呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀は剣術の達人だった?鉄砲射撃術が得意な光秀の剣の腕に迫る

明智光秀が剣を持って戦っているシーン




馬にまたがって戦う明智光秀

 

 

戦国時代の戦国武将は「花の慶次」に登場する前田慶次(まえだけいじ)の様に槍をぶん回して敵兵をバタバタ倒しているイメージがあると思います。織田家の出世頭で、権謀術数に長けた明智光秀(あけちみつひで)

 

彼もまた前田慶次の様に槍をぶん回して敵兵をバタバタ倒していたのでしょうか。もしくは光秀が誰か剣豪と呼ばれる人に師事して剣術を学んで敵兵を倒していたのでしょうか。

 

今回は明智光秀と剣術について紹介したいと思います。

 

関連記事:明智光秀は愛宕神社で信長討伐の吉凶を占った?(本能寺の変雑学)

関連記事:明智光秀が築いた城下町3選(坂本城・亀山城・福知山城)

 

 

明智光秀の得意なこと

明智光秀 麒麟がくる

 

明智光秀と剣術についてお話する前に彼の得意なことを紹介しましょう。明智光秀は権謀術数にだけ長けていたわけではなく、外交官としても秀でた能力を持ち、四国のコウモリの異名を持つ、長宗我部元親(ちょうそかべ もとちか)と織田家の外交を受け持っていました。

 

他にも明智光秀はなんでもできる万能型の戦国武将でした。しかしこれらは明智光秀の得意なことの一つで彼の一番得なことではありません。

彼の一番得な事とは一体何なのでしょうか。

 

 

明智光秀の得意な鉄砲射撃術

明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる

 

明智光秀の一番得意なことは鉄砲の射撃術です。明智光秀は織田信長(おだのぶなが)に仕える前、越前の朝倉義景(あさくら よしかげ)に仕えていました。

明智光秀は朝倉義景に仕えていた時、加賀の一向一揆衆(いっこういっき)討伐戦に参加。明智光秀はこの加賀一向一揆衆討伐戦の時、鉄砲を使って加賀の一向一揆衆を300人も倒したそうです。

 

また明智光秀は織田信長に仕えた時、本圀寺(ほんこくじ)にいる足利義昭(あしかが よしあき)を狙って三好三人衆達が攻撃。明智光秀は足利義昭と共に本圀寺へ篭城します。

明智光秀はこの時、大筒(鉄砲よりも大きく、一抱えもある火器)を使って三好三人衆を打ち倒したそうです。このように鉄砲の射撃術を得意とし、外交、政治などに長けじていた明智光秀。

 

明智光秀は鉄砲の運用を得意とした戦国武将ですが、剣術もできたのでしょうか。

 

剣術できない明智光秀!?

明智光秀が剣を持って戦っているシーン

 

明智光秀は剣術ができたのでしょうか。彼の資料を色々と調べてみたのですが、どこにも剣術を得意とするような記載がありませんでした。

 

もちろん花の慶次に登場する前田慶次のように槍をぶん回して敵兵を打ち倒したなどの記載もありません。

と言う事は明智光秀は剣術ができない・・・・そんなことは無いと思われます。

 

親友や娘婿に教わっていたかも

三国志ライター黒田レン

 

明智光秀が全く剣術ができなかった事は無いと思います。レンはどうして上記のように予測するのか。それは明智光秀の親友・細川藤孝(ほそかわ ふじたか)に剣術を教わったと思うからです。細川藤孝は足利義輝が剣術を学んでいた剣豪・塚原卜伝から剣術を学んでいます。

 

明智光秀が細川藤孝から塚原卜伝流の剣術を学んでいる可能性もあるのではないでしょうか。また明智光秀の家臣・明智左馬之助秀満は本能寺の変の後、琵琶湖を馬に乗りながら渡って坂本城へ帰還した勇将です。

 

明智光秀は勇将・明智秀満から剣術を学んでいたかもしれません。このように明智光秀は細川藤孝や明智秀満から剣術を学んで達人とは言えないかもしれませんが、人並み以上に剣術はできたと推測するのですが、みなさんはどのように思いますか。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

明智光秀は剣術よりも鉄砲の射撃術の方が得意なイメージがあると思います。でも剣術が全く使えなかったわけではないと思われます。例えば戦で明智光秀の得意な鉄砲が使えないような状況に陥った場合が想定されます。

 

このような状況になった時、明智光秀はどうしたのでしょうか。明智光秀が上記のような状況になった時、細川藤孝や明智秀満から学んだ剣術を駆使して戦ったと思います。レンは明智光秀が身を守るため、剣術で敵兵を倒していたと思もいますが、みなさんはどのように思いますか。

 

・参考文献 「明智光秀 残虐と謀略 一級史料で読み解く (祥伝社新書)

 

関連記事:明智光秀の手紙から本能寺の変の真相に迫れるか?

関連記事:明智光秀と服部半蔵は同一人物だった?伊賀を越えた光秀に迫る

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】信長の仇討ちで秀吉についたのは、神戸、丹羽、掘、蒲生…
  2. 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長の業績とは?戦争面・人材登用・行政政策の輝かしい業績を紹…
  3. 豊臣秀吉 戦国時代2 お笑いウルトラクイズか?大田城、水攻め爆発で落城!秀吉のリベンジ…
  4. 今川義元 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!
  5. 斎藤道三 明智光秀は斎藤道三がいなければ歴史に名前が刻まれなかった?その理…
  6. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見…
  7. 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行
  8. 赤井直正 明智光秀に死を覚悟させた丹波の赤鬼赤井直正

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 平野国臣
  2. 李斯
  3. 徐盛(じょせい)呉の将軍
  4. 板垣退助
  5. コーノヒロさん(はじめての三国志ライター)
  6. 張昭 VS 孫権
  7. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁 西遊記 孫悟空
  2. 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?
  3. 121話:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る 孔明と姜維
  4. 武田二十四将とはどんな人?武田信玄の武将たちを紹介 武田二十四将(馬場信春)をメイン
  5. 諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をしたの? 三国志の計略と孔明
  6. ライバルへの最期の言葉、劉備と曹操のイイ話 曹操と劉備

三國志雑学

  1. そんろは 孫魯班
  2. 袁術と呂布
  3. ロボ関羽
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫尚香
  2. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  3. 于禁と兵士
  4. 織田信長
  5. 周瑜、陸遜
  6. 魏の夏侯淵

おすすめ記事

小帝と董卓 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が存在した【シミルボン】 袁紹の妃 劉氏 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女 江戸期は『三国志』の二次創作が大ブームを巻き起こしていた!? 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介 木戸孝允 桂小五郎と幾松幕末を彩る世紀の恋の真実 鼎(かなえ) 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ 昭襄王 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かったの? 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組 山南敬助とはどんな人?新選組から脱走した理由は?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP