編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

この記事の所要時間: 46

 

黄蓋

 

蜀の老将・黄忠(こうちゅう)と間違う方もいると思いますが、別人です。

 

今回は黄蓋(こうがい)になります。

黄蓋(こうがい)と言えば呉の老将で赤壁の戦いで活躍した一人で有名ですね。

 

関連記事:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い

関連記事:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!

 

彼は、曹操を騙すため周瑜から棒叩きの計を受ける事になり

黄蓋が周瑜に対する不満は周囲にも明らかでした。

 

曹操軍のスパイもすっかりと周瑜と黄蓋の演技に騙され、

曹操に誤った報告をしたことにより曹操も信じ、黄蓋の偽りの降伏を受け入れ、

そして赤壁の戦いが開戦することになるのです。

 

赤壁の戦い以外でも多くの功績を残している名将は、

一体どんな人生を歩んできたのでしょうか。

 

関連記事:周瑜公瑾の輝かしい功績

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

 

 

黄蓋ってどんな人

 

黄蓋(こうがい)、字名は公覆(こうふ)といい、

呉の孫堅・孫策・孫権に仕えた老将です。

 

黄蓋は若い頃に父親が亡くなり乏しい生活を余儀なくされました。

普通ならグレたりするところですが、黄蓋は違います。

 

常に志を抱き、働きながら上表文の書き方や兵法の勉強を励み

並々ならぬ努力で今の地位を確保したというのも過言ではありません。

 

郡の役人になった黄蓋は後に、孝廉に推挙されました。

そして黄蓋の人生を大きく変える孫堅と出逢う事になるのです。

 

孫堅が挙兵すると黄蓋も賛同

photo credit: Swamp Flight via photopin (license)

photo credit: Swamp Flight via photopin (license)

 

184年、孫堅が義兵を挙げると黄蓋も随従し、荊州南部で山越による反乱を平定。

北では反董卓連合軍に参加し董卓を敗走させるなど功績が評価され

別部司馬に任命されました。

 

関連記事:激突、菫卓対反菫卓連合軍

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

 

孫堅が亡くなると息子の孫策・孫権に仕える

孫堅逝く

 

191年、孫堅が劉表に討たれると孫策・孫権に仕えて

各地で数々の功績を上げていくのです。

 

関連記事:呉・三国志 孫堅のあっけない最期

関連記事:孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ

関連記事:秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

 

呉の悩みの種 山越の存在

炎 s

 

長江下流では、山越(さんえつ)という異民族が昔から住んでいました。

長年、山越はなかなか呉に服従しようとせず、呉が中原進出の機会を失ってしまったのも

山越への対応に忙殺されたのが1つの原因です。

 

呉は諸葛瑾の息子である諸葛恪(しょかつかく)が台頭するまで

山越に悩まされる事になります。

 

山越討伐で孫権からの信頼が厚かった黄蓋

 

なかなか服従しようとしない山越が県に攻めこんできたと孫権の耳に入ると、

さっそく山越討伐軍を編成しました。

 

その中心となる人物は黄蓋でした。

 

黄蓋はここでも山越を服従させ、後に山越が多く住む9つの県にも赴任することになりましたが、

黄蓋の人柄によって山越も服従することになったのです。

 

関連記事:諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす

関連記事:魏や呉にもいた諸葛一族の話

 

黄蓋の人柄はどうだったの?

 

黄蓋の風貌は威厳があり、部下には日頃から優しく接していた為、

黄蓋が出兵する戦では兵士たちが率先し命を揮って戦う程、大変人望の厚い人でした。

 

そして強きを抑えて弱気を助ける統治を行っていた事から、

どの地も無事に平定されました。

 

また、日頃から漢民族による圧迫を受けていた山越も黄蓋の人柄から信服し平穏に暮らす事が出来たのです。

 

赤壁後の黄蓋は何をしていたの?

photo credit: 140519 via photopin (license)

photo credit: 140519 via photopin (license)

 

赤壁の戦いでは、第一線に立ち、開戦させた黄蓋ですが、

運悪く流れ矢に当たって長江に落ちてしまったのですが、自軍に救出されました。

 

しかし自軍は将軍・黄蓋だと分からなかった為、

治療してもらえず放置されてしまいました(笑)

 

偶然、同僚の韓当が発見し部下に黄蓋を手当をさせるよう命じ、

黄蓋はかろうじて助かる事が出来ました。

 

もし韓当に発見されなければそのまま治療もしてもらえず亡くなったでしょう。

赤壁の戦い後、武陵蛮が反乱を起こすと武陵太守に任命され鎮圧に当たる事になりました。

 

関連記事:赤壁の戦いは計略の宝庫

関連記事:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの?

関連記事: 曹操最大の失敗赤壁の戦い

 

武陵蛮 vs 黄蓋兵500人

photo credit: _DSC0256 via photopin (license)

photo credit: _DSC0256 via photopin (license)

 

黄蓋兵が城を守る兵は僅か500人しかおらず、

黄蓋は心理戦を使って武陵蛮と戦う事を決意。

 

黄蓋は武陵蛮を城門をわざと開けて敵を半分ほど誘い込み一気に撃退し反乱を鎮圧しました。

ここでも黄蓋は首謀者だけを誅殺し、首謀者以外の罪は問いませんでした。

 

黄蓋が亡くなったのはいつ頃?

photo credit: Light of hope via photopin (license)

photo credit: Light of hope via photopin (license)

 

黄蓋は反乱の度にその都度、平定をさせ孫権からも厚い信頼を得ていましたが、

その後、黄蓋は病没したとされています。

 

黄蓋の死去した年は史実には記されてないが、

予想では215年とされています。

 

というのは同時期になくなった孫権の従兄弟・孫瑜(そんゆ)がこの年に死去すると、

弟・孫皎が黄蓋・孫瑜の配下を指揮をしたと記されている事から215年に亡くなったのではないか?と言われています。

 

黄蓋の人生

草原 s

 

異民族が数年毎に反乱を起こす度に孫権から

討伐要請を受ければ速やかに鎮圧し任務を達成。

 

事務も長期間滞らせることがなかった為、孫権領内の人々は彼の死を大変悲しんだそうです。

『呉書』によると、黄蓋の肖像画を描いて季節ごとにお祭をした人々もいたと記録に残っています。

 

孫堅の代から功績を残し、孫堅の子・孫権からの信頼も非常に厚く、部下にも信頼され、異民族や人々から好かれた黄蓋。

呉の中では周瑜や甘寧、陸遜など有能な人物も多いですが老将・黄蓋もストーリーがあって面白いね。

 

 

—三国志を彩どる異民族が満載!—

三国志vs異民族 バナー

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

 

よく読まれてる記事:曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

 

ハイビスカス s

 

よく読まれてる記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

 

ジャングル s

 

よく読まれてる記事:沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる

 

 

この記事を書いた人:おとぼけ

スタッフおとぼけ

 

こんにちは、「はじめての三国志」代表のおとぼけです。

多くの方に三国志の魅力を知ってもらいたい為、ライターさん、ナレーターさん、映像クリエイターさん、

webデザイナーさんなど優秀な人材集めに力を入れています。人材マニアのなんちゃって曹操たいぷ。。

関連記事

  1. これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆ…
  2. 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?
  3. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察
  4. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。…
  5. 【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?
  6. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【6/12〜6/1…
  8. 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ」の見どころ紹介
  3. 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言葉を分かりやすく!
  4. 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!
  5. 【三国志と節税】ふるさと納税で得しよう
  6. 記録が乏しい孫堅の妻たち

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、戦い抜いた闘将【晋の将軍列伝】 はじめての三国志 好きな武将アンケート 投票結果 【はじめての孫子】第2回:どうして『孫子』はビジネスマン必携の書と言われるの? 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの? 【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに? 程昱(ていいく)は曹操の軍師となる前は一体何をやっていたの? 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(1/3) 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?

おすすめ記事

  1. 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯
  2. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介
  4. 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯
  5. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国時代のマナーを紹介!
  6. 後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?
  7. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった
  8. あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP