三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀の治水が現在でも残っていた?福知山市で行われていた治水事業

荒れる黄河




荒れる黄河

 

戦国時代には多くの大名が領内の河川を整備するため、治水事業を行っていました。文武に秀でた明智光秀(あけちみつひで)も河川を整備するため、治水事業を行っていました。

今回は明智光秀の治水事業について紹介していきたいと思います。

 

関連記事:武田信玄の治水の成果、信玄堤は現在でも活きている!

関連記事:明智光秀はキリスト教嫌いだった?南蛮文化が流行していた織田家の関係も?

 

 

戦国時代の有名な治水事業

真田丸 武田信玄

 

戦国時代には各地で河川を整備して水が氾濫を起こさないように治水事業を行っていました。例えば、甲斐の虎で知られる武田信玄(たけだしんげん)は甲斐の国に流れている御勅使川と釜無川の合流地点・竜王に堤防を築いて、河川が氾濫を起こさないように整備を行ったそうです。

 

信玄が築いたこの堤防は「信玄堤」と呼ばれ、現在でも残っています。また豊臣秀吉は伏見城を建築する前年、巨椋池の氾濫を防ぐために治水事業を実施。この結果、巨椋池近辺の作物収穫量が増加したそうです。

 

さらに秀吉の家臣・加藤清正(かとう きよまさ)も治水事業を行っています。彼は豊臣秀吉(とよとみひでよし)から肥後の半分を領土としてもらった際、清正の領土を流れる河川の氾濫を防ぐため、治水事業を実施。加藤清正の治水事業も成功をおさめ、領民に感謝されていたそうです。

 

武田信玄・豊臣秀吉・加藤清正は戦国時代に行われた有名な治水事業と言えるでしょう。明智光秀も上記三人のように治水事業を行いましたが、一体どこで行ったのでしょうか。

 

 

福知山市で行われていた光秀の治水事業

明智光秀 麒麟がくる

 

明智光秀はどこ治水事業を行っていたのでしょうか。明智光秀は治水事業を領内となった丹波で行っていたました。明智光秀は横山城を改修して福知山城とする際、福知山城近辺を流れている由良川の氾濫を抑えるために治水事業を行ったそうです。

 

光秀は治水事業を行う際、近隣の寺院から石塔を回収し、回収した石塔を石垣として堤防を作り、由良川の流れを変化させます。明智光秀は由良川の流れを変化させることに成功したおかげで、由良川の氾濫が無くなったそうです。明智光秀が由良川に作り出した堤防は「明智藪」として命名。

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
if三国志

 

福知山では領民からしたわれた名君主

 

明智光秀は由良川の治水事業と並行しながら、福知山の町の人々へ地子銭と呼ばれる土地への税を免除する特権を付与しています。こうして明智光秀は福知山の町を改造し、後に三丹一と呼ばれる商業の町の基礎作りを施した事から、福知山の町の人々から大いに慕われることになります。

 

しかし明智光秀は本能寺の変で謀反を起こし、その後羽柴秀吉に敗北したため亡くなってしまいます。福知山の町の人々は明智光秀死後、彼の功績をたたえて御霊神社を建築。そして1737(元文2年)から御霊会を行い、光秀の功績をたたえつつ、無念のうちに亡くなった彼の霊を慰めているそうです。

 

現在福知山ではこの御霊会の伝統を受け継ぎ、御霊祭りとして毎年10月に開催され、多くの観光客が福知山を訪れ賑わっているそうです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は明智光秀の治水事業について紹介しました。ルイスフロイスは明智光秀を「残虐で謀略に長けた武将」と評価していました。しかし明智光秀は謀略に長けているだけではなく、内政をしっかり行い領地を治め、領民にもしっかりと心配りのできる優しい政治家の一面も持ち合わせていたのです。

 

羽柴秀吉も内政にも長けた武将でしたが、明智光秀も秀吉に負けないくらいの内政に長けていた武将と言えるのではないでしょうか。そして文武に秀でていた明智光秀だからこそ、厳しい実力主義の組織で構成されている織田家で一・二を争う出世頭として出世することができたのでしょう。

 

また織田信長も彼の実力を認めて織田軍の司令官クラスにまで昇進させたのではないのでしょうか。

 

・参考文献:明智光秀と本能寺の変 (PHP文庫)

 

関連記事:明智光秀の手紙から本能寺の変の真相に迫れるか?

関連記事:明智光秀の子孫はどんな人?本能寺の変後の子供から現代の子孫まで紹介

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  2. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?
  3. 真田丸 武田信玄 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる
  4. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の居城だった坂本城とは?本能寺の変後の坂本城も紹介
  5. 黒田官兵衛は牢屋に閉じ込められた時に何で自殺しなかったの?
  6. 馬にまたがって戦う明智光秀 明智光秀の魅力がビンビン伝わる!麒麟がくるの主人公の魅力を紹介
  7. お茶を楽しむ明智光秀 明智光秀も「茶の湯」を学んでいた?光秀の茶道具コレクションとは?…
  8. おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 契丹小字七言絶句銅鏡 wikipedia
  2. 魏の占い師・周宣(しゅうせん)
  3. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  4. 劉姫
  5. 明智光秀 麒麟がくる

おすすめ記事

  1. 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と軍事手腕がヤバイ!
  2. BOOK☆WALKERにて『#君主論』の販売を開始しました。
  3. 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西
  4. 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?
  5. キングダム578話最新ネタバレ「明日までに」レビュー解説
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第39話「虎松の野望」を振り返ろう

三國志雑学

  1. 怒る曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖
  2. 幕末 大砲発射
  3. かぼちゃ 孫権

おすすめ記事

東京五輪のボランティア いだてん 東京五輪、ボランティアの条件とは?話題の「やりがい搾取」も紹介 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に! 新選組の土方歳三 土方歳三の趣味は俳句、どんな句を詠んでいた? 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは! 解煩督 呉 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊 井伊直弼と いいなおとら との関係性と共通性を紹介 亡くなる卑弥呼 卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る! 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP