法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

全28代!漢王朝の系図をあっさり紹介するよ!

献帝




城銅雀台

 

前漢(ぜんかん)後漢(ごかん)合わせて

400年もの長い間続いた漢王朝(かんおうちょう)

 

もちろん、

その皇帝の数だって伊達ではありません。

その皇帝の数は

徳川15代もびっくりの28代!

 

今回は漢王朝の28代に及ぶ系図を

あっさりと紹介させていただきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:ボク皇帝の子孫です!人の名声を利用する借屍還魂とは?

関連記事:【ホラッチョ劉備】皇帝の子孫は後付け設定だった?

 

 

前漢14代の皇帝たち

劉邦

 

・初代 太祖高帝(たいそこうてい)劉邦(りゅうほう)

言わずと知れた漢の建国者。

田舎者の彼が皇帝にまでなれたのは

良い臣下に恵まれたからに他なりませんが、

そのことは彼自身がよく弁えていました。

英雄はかくあるべき

と理想の皇帝像として人々の胸に焼き付いています。

 

 

・第2代 恵帝(けいてい)劉盈(りゅうえい)

母・呂后(りょこう)によりお飾り皇帝になってしまった劉盈。

呂后の振る舞いに嫌気が差して酒色にふけり、

23歳という若さで崩御してしまいました。

 

 

・第3代 少帝恭(しょうていきょう)劉恭(りゅうきょう)

劉盈と後宮の女性との間にできた子。

しかし、呂后は張皇后(ちょうこうごう)の子であるとするために、

劉恭の生みの母を殺してしまいます。

真実を知った劉恭は呂后を怨みますが、

呂后は復讐を恐れて幽閉して廃位し、

殺してしまったのでした。

 

 

・第4代 少帝弘(しょうていこう)劉弘(りゅうこう)

呂后によって即位させられたものの、

呂后が亡くなり

呂氏一族が粛清されると監禁され、

後に毒殺されてしまいました。

 

文帝(前漢)

 

・第5代 太宗文帝(たいそうぶんてい)劉恒(りゅうこう)

劉邦の四男。

減税をしたり肉刑を廃止したりと

民を慈しむ政治を行い、

自ら質素倹約に努め、

人々に範を示して見せました。

 

景帝(けいてい)は前漢の第6代皇帝

 

 

・第6代 景帝(けいてい)劉啓(りゅうけい)

劉恒と同様に善政を行い、

文景の治と称賛された皇帝。

しかし、肥えた諸侯王の力を

そぎ落とそうとして反感を買い

呉楚七国の乱を起こされてしまいます。

 

武帝は前漢の第7代皇帝

 

 

・第7代 世宗武帝(せそうぶてい)劉徹(りゅうてつ)

泰山で封禅の儀を行い、

儒教を官学にするなどして

漢代絶頂期を迎えた皇帝です。

外征に力を入れすぎて反感を買うも、

酷吏を任用して人々を抑えつけました。

 

 

・第8代 昭帝(しょうてい)・劉弗陵

8歳で即位しましたが

21歳で急病にたおれて崩御してしまいました。

彼の御代には塩と鉄の専売についての議論が

盛んに行われました。

 

 

・第9代 海昏侯廃帝・劉賀(りゅうが)

即位後一ヶ月も経たないうちに

素行不良のため廃位されちゃいました。

 

 

・第10代 中宗宣帝(ちゅうそうせんてい)劉詢(りゅうじゅん)

前漢中興の祖として名高い皇帝です。

信賞必罰の善政を敷きました。

 

 

・第11代 高宗元帝(こうそうげんてい)劉奭(りゅうせき)

法を重んじた父・劉詢とは対照的に

儒教を重んじましたが、理想主義すぎて

国力を衰えさせてしまうことに…。

 

 

・第12代 統宗成帝(とうそうせいてい)・劉驁

宣帝以来力をつけていた

宦官の勢力をそぎ落とすことに成功するも、

後に王莽(おうもう)を生み出す外戚勢力を

拡大させてしまいます。

 

 

・第13代 哀帝(あいてい)劉欣(りゅうきん)

男色にふけり、

寵愛していた董賢(とうけん)

禅譲しようとしちゃった困った皇帝でした。

 

 

・第14代 元宗平帝(げんそうへいてい)・劉衎

わずか9歳で即位させられた傀儡皇帝。

王莽に毒殺されたとか、されなかったとか。

 

後漢14代の皇帝たち

光武帝(劉秀)陰麗華

 

・初代 世祖光武帝(せいそこうぶてい)劉秀(りゅうしゅう)

景帝の子・劉発(りゅうはつ)の末裔。

人民の生活を安定させる政策を打ち出し、

統治機構を整備して

儒教を振興するなど

漢王朝の礎を築き上げました。

 

・第2代 顕宗明帝(けんそうめいてい)劉荘(りゅうそう)

基本的には父・劉秀の政治を受けつぎながら、

西域を中心とする対外政策を積極的に行い、

後漢王朝全盛期を築いた皇帝です。

 

・第3代 粛宗章帝(しゅくそうしょうてい)劉炟(りゅうたつ)

勉強熱心で儒学に明るい皇帝でした。

五経の異同を議論させて

班固(はんこ)に『白虎通義』を編ませるなど、

儒学に大きく貢献したことで有名です。

 

・第4代 穆宗和帝(ぼくそうわてい)劉肇(りゅうちょう)

継母・竇太后(とうこうごう)の一族に

政権を奪われていたものの、

宦官鄭衆(ていしゅう)の力を借りて

実権を取り戻すことに成功した皇帝。

しかし、このことがきっかけで

外戚VS宦官の争いが激化してしまうことに…。

 

・第5代 殤帝(しょうてい)・劉隆

生後100日ほどで即位したものの、

1年ほどで夭折してしまった

中国史上最年少の皇帝。

 

・第6代 恭宗安帝(きょうそうあんてい)・劉祜

天災や異民族の反乱に

相次いで見舞われ、

散々な目に遭った皇帝です。

 

・第7代 少帝懿(しょうていい)劉懿(りゅうい)

正史では皇帝として認められていない

これまた不遇な皇帝です。

即位後200日ほどで崩御してしまいました。

 

・第8代 敬宗順帝(けいそうじゅんてい)劉保(りゅうほ)

宦官に養子をとることを初めて認めた皇帝。

天災や異民族の反乱などに悩まされました。

 

・第9代 沖帝(ちゅうてい)・劉炳

わずか2歳で即位するも3歳で崩御。

外戚・梁冀(りょうき)に毒殺されたと専らの噂。

 

・第10代 質帝(しつてい)・劉纘

専横を極める梁冀を譏ったことで毒殺され

在位6ヶ月で崩御してしまいました。

 

・第11代 威宗桓帝(かんてい)劉志(りゅうし)

梁冀によって擁立されましたが、

宦官の力を借りて梁冀を誅殺することに成功。

宦官の力が増し、

それに反発した儒学者たちが弾圧される

党錮の禁が勃発しました。

 

西洋が好きな霊帝

 

・第12代 度宗霊帝(れいてい)劉宏(りゅうこう)

党錮の禁や黄巾の乱に悩まされた皇帝。

宦官にふりまわされ、

圧政を敷いたことから評価は低いです。

 

小帝

 

・第13代 懐王少帝弁(かいおうしょうていべん)劉辯(りゅうへん)

董卓(とうたく)によって在位5カ月で廃位され、

毒殺されてしまいました。

 

献帝

 

・第14代 献帝(けんてい)劉協(りゅうきょう)

董卓によって擁立されたものの、

傀儡皇帝として振り回されることに。

魏の曹丕(そうひ)に禅譲し山陽公に封じられました。

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

漢王朝の皇帝たちは個性豊かですね。

夭折した人が多いのが不憫。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:最強中二病!袁術はどうして皇帝になろうとしたの?

関連記事:三国時代に乱立した皇帝…そもそも皇帝ってどんな人?

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 法正 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍
  2. 周瑜 美男子 周瑜公瑾の輝かしい功績
  3. 荀彧は三国志の中でもトップクラスの名門だった件
  4. 荀攸 荀攸の逸話がとってもすごい件
  5. 龐統と的盧 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死
  6. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒…
  7. 関羽に手紙を送る陸遜 陸遜はどうやって関羽を破ったの?絶妙な演技力を紹介
  8. 一騎打ちをする太史慈と孫策 取ったど~!太史慈、孫策の兜を奪い取っていたことが判明

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 楽進
  3. 船冒険する諸葛直 船
  4. 占いをする卑弥呼(鬼道)

おすすめ記事

  1. キングダム577話ネタバレ予想vol2難攻不落の鄴ってどんな城?
  2. 【三国志妄想列伝】夏侯惇が群雄として立てる人だった!! 曹操と夏侯惇
  3. 陳泰(ちんたい)ってどんな人?司馬昭の親友でもあり正義感が強く清廉な将
  4. こち亀の両さんか!三国志の美女は一本眉だった?
  5. 正史三国志魏書での最強武将TOP3は呂布・張遼・曹仁じゃない? 曹仁
  6. 「三国志人物事典」をリリースしました はじめての三国志からのお知らせ バナー

三國志雑学

  1. 玉璽
  2. 黄巾賊を撃退する太史慈
  3. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  4. 北伐する孔明
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 渋沢栄一
  2. ホウ徳
  3. 赤井直正
  4. 趙高

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【4/17〜4/23】 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 赤鎧を身に着けた曹操 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは… 育てる三国志の華 【はじさん運営報告】イベント・企画・アクセス数 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る! 馬騰 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの? 2019年のご挨拶 あけましておめでとう 正月 曹操 荀彧 【2019年】はじめての三国志 新年のご挨拶

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP