呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

馬謖の息子はどうなった?街亭の戦いの失敗による処罰で影響はあった?

泣いて馬謖を斬る諸葛亮




泣いて馬謖を斬る諸葛亮

 

「泣いて馬謖を斬る」で有名な馬謖(ふりがな)。彼は非常に優秀な人材でしたが、初めての北伐戦で大失敗を犯してしまいます。

諸葛亮(しょかつりょう)馬謖の大失敗を見逃さないで処罰。こうして馬謖は処罰されて亡くなってしまいますが、彼の息子はどうなったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの?

関連記事:張郃がいなければ馬謖は街亭の戦いに勝っていたかも!?

 

 

馬謖はどうして処罰されたの??

山頂に陣を敷いた馬謖

 

そもそもの問題ですが、どうして馬謖は処罰されたのでしょう。馬謖が処罰されることになった原因は初めての北伐戦で大失敗を起こしたことが原因です。

 

 

命令無視が原因で街亭の戦いで大敗北

馬謖の失敗に嘆く孔明

 

馬謖は諸葛亮と一緒に魏を討伐する北伐戦に参加。総大将であった諸葛亮は馬謖に街亭を守るように命令を下します。

諸葛亮は馬謖へ命令を下した後「馬謖よ。街亭には山があるが、ここに登っては絶対にダメだ。」とアドバイスを行います。

 

馬謖は諸葛亮のアドバイスを聞いて、街亭に向けて出陣していきます。馬謖は街亭に到着すると「ちょうど良さげな山があるじゃん」と山を見上げます。

そして馬謖はなんと諸葛亮の命令を無視して、街亭近くにある山に登ったのです。魏軍は街亭の蜀軍が山に登って布陣していることを知ると山を包囲。

 

その後魏軍は蜀軍へ総攻撃を行います。馬謖は魏軍の総攻撃を受けると蜀軍を率いて攻撃を行いますが、魏軍の攻撃を防ぎきることができずに敗北。

諸葛亮は馬謖が本陣に逃げ帰ってきたことを知ると、蜀軍を駐屯させておく拠点がないため、漢中へ撤退させていきます。

 

【読者アンケートのお願い】
読者アンケートの願い

 

泣いて馬謖を斬る

 

諸葛亮は漢中に帰ると馬謖を街亭の戦いでの敗北と命令無視の罪の責任を取らせるため牢獄へ。その後馬謖は諸葛亮の命令によって処罰されて亡くなってしまいます。上記の原因が理由で馬謖は亡くなることになりますが、諸葛亮は彼の息子も馬謖の罪に連座して処罰したのでしょうか。

 

馬謖の家族はどうなったの??

 

諸葛亮は馬謖を街亭の戦いでの敗北と命令無視を理由にして殺害。この時諸葛亮は馬謖の家族たちも一緒に殺害してしまったのでしょうか。

 

馬謖の家族は正史三国志・馬謖伝を調べてみると、馬謖の家族が殺害されることはありませんでした。そして正史三国志・馬謖伝によれば、馬謖には息子がいたそうですが、馬謖とおなじように諸葛亮に可愛がられたのでしょうか。

 

馬謖の息子はどうなったの?

 

馬謖には息子がいましたが、馬謖死後どうなったのでしょうか。諸葛亮は馬謖を街亭の戦いでの敗北責任として殺害した後、馬謖の息子を「平素と同じように遇した」と正史三国志にあります。

 

「平素と同じように遇した」とは諸葛亮が馬謖の息子を馬謖と同じように可愛がったということでしょうか。それとも諸葛亮はただ平然と馬謖の息子に接したのでしょうか。正史三国志には馬謖の息子に対しての情報を上記だけしか載せていませんので、その後馬謖の息子がどうなったかなどの詳しいことはわかりません。レンの希望としては諸葛亮が馬謖と同じように彼の息子もかわいがってくれていればいいなと思うのですが、皆様はどのように思いますか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

レンは馬謖の息子の資料が正史三国志だけだとあまりにも少ないためほかの資料も漁ったのですが、馬謖の息子に関する資料は残されていない状態でした。そのため馬謖の息子が大きくなってどのような活躍をしたのかもわかりません。

 

もしかしたら馬謖の息子は父を殺害した蜀を憎んでいたため、蜀に仕えることをしないで平民のママでいたのかもしれません。また父を殺害した蜀を憎んで魏や呉に名前を変えて仕えたのかもしれません。

 

黒田レンとしては馬謖の息子が蜀で平民になって暮らしているよりも魏や呉に名前を変えて仕えていた方がしっくりとくるのですが、皆様は馬謖の息子がどのようになったと思いますか。

 

■参考文献 正史三国志馬謖伝など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

関連記事:【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 蜀の劉備 【三顧の礼】諸葛亮の天下三分の計「隆中対」を読む
  2. 甘寧と凌統 よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  3. 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話
  4. 一人で逃げる曹操 関羽と法正、正反対のイメージの二人の意外な共通点
  5. 夏侯淵 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介
  6. 魯粛、周瑜、劉備 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?
  7. 玉璽 孫策の最強の武器なんと・・・・言葉とハンコ(玉璽)
  8. 趙姫 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 井伊直政
  2. 邪馬台国と魏の兵士
  3. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  4. 皇帝に就任した曹丕
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 読者の声バナー(はじめての三国志)

おすすめ記事

  1. クーデターが遅すぎた?司馬懿の晩年が満身創痍な件 司馬懿
  2. 【春秋左氏伝】まるで孫子!曹劌(そうけい)の戦車戦の神采配
  3. 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?
  4. 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介
  5. 策士・参謀・軍師の役割の違いって何?
  6. 【はじ三グッズ】可愛い郭嘉の手帳型スマホケース(iPhone/Android対応)発売開始

三國志雑学

  1. 生徒に勉強を教える盧植
  2. 夏侯覇
  3. 朱然
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 嬴政(始皇帝)
  2. 紀霊
  3. 武田二十四将(馬場信春)をメイン
  4. ボロボロになった馬超
  5. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

司馬懿 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に。 軍勢RPG 蒼の三国志とはどんなアプリゲーム? 英雄曹操とナポレオンを比較 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた 賈詡 同じくらいの力量の武将や軍師を三国間でトレードしたらどうなる? 孔明 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖 三国志の魏、呉、蜀で頭の良い軍師は誰だ?ランキング化するよ! 劉禅 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点 陸遜と孫権 呉をもっと知りたい貴方へ!これで呉の性格が分かる!呉のトリセツ紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP