よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生

太平道 黄巾賊

黄色で有名と言えば、キレンジャーとカレー、それに黄巾賊だと、

エライ人が言ったとか言わなかったとか・・

 

それほどに、世界を黄色く染め上げた人物こそが黄巾賊の親玉、

大賢老師(たいけんろうし)、張角(ちょうかく)です。

後漢王朝に大ダメージを与え群雄割拠の時代を呼び起こした、

この黄巾馬鹿一代の人生を追ってみましょう。

 

試験に落ちて、役人にはなれず・・・最初の挫折

張角 不合格

 

張角は、何も最初から黄巾賊のような宗教団体の親玉だったのでありません。

元々は正義感が強く、腐敗した世の中を正してやろうと意気込んでいた

田舎の青年でした。

 

ですが、学力が無かったのか、コネが無いのか、張角は試験に受からず、

最初の世の中を変えたいという夢は挫折します。

 

ならば、宗教指導者として世の中をよくしよう!だけど・・

暴れる黄巾党008

やる事もなく、実家で野良仕事をしていた張角ですが、何らかの切っ掛けで

元は仙人于吉(うきつ)が保有していた太平清領書を手に入れます。

この本、全部で170巻あるようですが、于吉の弟子が朝廷に献上すると、

胡散臭い妖術の本とされ門外不出とされます。

 

その朝廷では胡散臭いとされた太平清領書ですが、これを読んだ張角は、

大変に感銘を受けて、この教えで世の中を救おうとし

太平清領書の教えを元に、太平道という宗教団体を興します。

 

ですが、張角が、街角に立っていくら、

「太平道は素晴らしいよ、あなたは太平道を信じますか?」

と言っても立ち止まる人はなく、それどころか胡散(うさん)臭い

インチキ道士だと思われて避けられてしまう有様でした。

こうして、張角の夢は再び、挫折してしまうのです。

 

張角、方針を変更、奇蹟を起す人になる

張角 ゆるキャラ 黄巾賊 三国志

 

がっかりした張角、

「こんな素晴らしい教えなのに、何で誰も聞いてくれないんだ?」と

どん底まで落ち込み、家に引きこもり、再び、熱心に本を読みなおします。

 

そして、病気を癒す方法のページを読んでいた時に張角に天の啓示があります。

「そうだ!病気に悩んでいる不幸な人の病を治せばいいのだ。

論より証拠、そうすれば太平道を信じる人が増えるだろう!」

 

張角は家を飛び出して、杖を片手に、病気で困っている人を探し始めます。

当時は、貧しい人は医者に掛れず、ただ自力で病を治すしかありません

ですので、うろうろしていると病人はすぐに見つかりました。

 

張角は強引に貧しい病気の人の家に入っていき、

太平道の教えを説きながら、自作の護符を火で焼いて水に混ぜ、

病人に飲ませました。

 

「汝は、かつて悪事を為したな?今の病はその祟りであるぞ、、

しかし、心配はいらぬ太平道の教えを信じて悔い改めれば病気は治る」

 

誰だって、長年生きていれば人に言えない悪事の一つや二つはあります。

ところが病気で弱っていた病人は、張角が自分が気にしていた悪事を

見抜いたのだと信じ込み、びっくりします。

 

そして、安心した事が良かったのか、病気は次第に解放に向かったのです。

 

こうして、怪しげな呪文と護符で病気を治す張角の噂は、瞬く間に、

華北一帯に広がっていきます。

 

張角、再び、世直しを考え宦官張譲を買収するが・・

日本エレキテル連合  張角

 

張角の病気治療は失敗する事も度々ありましたが、

「病気が治らないものは太平道を信じる気持ちが足りないのだ」

と強弁して押し通しました。

 

その間に、張角の手足となって働く門弟も増えてゆき、この間まで

無職だった張角は教祖様と崇められるようになっていきます。

 

張角は、主だった弟子を各地に派遣して、自分の名前を吹聴させます。

どんな不治の病でも治す張角の奇蹟の治療は、こうして評判になり、

張角の教団の本部には、沢山の病気に悩む人々が列をなすようになります。

 

信者が何十万人と膨れ上がると、張角は若い頃に諦めた、世直しの夢が

再び頭の中に湧いてきました。

 

しかし、真正面から官軍とぶつかれば、素人の太平道の信者では、

勝てるわけがありません。

 

そこで、張角は中常侍(ちゅうじょうじ)の宦官である

張譲(ちょうじょう)を大金で買収して、洛陽の門を開かせて

電撃戦で後漢を滅ぼそうと考えます。

 

買収は成功、決起の日は西暦184年、3月5日と決められます。

張角は、それまでに現代まで残る有名なスローガン。

 

蒼天已死 黄天當立 歳在甲子 天下大吉

という文言を考えました。

 

意味は、漢の天下は死んだ、これからは黄巾の天下だ、

甲子の歳に革命は起こり、世の中は太平になるだろうです。

 

さらに張角は、革命を煽るように洛陽や地方の行政庁舎の門に、

白チョークで甲子と書いていきました。

 

ところが、ここまで念入りに組みあげた蜂起計画は、

買収した宦官の張譲が怖気づいたせいで、あっさり朝廷にバレました。

 

こうして、電撃戦で洛陽を落そうとした張角の計画は挫折します。

 

関連記事:十常侍ってなんぞや?

関連記事:人々の鑑になった良い宦官達

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 的盧はヤバい馬なのか?的盧にまつわるエピソードをご紹介
  2. 【ネタバレあり】映画ドラゴンブレイドを三国志ライターkawaus…
  3. 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイム…
  4. 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?
  5. 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの?
  6. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 【三国志とお金】五銖銭が鋳造された本当の理由
  7. 【シミルボン】衝撃!あの孔明にパシリの時代があった?
  8. 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志ライター よかミカンさん
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2

おすすめ記事

  1. 天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性?
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  3. 94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍
  4. 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯
  5. 【三国志平話】劉備を殺す気満々!でも皇帝ブランドに騙された孫夫人
  6. 羊祜(ようこ)ってどんな人?皆に慕われた名将 羊コ 羊祜 魏と晋

三國志雑学

  1. 蜀の劉琦
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

北条早雲の逸話を紹介、戦国のパイオニアは魅力的な男? 何で曹操は漢中で劉備に負けたの? 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった? 曹操が洛陽北部尉時代にやった売名行為とは? 95話:馬超と張飛の一騎打ち 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた 霊帝が名君だったら三国志はどうなった?本当に無能だったの? 曹丕 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官でもあり光武帝配下・馮異の子孫

おすすめ記事

  1. 【総集編】2016年一番可愛そうな武将まとめ20選
  2. 盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」をかけた政治家
  3. 何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?
  4. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!
  5. 【三国志とお金】公共事業にたかる豪族勢力
  6. 太史慈が劉繇に対して忠義ゼロだった!?
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【5/1〜5/8】
  8. 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP