キングダム
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

宦官とはどんな人たち?朝廷を牛耳った宦官の役割を紹介

宦官




宦官の趙高(キングダム)

教科書でも習う中国の宦官(かんがん)

元は宮廷(きゅうてい
)
での重要な役職の一つでした。

その歴史は春秋時代(しゅんじゅうじだい)に始まり、近代の清朝(しんちょう)まで連綿(れんめん)と続いています。

ここでは宦官の歴史と役割について紹介していきます。

 

自称・皇帝
当記事は、
宦官とは」
「宦官 役職」
「宦官 役割」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの?

関連記事:【荀彧の日記念】荀彧の妻は宦官の娘?曹操とのシンクロが半端ない

 

 

宦官の始まりは役職名!?

宦官

 

去勢した男性をイメージする宦官ですが、もともとは王宮に仕える一般的な役職の名前でした。

 

鄧禹と兵士

 

中には敵国の戦争捕虜になり、刑罰によって去勢されたあとで王宮に仕えた者もいました。つまり、宦官には一般の小間使いも去勢された男性も混在していた時代があったのです。

 

やがて後漢の時代になると王宮に仕える男性が宦官に限定されるようになったため、

宦官=去勢手術をした男性の小間使いへと変わっていきます。

 

 

宦官は何をしていたの?

宦官VS外威 三国志

 

例えば、皇帝の宣言書を読み上げたり、宮廷を皇帝が移動する際の案内役、臣下が皇帝に面会をしてきたときの取り次ぎなど雑事が主体です。

現在の社長秘書に近い存在でしょうか。

 

そのため、政治的な話も自然に耳に入るようになり、小間使いながら政治の流れや宮中の噂なども簡単に入手できる立場にいました。

 

王族ボンビーから一転セレブ07 董太后、霊帝、王美人

 

皇帝にはたくさんの妻がいましたから、子どももたくさんいます。それは権力争いの種ともなりました。

どの妻も自分の子を産んで次の皇帝にさせようと躍起になります。男子を産めば万々歳ですが、女子しか生まれなかったり、皇帝と仲良くなれないと悲惨な状態におかれました。

 

ほかに皇子の教育係をまかされたのも宦官でした。皇子は幼い頃から皇帝になるまで宦官と協力して権勢を強めていきます。

ただの小間使いですが、先代の皇帝が即位した経緯なども知っていることから、皇子からは頼りにされることが多かったようです。

 

宦官も自分が世話をした皇子が皇帝になると自分も出世できます。実は皇子の段階では皇帝の跡継ぎというだけで「皇太子」とは違います。皇太子に任命されることは、次の皇帝になる保証を得たこと意味します。

 

皇帝にはたくさんの子どもがいるのが当たり前だったので、皇子と呼ばれる段階では宦官も安心できなかったのです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

後漢の桓帝が宦官と手を組んだ!?

張角と通じていた宦官

 

三国志のはじまりは黄巾の乱ですが、これが起こった原因は宦官による朝廷の腐敗です。

 

後漢の桓帝(かんてい)は先代を毒殺した「梁冀(りょうき)」が許せませんでした。梁冀の妹は桓帝の妻になるのですが、皇帝の義理の兄という立場を利用して権力を握ります。自分の意見と対立する勢力をことごとく殺し、宮廷にのさばるのです。

 

やがて、桓帝は宦官である「単超(ぜんちょう)」と手を組み、梁冀の住まいを包囲し、クーデターを起こします。よほど梁冀が憎かったのか、桓帝は梁冀の一族を皆殺しにします。宮廷がスカスカになるほどの大人数で梁冀一族の息のかかった家臣がいかに多かったかが分かります。

 

宦官たち 

 

梁冀一族は征伐したものの褒美をもらって権力を得たのは、宦官たちでした。あの曹操のおじいさんに当たる「曹騰(そうとう)」もその一人です。

宦官には養子が認められ、血縁関係はなくとも後継者を残すことができたのです。

 

宦官グループ十常侍とは?

西洋が好きな霊帝

 

次の霊帝の時代に入ると「十常侍(じゅうじょうじ
)
」という宦官集団が誕生し、皇帝をも凌ぐ力を得ます。

 

実際には12人の宦官がいましたが、語呂が悪いので”十常侍”とされました。もちろん宦官の勢力に反対する家臣もいました。

しかし、彼らはことごとく牢に入れられてしまうのです。それぐらい宦官の勢力が強い時代でした。

 

宦官を一掃することを決意する何進

 

やがて、将軍の「何進(かしん)」が宦官勢力と対立。

 

何皇后(毒蛇) 何進

 

十常侍たちは皇后を利用して、何進を殺害します。

 

後継者を決めずにダラダラする袁紹

 

これに怒ったのは袁紹(えんしょう)です。宮中の宦官を一掃します。

 

荀彧と袁術

 

いよいよ三国志(さんごくし)の話が見えてきました。

 

董卓

 

そして、宦官の数名を救った董卓(とうたく)が台頭し、後漢(ごかん)を滅亡へと導きます。

 

三国志ライター上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

宦官の歴史と三国志とのつながりを紹介しました。

 

中国では当たり前のシステムでしたが、日本では広まりませんでした。島国ゆえに異民族の「捕虜」という概念が乏しかったからかもしれません。

いずれにしろ中国の歴史で宦官が暗躍していたのは事実です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:だって涙が出ちゃう!中国史に残る良い宦官列伝

関連記事:【中華二千年の戦い】皇帝の友達宦官vs母方の血族外戚

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

【動画】中国史に残る良い宦官列伝4選

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




上海くじら

上海くじら

投稿者の記事一覧

三国志との出会いは高校生の頃に読んだマンガの三国志。
上海留学中に『三国志演義』の原文を読む。
また、偶然出会った中国人と曹操について語り合ったことも……。
もちろんゲームの三国無双も大好きです。

好きな歴史人物:
曹操、クリストファー・コロンブス

何か一言:
覇道を以って中原を制す

関連記事

  1. 劉備と曹操 三国鼎立は悪人・劉備によって生まれた!世界史に三国志がほとんど載…
  2. 皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?
  3. 潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人?
  4. 晋の陳寿 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!
  5. 姜維はなぜ魏から蜀に寝返った?
  6. これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ)
  7. 龐徳は馬超に義理で部下になっていた!?
  8. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志
  2. 酒井忠次
  3. 絶世美女 貂蝉
  4. 王平は四龍将

おすすめ記事

  1. 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由
  2. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?
  3. 諸葛亮がもし延命していたら三国志はどうなる?第五次北伐後の孔明の戦略 歳をとっても元気な孔明
  4. 第11話:袁術くん「ミスコミュニケーション」の対策を劉表から学ぶ 袁術
  5. 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だった!?英雄の波瀾万丈な人生に迫る! 孔明と司馬懿
  6. 澶淵の盟の背景は?燕雲十六州を巡る争いの歴史について解説 「宋」の国旗をバックとした兵士

三國志雑学

  1. 徐庶
  2. 夏侯惇
  3. 降伏する劉禅
  4. 曹操に命乞いをする呂布と反対する劉備
  5. 羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  2. 陳勝・呉広
  3. 関羽

おすすめ記事

【三国天武 攻略その3】諸葛孔明?それとも呂布?三国天武に登場する超強力な星7武将ランキング 【9月の見どころ】9月に公開予定:三国志平話の世界 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6 真田丸 武田信玄 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの? 過労死する諸葛孔明 どうして蜀は人材難に陥ったのか? 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP