黄蓋が赤壁の戦いに出陣したから大勝利できた!その理由とは?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

呉蜀赤壁の戦い

 

三国志(さんごくし)最大の戦の一つ赤壁の戦い(せきへきのたたかい)。この戦いは曹操(そうそう)軍が江東(こうとう)に勢力を拡大していた孫権(そんけん)荊州(けいしゅう)から逃亡していた劉備(りゅうび)を撃破する事で、天下を統一するために行われた戦いです。

 

魏曹操と魏軍と呉軍

 

しかしこの戦いは孫権・劉備連合軍が曹操軍に大勝利した事で決着が付きます。孫権・劉備連合軍が曹操軍に勝つことができた要因は二つ有ります。

 

一つ目はchopsticksさんの記事にもありますが、腸チフスが原因で孫権・劉備連合軍が赤壁の戦いに勝利することができたというものです。

下記の記事にchopsticksさんの記事になりますので、ご覧下さい。

 

呪い!?赤壁の戦いで魏軍を襲った疫病の正体とは?

 

では孫権・劉備連合軍が赤壁の戦いに勝利することができた二つ目の原因は一体何なのでしょうか。それは孫呉の重鎮(じゅうちん
)
黄蓋(こうがい)の計略が大成功したことです。

 

彼がいなければ孫権・劉備連合軍が勝利できなかったかもしれません。

 

自称・皇帝
当記事は、
「黄蓋 赤壁の戦い」
「赤壁の戦い 勝因」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志平話】俺って凄いだろ?赤壁の戦いで諸葛亮が嫌な人に変身

関連記事:呪い!?赤壁の戦いで魏軍を襲った疫病の正体とは?

 


 

赤壁へ出陣

曹操

 

208年曹操は荊州を領土に加え、江東に勢力を保有している孫権を討伐するため、江東へ向けて大軍を引き連れて出陣。孫権は曹操軍を迎撃するため、周瑜(しゅうゆ)を総司令官に任命して兵を与えて出陣させます。

 

この時、黄蓋も周瑜の配下に加わって出陣することになります。そして曹操軍の大軍と孫権軍に加えて、孫権と同盟した劉備軍は赤壁の地でにらみ合うことになります。

 


 

火計を提案した黄蓋

 

黄蓋はこのまま曹操軍とにらみ合っていれば、いずれ数に劣る孫権軍が敗北する可能性が高いと考え、色々と考えを巡らせます。

 

周瑜

 

そして黄蓋は周瑜の元へ行き「我が軍は曹操軍と比較すると少なく、このままでは曹操軍と持久戦をするのは不利だと思います。そこでこの状況を打破するためには火計を曹操軍へ行うのがいいと思います。

 

三国時代の船 蒙衝

 

曹操軍は船と船の隙間がほとんどなく、火計を仕掛ければ曹操軍の船団全域に火が行き渡ること間違いありません。」と提案。周瑜は黄蓋の提案を受け入れて、火計を行うための準備を行い、黄蓋の作戦を決行することにします。

 

【赤兎馬はカバだった説に迫る】
赤兎馬はカバ


 

火計で呉軍は大勝利!!

 

黄蓋は自分の船に草や木をいっぱい載せ、草木に油をたっぷりとかけて曹操軍へ向けて出陣。黄蓋は火計を行う前に曹操軍へ降伏するための手紙を送っり、曹操軍から降伏を受け入れてもらえるように下準備も万全におこなっていました。

 

奮闘する黄蓋

 

こうして黄蓋率いる船団は曹操軍の陣営へ向い、曹操軍の船団が駐屯している所で草木に火をつけて突撃させます。曹操軍は黄蓋の船団からの攻撃をかわすことができず、曹操軍の大船団に火が燃え移り、大損害を受けて撤退していくのでした。

 

赤壁の戦いで敗北する曹操

 

こうして赤壁の戦いは黄蓋の提案した作戦によって大勝利します。


  

 

 

黄蓋がいたから大勝利することができた!?

黄蓋

 

赤壁の戦いは黄蓋の献策(けんさく)によって大勝利をおさめることができました。もし彼がいなければ赤壁の戦いに大勝利するのは、難しかったと思います。

 

その理由は黄蓋のように曹操軍へ降伏を信用させるような人材が、孫呉陣営に少なかったことです。その証左を紹介したいと思います。

まず一つ目の証左として黄蓋は、赤壁の戦いが行われる前に孫権が開いた会議に出席で、降伏派と見られていたことです。

 

黄蓋は曹操降伏派だった!?

孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 

 

正史三国志周瑜伝によれば、孫権が開いた会議で諸将は「曹操との戦力差ははっきりとしており、このまま戦っても勝つことが難しいので、曹操軍を迎え入れるのがいいでしょう。」と述べてます。

 

黄蓋がこのような意見を言ったと書かれていませんが、この意見を言った人と同じような意見を持っていたと推測できます。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

なぜならば周瑜伝(しゅうゆでん)では上記で紹介した諸将以外、誰も発言をしなかったからです。そのため曹操軍の中では孫権の諸将の中で、黄蓋=降伏派と見られていた可能性があります。

 

でもどうして曹操軍が孫権の身内で行われた会議内容を知っていたのでしょうか。

 

曹操

 

それは曹操軍の諜報機関が、孫呉の身内で行われた会議内容をキャッチすることに(もしくは曹操陣営へ情報を流していた武将がいたかもしれません)、成功していたからです。

 

不満を持っていた黄蓋??

 

そしてもう一つの理由として黄蓋が不満を持っていたと見られていた可能性があります。

 

周瑜

 

黄蓋は自分よりも年下の周瑜が、赤壁の戦いで総司令官として就任。

 

この事に黄蓋が不満を持っていると曹操軍の諜報機関が察知していた可能性があります。これらの理由から黄蓋が曹操軍に降伏したいとの手紙を送っても、怪しまれることなく信用されたのではないでしょうか。

 

上記のことから黄蓋がいなければ、曹操軍に火計を行う事ができず、赤壁の戦いで勝利することが難しかったのではないかと推測するのですが、みなさまはどのように思いますか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は黄蓋と赤壁の戦いについて紹介しました。

 

病死する張羨

 

彼が赤壁の戦いに従軍することができた事と曹操軍に疫病が蔓延していたこの二つの要因がなければ、赤壁の戦いに孫権・劉備連合軍が曹操軍に勝つことはできなかったと思いますが、みなさまはどのように思いますか。

 

参考文献 正史三国志周瑜伝・黄蓋伝など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【第一次濡須口の戦い】赤壁より人数が多い三国志史上屈指の会戦

関連記事:【知りたくなかった!】本当は書くほどの内容でもない赤壁の戦い

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

【動画】赤壁の戦いが盛られている4つの理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 荀彧(はじめての三国志)
  2. 劉備
  3. 荀彧
  4. 曹仁


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP