キングダム
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

いだてん

2020年東京五輪の猛暑対策は?なぜ7月・8月の開催にこだわる?

日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん




マラソン日本代表として走る中村勘九郎 いだてん

 

2020年の東京五輪の開催が迫っています。2019年に1964年の東京五輪を題材にした大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』が放送されます。1964年のオリンピックは10月10日に開会式が行われました。後に祝日で体育の日となりましたが、現在はハッピーマンデーで10月の第二月曜日になっています。

 

気象庁のホームページによれば、1964年の7月と8月の気温は30度前後で、70%以上の湿度であることから熱中症になりやすい環境でした。2018年については夏の気温が35度を超える日があり、70%以上の湿度です。毎年夏になると、熱中症で死亡する人がいます。ニュースで適切に冷房を使うことや水分を補給することで熱中症の予防を呼びかけています。

 

関連記事:【東京オリンピック2020】残された問題と課題とは?

関連記事:田畑政治の出身地はどこ?東京オリンピックのキーマンの出身地について

 

 

なぜ7月・8月の東京五輪の開催にこだわるのか?

猛暑に苦戦している観客達 いだてん

 

2020年の東京オリンピックは7月24日に開幕し、8月9日に閉会することが決まっています。この時期は本当に暑い時期で、外に少し出かけるだけで汗が噴き出し、倒れそうになります。

 

1964年の東京オリンピック、1968年のメキシコオリンピック、1988年のソウルオリンピックについては暑さを考慮して秋に開催されています。前例があるから7月・8月の開催にこだわる必要がないと思う読者がいるかもしれません。

 

オリンピックの開催時期を7月・8月あたりに集中させるようになった要因として夏休みが挙げられます。7月・8月は欧米の夏休みで、1ヶ月から2ヶ月の間でまとめて休みをとります。

 

猛暑を考慮して開催時期を10月にずらす意見が出ていますが、10月に開催時期をずらすと欧米の人が休みを取りにくくなると考えられます。IOC(国際オリンピック委員会)は欧米の人が休みを取りにくいために訪日外国人が減り、収入が落ち込む可能性があるため、7月・8月の開催にこだわっていると考えられます。

 

 

2020年の東京五輪の暑さ対策とは?

日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん

 

これまでの東京オリンピックにおける暑さ対策を取り上げます。10月に開催時期をずらすことは可能性としてほとんどなくなりました。

 

暑さ対策として競技の開催時間を早朝と夕刻以降にずらすことが議論されています。具体的には、男子・女子ともにマラソンの競技時間は午前4時頃スタートで、午前10時までに終えるという対策をとることで決着しそうです。マラソン以外では、トライアスロンや屋外の水泳競技も正午までに終わらせる対策を検討しているようです。

 

猛暑対策として開催時間をずらすこと以外の対策として次のようなことが挙げられます。コース周辺には木陰をつくるための街路樹を植えることやミスト散布することが挙げられています。

 

東京五輪ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は東京五輪の猛暑対策について取り上げました。この記事の前半で、IOCが夏季オリンピックの開催時期を7月・8月にこだわる要因を挙げました。

 

欧米の人が夏休みを7月と8月に集中して取るため、開催時期を10月にずらすと訪日外国人が少なくなり、収益が少なくなることを、IOCは懸念していると考えられます。1964年の東京オリンピックと比較して、放映権や収益面で影響が出ないことが分かれば開催時期を秋にずらしてもよいのではと思います。

 

後半では、2020年の東京オリンピックの暑さ対策を取り上げました。マラソンの時間を早朝にすることが検討されていますが、現地時間で早朝に競技をしたオリンピックがあったのか気になります。夏のオリンピックで暑さ対策として早朝または夕方以降に競技を行った事例の有無に注目したいと思います。

 

コース周辺に木陰を作るための街路樹を植えることやミスとの散布などが検討されていますが、読者の中にはこのような暑さ対策で大丈夫なのか心配している読者がいると思います。競技している選手だけでなく、ボランティアなどの大会の運営委員や観客の健康面の問題も心配されます。今後の暑さ対策に関する議論にも注目したいと思います。

 

関連記事:1940年、幻の東京オリンピックとは?なんで中止になったの?

関連記事:2020年の東京オリンピックの課題である暑さ対策とは?

 

【スポーツと共に歩んだ日本近代史】
いだてん

 

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 幻の1940年の東京五輪 いだてん 1940年、幻の東京オリンピックとは?なんで中止になったの?
  2. 田畑政治 いだてん 田畑政治の出身地はどこ?東京オリンピックのキーマンの出身地につい…
  3. 猛暑に苦戦している観客達 いだてん 2020年の東京オリンピックの課題である暑さ対策とは?
  4. 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん 東京オリンピック2020は大学連携とPRで大きく変わる?
  5. オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん 大河ドラマの田畑政治とはどんな人?いだてんの主人公を紹介
  6. 金栗四三 いだてん 金栗四三が箱根駅伝を開催した理由は?
  7. 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん 2020年東京五輪のテロ対策とは?策定された政府のテロ対策計画は…
  8. 金栗四三の足袋 いだてん 金栗四三の足袋から日本初のマラソンシューズが始まった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 城銅雀台
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー

おすすめ記事

  1. 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに敗れる
  2. 民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる
  3. 玉に瑕(きず)!アルハラ暴君・孫権
  4. 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで) 三国志 まとめ
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【10/9〜10/15】
  6. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3 項羽

三國志雑学

  1. 馬良(眉白)
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志
  2. 曹操 詩
  3. 皇帝に就任した曹丕
  4. 蜀の皇帝に即位した劉備

おすすめ記事

楽進 実は楽進は張飛と一騎打ちをしてたってマジ!? 徳川家茂の家系図はすごい?朝廷との融和を実現した家茂の功績とは? 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの? 【キングダム】知ってる?いよいよ楊端和がヤバいらしいよ 錦馬超には仲間と呼べる人達がいたの? 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能! 荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP