に達しているから悩みがないのではないでしょうか。

まずは列禦寇(れつぎょこう)先生の体験談を伺ってみましょう。

 

わしがお師匠から学んだことを話してやろう。

わしがお師匠の老商氏に仕え、伯高子を友としてつきあいはじめてから、三年後には、どうやら心に是非(よしあし)を考えず、口に利害(そんとく)を説かなくなった。

そのとき初めて先生はちらっと一目見てくださるようになった。

 

五歳くらいまでの子供は傍若無人です。

すこし成長してくると、自己中心的な考え方ではいけないな、と思うようになります。

このあたりが「心に是非(よしあし)を考えず、口に利害(そんとく)を説かなくなった」という境地でしょう。

 


 

「あら高いわねぇ。まけてくださらない?」

 

若いうちは、心の中ではこうしたいということがあっても、空気を読んで我慢してしまうことが多いのではないでしょうか。

オバチャンになってくると、なんにも気負わずに、要望は素直に口に出せるようになってきます。

列禦寇(れつぎょこう)先生の修行過程のこのあたりです。

 

五年後には、こんどは以前とは違って、ごくしぜんに心は是非を考え、口は利害を説くようになった。

するとそのとき初めて先生はようやく顔をほころばせてニッコリお笑いになった。

 


 

絶対に菜々緒さんのように格好良くなることはない

 

オバチャンになってくると、このさき自分がモデルの菜々緒さんのように格好良くもならなければ五輪の金メダリストにもならないということが分かってくるので、なんにも無理をしなくなります。

分に甘んじるため、挫折もなく、常に心が満ち足りています。

満ち足りているので、是非も利害も眼中にありません。

列禦寇(れつぎょこう)先生の修行における下記の段階です。

 

また七年後には、心の思うがままにまかせても、ぜんぜん是非を考えなくなり、口のいうがままにまかせても、さらさら利害などは説かなくなった。

すると先生はこのとき初めてわたしをへやに呼び入れて同席させてくださるようになった。

 


  

 

 

無我の境地

 

いよいよ列禦寇(れつぎょこう)先生の修行の最終段階です。

 

さらに九年後には、心の考えたいほうだいに何を考えても、口の言いたいほうだいに何を言っても、それが自分にとって(よい)(わるい)(とく)(そん)かも意識しなくなり、先生が自分の師であるとか、かの人が自分の友であるとかも意識しなくなり、また内だとか外だとか自分とか他人とかいって差別する意識もすっかりなくなってしまった。

 

もはや自分と他人との区別もつかない状態に。

オバチャンってほんと、やりたい放題ですよね。自分が他人からどう見えているかとか気にしない。

 

そうなってこそはじめて、〔この身は宇宙と一体となって、〕眼はまるで耳のように、耳はまるで鼻のように、鼻はまるで口のようになって、一切の区別はなくなってしまい、五官の機能(はたらき)はすべてが一体となって自由自在となるのだ。

すなわち心のうごきはシーンと静まり、体のこだわりはことごとくほぐれ、骨も肉もすっかりとけあって渾然一体、身の()りどころも足の踏み場もいっさい意識しなくなり、まるで木の葉か乾いたもみがらのように、風の吹くまま東に西にとさすらい、ついには風が自分に乗っているのか、自分が風に乗っているのかもぜんぜん意識しない心境に達したのだ。

 

これがオバチャンの幸せの秘訣ではないでしょうか。

世界と対峙する自我というものがないので、何も恥ずかしくないし、不安もありません。

オバチャンは大いなる宇宙の一部として安心しきっているのです。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンさん

 

つつましやかな自意識を持ち、日々努力を欠かさず、菜々緒さんに勝るとも劣らぬ輝きを放ち、これから五輪金メダルは取らなくてもノーベル賞を取る予定の中年女性ももちろん大勢いらっしゃるはずです。

私はもはやそういう人たちとは別次元の生き物ですな。

世界を人体にたとえるとして、自分が目障りなホクロ毛のような存在であっても、ホクロ毛だってまぎれもなく人体の一部でしょ、と思うと嬉しくさえあります。

若い人から見て、日々何も努力せず醜いくせによく平気な顔して生きているな、と思うような中年はけっこういると思うのですが、そういう人たちの中には私のような人がけっこういるのではないかと思います。

そんな生き様は特におすすめもしませんが、卑下もしませんよ!

 

参考文献: 小林勝人訳注 『列子』 岩波文庫 1987年1月29日

※記事の中で引用した文章はこの本によりました。ただし、本の中で「始めて」となっている箇所を「初めて」と書き換えました。

 

関連記事:キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに?

関連記事:これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 幕末 魏呉蜀 書物 『列子』はどんな本?永嘉の乱を生き残った奇書
  2. 毛沢東(もうたくとう) 【列子】愚公山を移す 中国語の教科書にも載っているいわくつきの説…
  3. 生姜を買ってくる左慈と曹操 『列子』でわかる!三国志の左慈が物理法則を超えられる理由
  4. 朝三暮四の出典は「荘子」と「列子」でも意味は微妙に違う
  5. 程普 【列子】信念があればなんでもできる?火に飛び込んでも無傷な人の話…
  6. 劉備を警戒する王粲 「男尊女卑」と「疑心暗鬼」の出典は『列子』?
  7. 袁術 「杞憂」の出典は『列子』意外に長くてちょっぴり哲学
  8. 道具を輸送する民人 【列子】道教の「道」とは?道に身をゆだねれば安らぐかもしれない話…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 李典
  2. 曹叡
  3. 大喬
  4. キングダム
  5. 茶を楽しむ劉備

おすすめ記事

  1. 韓当(かんとう)ってどんな人?程普と共に呉を支え続けた呉の勇将 韓当(かんとう)
  2. 袁紹の死因はメンタルの弱さにあった?河北の支配者・袁紹の死因を考察 亡くなる袁紹
  3. 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!
  4. 110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備 関羽が殺されキレる劉備
  5. 軍神上杉謙信をコテンパン!謎の軍師白井入道 上杉謙信
  6. 錦馬超には仲間と呼べる人達がいたの? ホウ徳、馬超

三國志雑学

  1. 賈詡
  2. 孔明君のジャングル探検
  3. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  4. 袁紹にお茶を渡す顔良
  5. 晋の陳寿


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 馬にまたがって戦う明智光秀
  2. 楊貴妃
  3. 棗祇(そうし)食料・兵糧担当
  4. 魏曹操と魏軍と呉軍
  5. 胡烈
  6. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備

おすすめ記事

姜維の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行 陸抗 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 2 曹沖が亡くなり悲しむ曹操 冥婚(めいこん)とは何?中国や三国志の時代に亡くなった人と結婚してた? 陳平 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選 一騎当千 Animation Art Works Ⅱ 呂蒙 引用 眼帯は誰のもの?『一騎当千』で夏侯惇だけでなく呂蒙にも眼帯が付けられている件 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/26】 孔明 127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP