魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

上杉謙信は暗号を使ってたから連戦連勝できた!開発者の宇佐美定行も紹介

宇佐美定行




上杉謙信

 

義によって戦を繰り広げていた戦国大名・上杉謙信(うえすぎけんしん)

 

上杉謙信は強力な兵士たちを率いて連戦連勝していました。しかし上杉謙信が戦で連戦連勝できていたのは暗号が使われていたから連戦連勝できていたかもしれないのです。

 

今回は上杉謙信と暗号について紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「上杉謙信 暗号」
「宇佐美定行 暗号」
上杉暗号
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった!

関連記事:武田信玄と上杉謙信といえば、川中島の戦い!

 

 

暗号とは?暗号が開発されるまでの歴史

クーデターを成功させた晋建国の功労者 司馬師

 

暗号は戦時中には軍事技術として発達。暗号は自国の情報が敵国へ漏えいされないためによく使われていましたが、現代でも暗号が使われています。

 

例えばプライバシーを保護するために暗号が使われています。このように現代人でも身近な暗号ですが、戦国時代にも暗号が使われていました。戦国時代に暗号を使ったのは越後の龍と呼ばれた上杉謙信です。

 

 

越後の龍・上杉謙信が連戦連勝できたのは暗号のおかげ

上杉謙信

 

上杉謙信は生涯の内なんども戦をしてきた戦国大名です。上杉謙信が生涯の内で戦に敗北したのはたった二回です。

 

それ以外は引き分けもしくは勝利で飾っています。そして上杉謙信の生涯の戦での勝率は95パーセントを超えているそうです。戦国時代でも上杉謙信を超える勝率を持っている戦国大名はいないと思われますが、どうして上杉謙信が戦でこれだけの勝率を誇ることができたのでしょうか。それは上杉謙信率いる家臣団の結束の強さと兵士の強さが関係しているでしょう。

 

そして上杉謙信の戦の強さは上記で紹介した他に暗号を使って時刻の情報漏えいを防いだセキュリティの高さもあると思われます。上杉家では暗号が使われていると紹介しましたが、いったい誰が暗号を考案したのでしょうか。

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
if三国志

 

上杉謙信の軍師・宇佐美定行考案の暗号

宇佐美定行

 

上杉謙信には軍師と呼ばれる人物がいました。その人の名前は宇佐美定行(うさみ さだみつ)と言います。彼は上杉謙信に招かれて軍師となった後、武田信玄(たけだしんげん)との激闘が繰り広げられた川中島の戦いで、上杉謙信の危機を救う活躍をします。

 

更に宇佐美定行は上杉謙信と一緒に関東の北条氏討伐戦に参加。その後北条氏が上杉の領土となっている厩橋城へ攻撃を仕掛けてきた際、北条氏と激闘を繰り広げて厩橋城を守りきります。このように宇佐美定行は上杉謙信の軍師として活躍します。

 

しかし宇佐美定行は戦場での活躍だけでなく、暗号を作り出して、上杉家の軍事行動などの機密情報を敵国から守った知将でもありました。では宇佐美定行が考え出した暗号とはどのようなものだったのか紹介してきたいと思います。

 

宇佐美定行が考えた上杉暗号とは?

暗号を使う上杉謙信

 

宇佐美定行は上杉家の情報が敵国にもれないようにするため、暗号を作り出します。この暗号とはいろはの48文字に7マス×7マスの目で、ひとつの文字を行と数字で示すように構成されているものでした。宇佐美定行は上記で紹介した暗号だけではその内解読される可能性を考慮し、この暗号に和歌を加えることで難解な暗号を作り出すことに成功します。

 

この宇佐美定行が作り出した暗号を「上杉暗号」と言います。この結果、情報のセキュリティ面において大幅に強化されることになり、上杉家の軍事情報や政治情報などの機密が他国へ漏洩されることを防ぐことに成功。そして上杉謙信は宇佐美定行が考案した「上杉暗号」を用いて戦において連戦連勝することになるのでした。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は上杉謙信と暗号にまつわるお話を紹介させていただきました。戦国時代に暗号を作り出し、活用した戦国大名は上杉家くらいではないでしょうか。しかし識字率が低い戦国時代で、暗号を作り出しても解読することが隊長クラスの武将たちにできたのでしょうか。

 

また上杉謙信と宇佐美定行以外の人が暗号を用いる場合、暗号を作り出して伝達できるほどの知識を持った人たちがどれほどいたのでしょうか。考えれば考えるだけ疑問が沸いてくるのはレンだけでしょうか。

 

■参考文献 新人物文庫 上杉謙信謎解き散歩など

 

関連記事:軍神上杉謙信をコテンパン!謎の軍師白井入道

関連記事:上杉謙信と関羽はどちらが強いの?日中の軍神対決【if三国志】

 

【激動の時代を駆け抜けた上杉謙信の野望と夢】
if三国志

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン 明智光秀の銅像はどこにある?坂本城跡と岐阜県のゆかりの地の明智光…
  2. 【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」…
  3. 合戦シーン 【リアル七人の侍】戦国時代、村はどうやって略奪から身を守った?
  4. 上杉謙信 上杉謙信の生き方の原点は?武田信玄に塩を送った義の武将に迫る!
  5. 徳川家康をボコボコにする武田信玄 武田信玄の治水の成果、信玄堤は現在でも活きている!
  6. 荒れる黄河 明智光秀の治水が現在でも残っていた?福知山市で行われていた治水事…
  7. 大喬 乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介
  8. 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ホウ徳
  2. 小松帯刀
  3. 解煩督 呉
  4. 魯粛と周瑜

おすすめ記事

  1. 関羽は本当に反権威の人だったのか? 関羽
  2. 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男 徐邈(じょばく)は曹操の禁酒令を破った
  3. 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国 卑弥呼
  4. 【列子】道教の「道」とは?道に身をゆだねれば安らぐかもしれない話 道具を輸送する民人
  5. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  6. 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ! 成廉、魏越、呂布

三國志雑学

  1. 悪来と呼ばれた典韋
  2. 関羽
  3. ヨイショをする曹操
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 援軍に向かう陳表軍
  2. 唐周(とうしゅう)
  3. 張飛
  4. 孟嘗君
  5. 曹仁
  6. 陸遜

おすすめ記事

劉備 婿 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1 袁安 【出世の花道】三国志時代の人々はどのように出世した? 舜水樹(しゅんすいじゅ)は実在したの?李牧の右腕は史実通りなのか? 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰)  【呉を作った男達】いぶし銀の輝きを放つ呉の英雄を紹介! 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった? 【教えて中国朋友!】劉備が阿斗を投げたのはどうして? 蔡琰 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキングダムズを楽しむ3つのポイント

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP