呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀は黒田官兵衛のせいで山崎の戦いで敗北した!その理由とは?

黒田官兵衛




燃える本能寺

 

本能寺の変で織田信長(おだのぶなが)を殺害し、天下人となった明智光秀(あけちみつひで)。その後明智光秀は中国の覇者・毛利家と対陣していた羽柴秀吉(はしばひでよし)の軍勢と山崎の戦いで決戦をすることになります。この戦いで明智光秀は羽柴秀吉に敗北。

 

この戦いの後、明智光秀は落武者狩りの攻撃を受けて討ち死に。羽柴秀吉は明智光秀を打ち破ったことで天下を手に入れるきっかけを手に入れることになります。明智光秀は山崎の戦いで敗北することになりますが、光秀が敗北した原因の一つに天才軍師黒田官兵衛(くろだかんべい)が関わっていた事をご存知でしょうか。

 

関連記事:【山崎の戦い敗因】明智光秀は長雨の為に秀吉に敗北した!

関連記事:山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦

 

 

明智光秀が信長を殺したことを知る

裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀

 

明智光秀は本能寺の変で織田信長・信忠親子を殺害。羽柴秀吉は明智光秀が本能寺で信長親子が討たれた時、中国地方の覇者・毛利家が領有している備中高松城を水攻めしていました。羽柴秀吉は備中高松城攻略戦の最中、本能寺の変が起きたことを知ります。

 

なぜ羽柴秀吉は京都から遠く離れた備中で、本能寺で織田信長討たれたことを知ることができたのか。それは明智光秀が毛利家へ本能寺の変を知らせる為、密使を送りますが、羽柴の陣営に迷い込んでしまった事で秀吉の耳に本能寺の変の情報が入ることになったそうです。

 

他にも京都の織田家代官・長谷川宗仁(はせがわ そうにん)が官兵衛の元に送ったとする説もあります。こうした理由から秀吉は織田信長の死を知ります。羽柴秀吉は織田信長の死を知り、家臣の前でワンワン泣いていたそうです。

 

 

黒田官兵衛の策

黒田官兵衛

 

黒田官兵衛は羽柴秀吉が泣いている最中ひとつの作戦を秀吉に提案します。その作戦は「毛利家の和睦」と「中国大返し」です。

この二つの作戦は一体どのような作戦なのでしょうか。

 

官兵衛の作戦その1:「毛利家との和睦」

 

黒田官兵衛は羽柴秀吉へ「毛利家と和睦をするべきです」と提案。羽柴秀吉は黒田官兵衛の進言を採用し、早速毛利家と和睦をするよう行動を開始します。

羽柴秀吉は本能寺の変を知った翌日、毛利家の外交官・安国寺恵瓊(あんこくじ えけい
)
と和睦交渉を行い、和睦内容をまとめることに成功するのでした。

 

もし毛利家と和睦するのが遅れていれば、羽柴秀吉が明智光秀を討伐することが難しくなっていたかもしれません。また毛利家と和睦するのが遅れれば、織田信長殺害を知った毛利家が明智光秀と手を組んで羽柴軍へ攻撃を仕掛けたかもしれません。

 

上記のようになった場合、羽柴秀吉が生き残るのはかなり難しかったでしょう。上記の事を考慮すると黒田官兵衛の策は明智光秀を討つための作戦として大成功したと言えるでしょう。

 

では二つ目の黒田官兵衛が提案した「中国大返し」とはどんな作戦なのでしょうか。

 

黒田官兵衛の作戦その2:「中国大返し」

黒田官兵衛

 

黒田官兵衛は羽柴秀吉に二つ目の作戦を提案。それは「毛利家と和睦が成立したあと、すぐに撤退してください。」との進言でした。

 

羽柴秀吉は黒田官兵衛の進言を採用し、毛利家との和睦が成立するとすぐに軍勢を撤退し、明智光秀を討伐するため近畿地方へ向けて出発。羽柴秀吉は通常ありえない速さで軍勢を播州(現在の兵庫県)の姫路城まで軍勢を退却させ、その後織田家の諸将を味方につけながら摂津・尼崎に到着。

 

この時点で秀吉軍は光秀軍の1.5倍位になっていました。このように羽柴秀吉は山崎の戦いが行われる前に黒田官兵衛の作戦のおかげで光秀よりも有利な状況を作り出すことに成功するのでした。

 

そして明智光秀は羽柴秀吉が本能寺で信長を殺害してからたった数十日後に摂津まで戻って来たため、しっかりと準備を行うことができませんでした。準備万端の羽柴秀吉と準備不足の明智光秀は山崎の戦いで戦うことになりますが、準備不足の明智光秀の軍勢が敗北したのは言うまでもありません。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

明智光秀が敗北した原因の一つに黒田官兵衛の作戦があったことを今回紹介しましたが、ここでもう一つ黒田官兵衛の作戦をひとつ紹介しましょう。黒田官兵衛は羽柴秀吉と一緒に山崎の戦いに参加。

 

この時、黒田官兵衛は毛利家から旗を20本ほど借りて、戦いが始まると毛利家の旗を自分の陣地に立てたそうです。明智軍は官兵衛の陣営に毛利家の旗が上がった事で、毛利家も羽柴の味方についたのかと誤解し、軍の士気が低下したそうです。上記の黒田官兵衛の作戦は羽柴秀吉が山崎の戦いで勝利した大きな原因とは言えませんが、戦いの勝利に寄与した作戦の一つと数えられるのではないでしょうか。

 

・参考文献 黒田官兵衛 軍師の極意(小学館新書)

 

関連記事:天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる

関連記事:天才軍師の条件ってなに?諸葛亮孔明・司馬懿仲達・黒田官兵衛・大村益次郎に共通している条件とは?

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 燃える本能寺 明智光秀の遺体は本物ではないって本当?
  2. 武田信玄は城を持たなかった、その理由は?
  3. 北条早雲が残した名言から、現代の私たちが学べるコト
  4. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 明智光秀の性格はマジ○○だった!?裏切りや密会を好んだ男の性格分…
  5. 真田丸 武田信玄 織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった!
  6. 本多忠勝 本多忠勝はどんな最期を迎えるの?関ヶ原から最期まで分かりやすく解…
  7. 井伊直政 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?
  8. 信長の野望・創造 ゲームでの明智光秀の評価は?信長の野望・戦国無双・戦国BASAR…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 丁奉(ていほう)
  2. 城の前を掃除する孔明
  3. 孔明
  4. 九品官人法を作った陳羣
  5. 夏侯惇
  6. 陸遜

おすすめ記事

  1. 戦国時代の農民の暮らしは超スパルタで戦闘的だった? 餓えた農民(水滸伝)
  2. 呂布は最初から裏切り者だったわけじゃない!きっかけは? 呂布に殺害される丁原(ていげん)
  3. 中国ドラマ『三国志 ~趙雲伝~』DVD版の吹替キャストは、「置鮎龍太郎、喜多村英梨、鳥海浩輔」など豪華声優陣が共演
  4. 大久保利通は明治維新・幕末時代にどんな業績を残したの? 大久保利通 幕末
  5. 「濮陽の戦い」と「定陶の戦い」における曹操の復讐行為まとめ 苛ついている曹操
  6. 『三国志演義』に登場する周倉は実は実在していた!麦城村に周倉の墓も 周倉と裴元紹

三國志雑学

  1. 関羽
  2. 丁奉(ていほう)
  3. チビってしまう司馬懿と孔明
  4. 笑う曹操
  5. 華雄と呂布
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操 孔明をチェック
  2. 双流星を振り回している徐盛
  3. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  4. 曹操と黄巾賊
  5. 魏王の曹操

おすすめ記事

曹操 女性の敵? 鄒氏 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1 張飛のヨメ 張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情 三国志 まんがで読破 【99%オフ】三国志など「マンガで読破」シリーズが11円で販売中 魏の皇帝になった曹丕 109話:曹丕が献帝を廃し魏を建国 漢の名将韓信が敗北したことがあるってホント!? 蜀の兵士 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった! 袁術君 第8話:袁術くん「コンフォートゾーン」から抜け出す 月刊はじめての三国志2018年7月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP