三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

馬謖の功績を数えてイメージ回復を図ってみた件

山頂に陣を敷いた馬謖




山頂に陣を敷いた馬謖

 

馬良(ばりょうと共に劉備(りゅうび)に仕えた馬謖(ばしょく)

馬良劉備孫呉(そんご)との戦いに出陣した際、荊州(けいしゅう)に割拠している異民族を味方につけた交渉力や民政において、功績を残した人物です。

では馬良と一緒に劉備に仕えた馬謖にはどのような功績があるのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張郃がいなければ馬謖は街亭の戦いに勝っていたかも!?

関連記事:馬謖はどうして劉備時代に活躍しなかったの!?

 

 

馬謖も功績をしっかりと残している!!

泣いて馬謖を斬る諸葛亮

 

皆さんは馬謖といえば何をイメージしますか。

馬謖と言えば街亭の戦い(がいていのたたかい)で敗北して北伐戦をダメにしたイメージが強いと思います。

そんな悪いイメージしか残っていない、馬謖にもしっかりと功績を残して、蜀に貢献しているのです。

 

 

馬謖の功績その1:南蛮制圧の作戦を立案

朶思大王、孟獲

 

馬謖の功績その1は南蛮制圧の作戦を立案したことです。

諸葛孔明(しょかつこうめい)は劉備が亡くなった後、蜀の国力を増加させるため、蜀の南部を統治している異民族を制圧する計画を立てます。

馬謖はこの時、南蛮制圧の作戦計画を諸葛孔明へ提案。

諸葛孔明は馬謖の作戦計画を採用し、南蛮制圧へと赴くことになります。

馬謖の作戦能力の高さが前面に出ている功績といえるのではないのでしょうか。

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

馬謖の功績その2:魏軍の強さを蜀軍に示した

馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明

 

馬謖の功績その2としては、魏軍の強さを蜀軍の諸将に教えたところだと思います。

馬謖は蜀の初めての北伐戦に参加し、諸葛孔明から北伐戦の最重要な作戦・街亭の守備を命じられることに。

 

馬謖は諸葛孔明の命令を受けて街亭へ向かいますが、この時諸葛孔明から「街亭には山があるが、山に布陣してはいけない。しっかりと平地に布陣して魏軍を食い止めるように」と注意を受けます。

 

馬謖は諸葛孔明の注意を聞いて出陣するのですが、街亭へ到着すると諸葛孔明の注意を無視して、山に布陣してしまいます。

馬謖が山に登った理由は魏軍が攻撃を仕掛けてきたとき、山から勢いをつけて攻撃すれば、魏軍を簡単に打ち破ることができると考えていたからです。

魏は蜀軍を迎撃するため、張郃を出陣させます。

 

張郃は蜀軍率いる馬謖が駐屯している街亭へ到着すると山を包囲して総攻撃を開始。

馬謖は魏軍の総攻撃を受けると山を下って反撃を行いますが、戦いに勝つことはできず敗北してしまいます。

馬謖の失敗のせいで北伐は失敗に終わってしまいます。

しかし馬謖が街亭で敗北したことで、蜀軍の諸将や兵士たちに魏軍の強さを示すことができたと思いませんか。

だからこそ諸葛亮も第二次北伐戦からより慎重に作戦を展開するようになったのではないのでしょうか。

このように考えれば馬謖の敗北も無駄な敗北といえないと思いますが、皆様はどのように思いますか。

 

馬謖の功績その3:ことわざを残した

馬謖を斬り悲しむ孔明

 

馬謖の功績その3としては、ことわざを残した事があげられるでしょう。

彼を題材にしたことわざとしては「泣いて馬謖を斬る」ですが、三国志好きの皆様なら一度は聞いたことのある言葉だと思います。

このことわざの意味は「どんなに優秀なものであっても規律や法律を守るために罪を問わないのはよくない」との意味です。

泣いて馬謖を斬るは現代社会でも使われ、主に政治関連のニュースなどで使われることが多いです。

馬謖が自らを題材にしたことわざを残した事で、三国時代だけに貢献している人物ではなく、現代にも功績を残したといえるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は馬謖の功績について語らせていただきました。

馬謖には街亭の戦いで敗北して北伐戦を台無しにした悪いイメージが最初に想像される方も多いと思います。

悪いイメージばかり馬謖ですが、彼もしっかりと蜀に貢献し、歴史に名前を刻んだ立派な人物なのです。

ですから今後は馬謖に悪いイメージばかりを持たれるのではなく、この功績を思い出して、あいつも頑張ったんだとちょっとだけ印象を変えてあげると馬謖も喜ぶのではないのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?

関連記事:馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの?

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将…
  2. 読書する劉備 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!
  3. 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語
  4. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬…
  5. 三国志時代のひざまくら 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その…
  6. 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名…
  7. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!…
  8. 孔明 vs 司馬懿 五丈原の戦いは緊張感に乏しい戦だった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呉の孫権
  2. 問題を解決する楊脩
  3. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  4. 劉備にアドバイスをする法正

おすすめ記事

  1. 【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった? 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  2. 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学
  3. 魏延への嫌がらせ人事に込められた諸葛亮の愛
  4. 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せください!風占いの達人
  5. キングダム 521話 ネタバレ予想:王翦の秘策と蒙恬の機動力
  6. 井伊直弼の画像、死の前に描かせた肖像画に込められた志とは?

三國志雑学

  1. 袁術と呂布
  2. 蜀の兵士
  3. 関羽に無視される孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 明智光秀 麒麟がくる
  2. 曹彰

おすすめ記事

兀突骨(ごつとつこつ)は実在したの?悲しみの巨人に迫る 【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!? 西遊記 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった 蒙恬(もうてん)とはどんな人?秦・中華統一後に一族が滅びる悲しい将軍 【大三国志 攻略6】Lv7の土地攻略、青州より太守機能や最強部隊を一挙公開 騎射の術に長けた騎馬兵士 【衝撃】武霊王がいなければ関羽は赤兎馬に乗っていなかった! 騎馬兵にあこがれる歩兵 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの? 孔子と儒教 諸子百家って何?春秋戦国時代に花開いた思想の数々をご紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP