ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

黄巾の乱を引き起こした大平道、民衆は彼らに何を望んでいたのか?

周倉


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

太平道 黄巾賊

 

三国志(さんごくし)のきっかけとも言われている黄巾の乱(こうきんのらん)、その乱を引き起こしたのはある宗教です。

その宗教の名前は大平道(たいへいどう)、つまり黄巾の乱とは宗教戦争とも言える戦争であり、争いだったのです。

 

黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)

 

今回はこの大平道(たいへいどう)について知って頂きながら、大平道が目指したのは一体何だったのかを考えていきたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「黄巾の乱 太平道
太平道 目的」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:黄巾の乱から増える戦死者、三国志時代が人口減少を招いたの?

関連記事:張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生

 


 

太平道が生まれたきっかけ

こいつらが悪役達だ!

 

天災、政治の腐敗によって元々低くなっていた漢王朝(かんおうちょう)の権威は地に落ち、民衆の苦しみは増すばかりだった時代に現れた救世主、それが張角(ちょうかく)という人物です。

 

張角は歴史の表舞台に登場

 

張角(ちょうかく)は不思議な術を操ったといわれており、人々の病を治したり、天候を操るという奇跡を起こして回りました。

 

于吉と張角

 

この張角が引き起こした奇跡について、三国志演義(さんごくしえんぎ)の方では「山の中で南華老仙(なんかろうせん
)
という仙人から太平要術(たいへいようじゅつ)の書を授けられた」となっていますが、実際にはどのような経緯で張角がこのような奇跡を起こしたのかは分かっていません。

 

黄巾党員

 

しかし事実がどうであれ張角は当時の民衆から見れば救世主でした。

多くの民衆は張角の元に集まって大きな宗教団体となり、約10年間で数十万の信徒を得ました。

 

太平道の祖・張角(黄巾賊)

 

この宗教団体こそが大平道(たいへいどう)です。

そして彼らは妥当漢王朝の戦、黄巾の乱を画策します。

 


 

教祖・張角の早すぎる死

張角逝く

 

黄巾の乱は突発的に勢いで始められた訳ではありません。

入念な準備がされて始まる予定だったのですが、その事前準備がうまくいかないばかりか、何と張角自身が黄巾の乱の開始直後に病死します。

 

茶を飲む張角(太平道)

 

いきなり病死ということもないでしょうから、以前からすでに体調を崩していたのではないでしょうか?

そう考えると事前準備が失敗したのも、張角という指導者が失われたからかもしれませんね。

 

李典と于禁、黄巾賊

 

しかし張角が病死したからといってすべてをいまさらなかったことにはできません。この時には既に漢王朝の方でも討伐軍を結成していましたので、各地で戦が起こります。これこそが黄巾の乱です。

 

しかし既に指導者がいなくなっていた黄巾賊たちは鎮圧されていき、太平道はわずか7ヶ月でその活動を停止することになりました。


 

暴走を続ける大平道

黄巾賊

 

しかし、黄巾賊はこれで終わってしまった訳ではありませんでした。

 

寧ろここで終わってしまっていれば、黄巾賊はまだ世の中を変えようとした一つの宗教団体で終わっていたかもしれません。

黄巾賊の目指す方向はどんどんと悪い方向に進んでいってしまうのです。

 

周倉

 

張角、そしてその弟二人という指導者を失ってしまった大平道の信者たち。今だ変わらない政治腐敗に不満を持つ民衆たち。

彼らは黄巾賊という名前を名乗って各地で暴れまわり、略奪などを繰り返しました。

 

怒る村人 三国志

 

この件によって黄巾賊は恐ろしい盗賊の集まりのようなイメージを持たれるだけでなく、当時でも民衆たちは「黄巾賊」を恐れていたといいます。

最初こそ王朝の腐敗から民を救うために結成されたのに、最後は指導者を失って悪に落ちてしまうのは皮肉と言うほかありませんね。


  

 

 

望まれたのは何だったのか?

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

ここで少し考えてみたいのが、民衆は「大平道に何を望んでいたのか」ということです。

もちろん救いを求めていた、現状を変えて欲しかったということもあるでしょう。

 

皇帝いっぱい

 

しかしそこにこの時代にもっとも大事であった「天意」を考えると、ある目的が浮かびます。

天意とは天の意思であり、これは帝にあると考えられていました。

 

竜を追っている石川氏

 

しかし国が乱れると天意は帝にはない、それが例え自然現象であっても天災が起こればそれは帝が天意に認められていないと考えられているのです。

そこに張角、大平道が現れて天候を操るような奇跡を起こした…民衆は大平道に「天意を見出した」のではないでしょうか?

 

だから張角についていったし、そして張角亡き後はその大平道を「利用した」のだと思います。天意は大平道にあるのだから何をしてもそれは天の意思…そういった考えから最終的に大平道は大義名分として利用されたのではないか、と想像してしまいます。

 

求めたのは救いだったのか、それとも何をしても良いという大義名分だったのか…そう考えると、黄巾の乱というのは、とても深い意味を持った争いであったのではないでしょうか。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン f

 

この時代の中国では天意と言うのは非常に重く、それは三国志の後半での禅譲(ぜんじょう)の場面でも良く表れています。

 

老子(ろうし)道家

 

三国志の時代ではどのような思想があって、どんな価値観が重要視されていたのか、それを知ってみると一つの場面の見方が大きく変わってきます。

大平道は結果として世を更に乱れさせてしまいましたが、その本質はどこにあったのか…それを知ると共に、三国志当時の世の中も深く知って欲しいですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体をミエルカしてみるよ

関連記事:黄巾の乱ってどんな戦い?黄巾の乱を簡単に知ってみませんか?

 

【世界よ、これが黄巾賊だ】
黄巾賊

 

【動画】黄巾賊の親玉 張角が太平道の信者を増やした方法


 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 陸遜 剣と刀 【三国志刀剣乱舞】三国志武将が持っていた名刀・名剣を紹介するよ
  2. 夏侯惇と呂布 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析
  3. 陳寿(晋) ズルい!陳寿と司馬氏が劉備&孫権の皇帝詐称をOKにした…
  4. 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどん…
  5. 孫子の兵法 曹操 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?
  6. 魏の曹操孟徳 曹操へ祖父曹騰から与えられた人脈遺産とは?
  7. 張燕 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる!
  8. 陳宮 陳宮が董卓の配下になってたら三国志どうなった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん
  2. キングダム 戦国七雄地図
  3. 燃える本能寺
  4. 君主論18 kawausoさん
  5. 張昭、孫権、孫策、周瑜
  6. 関羽を捕縛する馬忠
  7. 皇帝いっぱい
  8. 曹操と夏侯惇

おすすめ記事

  1. キングダム最新624話ネタバレ「人の代表」レビュー考察 キングダム56巻
  2. 土方歳三の勇気が湧く名言「灰になっても自分を貫け」 新選組の土方歳三
  3. 諸葛亮の忠義を劉備は疑っていた?劉備の遺言を考察してみた 劉備
  4. Webサイトリニューアルのお知らせ はじめての三国志
  5. 常林(じょうりん)とはどんな人?あの司馬仲達が頭を下げて接した政治家 司馬懿が頭を下げても堂々とする常林
  6. 第16話:袁術くん「マインドフルネス」を劉備から学ぶ 劉備を僻む袁術

三國志雑学

  1. 朱然
  2. 黄月英
  3. 五虎大将軍の馬超
  4. 饅頭を作る孔明


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム
  2. 織田信長
  3. ボロボロになった馬超
  4. 蚩尤(神)

おすすめ記事

織田信長 【センゴク】戦国時代を揺るがす本能寺の変。秀吉はこの事件のせいでショックを受けて腑抜けになった!? 泣く子も張遼 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説 梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書いた文化人 親バカな諸葛孔明 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子 韓信vs孔明 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術 秦の旗を掲げる兵士 秦漢って一括りにされることが多いけど違いは?【秦漢帝国】 2017年はじめてのストライキ宣言文 101話:曹操魏王に、そして劉備は漢中奪回を目指す

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP