呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀は「敵は本能寺にあり」なんて言ってなかった?名言は大嘘について

燃える本能寺




馬にまたがって戦う明智光秀

 

明智光秀(あけちみつひで)織田信長(おだのぶなが)を殺害するため、大軍をひきいて本能寺(ほんのうじ)を包囲。その後、明智光秀は「敵は本能寺にあり」とチョー有名な名言を述べて軍勢へ号令します。

 

上記は明智光秀をよく知らない人でも一度くらいは聞いたことのある言葉だと思います。

しかし明智光秀は「敵は本能寺にあり」なんて一度も言っていませんでした。

 

自称・皇帝
当記事は、
「明智光秀 敵は本能寺にあり」
「明智光秀 名言」
「明智光秀 嘘」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:明智光秀の手紙から本能寺の変の真相に迫れるか?

関連記事:明智光秀はキリスト教嫌いだった?南蛮文化が流行していた織田家の関係も?

 

 

「敵は本能寺にあり」は誰の言葉

明智光秀が剣を持って戦っているシーン

 

明智光秀は本能寺を包囲後、自軍の兵たちへ向けて「敵は本能寺にあり!!」と号令をかけていませんでした。ではいったい誰がこの「敵は本能寺にあり」と述べたのでしょうか。

 

実は誰も「敵は本能寺にあり」なんて言葉を言っていないのです。ではどうして後世に「敵は本能寺にあり」と伝わったのでしょうか。

 

 

「敵は本能寺にあり」は後世の創作物だった

燃える本能寺

 

実は「敵は本能寺にあり」と言う言葉ですが、後世の創作物だったのです。

ではいったい誰が創作したのでしょうか。

 

その人物は「日本外史」の作者・頼山陽です。彼は「日本外史」で「敵は本能寺にあり」と記載し、この言葉がそのまま後世へ明智光秀の名言として伝わることになったそうです。

 

明智光秀は本能寺を包囲した時、「敵は本能寺にあり」と言っていませんでしたが、一言も言わないで本能寺へ攻撃を仕掛けたのでしょうか。

 

 

本能寺襲撃前に細かい指示を出していた

 

明智光秀は本能寺攻撃する直前にはこれといった言葉を述べていません。しかし明智光秀は本能寺襲撃をする前、兵士たちへ細かい指示を出しています。

明智光秀はどのような指示を出していたのでしょうか。

 

明智光秀は京都の近くを流れる桂川へ到着すると兵士たちへ「馬の沓を切り捨てること。徒の者は足半(かかと部分のない草履のこと)に履き替えること。そして鉄砲隊は打ちやすいように火縄を一尺五寸に切ること」などを指示したそうです。

 

さらに明智光秀は兵士たちの士気を上げるためにある言葉を伝達させます。

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
if三国志

 

本能寺襲撃前に述べた言葉とは?

 

明智光秀は本能寺襲撃前、兵士たちへあれこれ細かい指示を出します。その後明智光秀は兵士達へ「今日より私は天下様だ。兵士諸君勇むべし」と激励したそうです。

 

また明智家の重臣・斎藤利三は「京都の町のくぐり戸はいつもどおりに開き、そこを抜けて扉を開けよ。そして扉を開けたら一人一人、本能寺へ向かって進んでいくが良い。」と京都に到着したとき、注意点を述べているそうです。

 

上記は「川角太閤記」と呼ばれる書物に記載されており、当時のリアルな実情を想像することができるのではないのでしょうか。こうして明智光秀率いる軍団は光秀や斎藤利三の指示に従って本能寺へなだれ込んでいくことになります。

 

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

明智家の重臣たちは明智光秀が京都の本能寺に宿泊している織田信長を殺害しようと考えている事を知っていました。しかし兵卒たちは明智光秀の意図を全く知りませんでした。

 

その証左として明智軍の兵士の一人本城さんは途中で京都へゆくと隊長に告げられると「殿様は徳川家康を攻撃するために京都へ向かうのだろうか」と思っていたそうです。明智軍の兵卒たちは光秀が織田信長を殺害するために本能寺へ向かったと考えている兵士達はほとんどいなかった事を物語っています。

 

また本城さんの証言から明智軍の兵士達は織田信長が宿泊している本能寺と呼ばれる寺の場所さえ知らない状態だったそうです。

 

そのため本能寺の変は明智光秀が計画的かつ作戦がバレないように最新の注意を払った作戦で、本能寺を前にして「敵は本能寺にあり」等と光秀が本能寺へ叫んだ可能性がゼロに近いのが実情だったのではないでしょうか。

 

・参考文献:検証 本能寺の変 (歴史文化ライブラリー)

 

関連記事:明智光秀は千利休として生き延びた?

関連記事:【山崎の戦い敗因】明智光秀は長雨の為に秀吉に敗北した!

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

 

【動画】明智光秀の素顔はイケメンだった?俳優で例えるとあの人

 

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 北条早雲 北条早雲が残した名言から、現代の私たちが学べるコト
  2. 織田信長 【センゴク】織田信長の宿敵・朝倉義景はどうやって撃破されたの?
  3. 北条早雲 後北条家氏の武将達を紹介!
  4. 薩摩藩の島津義弘 日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇…
  5. 武田信玄 武田信玄の功績とは?百年を見据えた甲斐の虎
  6. 今川義元 仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた…
  7. 信濃守護職就任と武田晴信の出家
  8. 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 陳登を救うために曹操に会見する陳矯(ちんきょう)
  2. 軍会議で的確に作戦指示を出す陳泰
  3. 明智光秀 麒麟がくる
  4. 皇帝・劉禅が住んでいる宮殿や成都を警備する伊賞
  5. 戦国昭王、大激怒で白起に死を命ずる (Unicode エンコードの競合)
  6. 呂不韋
  7. 呂不韋

おすすめ記事

  1. 黄蓋が赤壁の戦いに出陣したから大勝利できた!その理由とは? 奮闘する黄蓋
  2. 卑弥呼降臨 倭国大乱を制す【前編】 邪馬台国の卑弥呼はアイドル
  3. 「于禁は降伏。龐徳は討ち死に」どうして違いが生まれたの?? 于禁
  4. 董卓ってどんな政治をしたの?残虐行為だけじゃない!知識人登用に熱心だった董卓 楊彪を司空に任命させる董卓
  5. 【投げたらあかん!】阿斗を趙雲がキャッチする三国志ドラマがある 曹操から逃げ回る劉備
  6. キングダム最新596話ネタバレ予想「朱海平原の戦い収集つくの?」 キングダム53巻

三國志雑学

  1. 二刀流の劉備
  2. 典韋にボコボコにされる成廉
  3. 吉川英治様表紙リスペクト
  4. 蜀の厳顔


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  2. 鼎(かなえ)
  3. 太史慈
  4. 司馬懿と魏延
  5. 阿会喃(あかいなん)と猛獲

おすすめ記事

袁術 袁紹 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった 呉の小覇王・孫策 孫策(そんさく)とはどんな人?たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王 異議ありと叫ぶ司馬懿 太傅・司馬懿と曹爽の権力抗争「正始の政変」とは具体的にどんな争いだったの? 真田丸 武田信玄 武田信玄とはどんな人?天下人信長・家康を震わす甲斐の虎 虎形棺座 虎形棺座とは何で作られたの?上坊1号墓から出土した虎形棺座を解説 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第3部 【西郷どん】日米修好通商条約って何が問題だったの? 織田信長 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP