呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

宛城の戦いで曹操に称賛された于禁という武将の性格を知ってみよう

于禁




一人で逃げる曹操

 

宛城の戦い(えんじょうのたたかい)では、曹操(そうそう)張繍(ちょうしゅう
)
の奇襲を受けて敗北、逃走します。

その曹操を救うために幾人もの武将たちが戦いますが、その中に于禁(うきん)という武将の記述が出てきます。

 

于禁

 

于禁に関しては三国志全般の中でも評価が分かれると思いますが、今回は宛城の戦いでの于禁の行動に注目しながら彼の性格を知っていきましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「宛城の戦い 于禁」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:于禁は曹丕のドッキリのせいで亡くなった!?気の毒な于禁のパワハラ話

関連記事:【衝撃の事実】于禁は三国志のアニメで女の子として登場している!?

 

 

張繍の奇襲によって窮地に陥った曹操

曹操と張繍

 

曹操は宛城にいた張繍を降伏させますが、色々あってその後二人の仲は険悪なものになります。

 

悪来と呼ばれた典韋

 

曹操は先に張繡を暗殺しようとするもその行動がバレてしまい、先に張繡による奇襲を受けることになります。夜の闇に紛れて曹操は這う這うの体で逃げ、しかもその果てに嫡男、甥っ子、大切な部下を失います。

 

于禁

 

さて他の曹操の配下たちが曹操を救出するべく駆け付け、戦います。その武将たちの中に于禁もいました。戦線は大混乱していましたが于禁だけが戦いながら退却をして、曹操の撤退を手助けする一因となりました。そんな中である問題が起こります。

 

 

青洲兵にも容赦をしなかった規律正しい人間だった于禁

曹操と黄巾賊

 

かつて黄巾賊として働いていた人物たちは、曹操の配下である青洲兵(せいしゅうへい)となっていました。

 

曹操が黄巾党が仲間に!

 

青洲兵はまだまだ兵の少なかった曹操にとってはありがたい存在だったのか、曹操は青洲兵に対してかなり甘い対応を取っていたと言われています。

 

李典と于禁、黄巾賊

 

そんな青洲兵が、この危機的状況にも関わらず味方に対して略奪行為を行いました。当然ながら軍律違反です。于禁はこれを厳しく責め、于禁を恐れた青洲兵は逃走しました。そして曹操に于禁のことを告げ口をしたのです。

 

普段から青洲兵に甘い曹操ですから、于禁の配下は急いで曹操のところに行って弁解をするように于禁に薦めました。

 

「いにしえの名将にも勝る将よ」 by 曹操孟徳

眠る于禁

 

しかし于禁はこれに取り合いませんでした。

于禁は自分の身を守るために曹操の元に行くよりも、敵に備えて迎撃することを重要視したのです。

 

于禁は配下たちと共に陣を敷き、敵と戦う準備を入念にしてから曹操の元に向かいました。

そうして改めて何が起こったのか曹操に説明したのです。

 

于禁、曹操、青州兵

 

曹操は于禁のこの振る舞いに喜び、上記の言葉を残しました。そうして于禁を惜しみなく称賛した曹操は、より一層于禁を重く用いるようになったと言います。

 

規律に正しい人ほど嫌われてしまうのは仕方のないことかもしれません。しかしそこに一切の弁解をせずに己の責務を全うするというのは、中々できるものではないでしょう。曹操もそれを分かっていたからこそ、于禁を重用したのでしょうね。

 

于禁という人物像

于禁と兵士

 

さて宛城の戦いのこのシーンから于禁という人物像が見えてきます。

 

于禁の部下と兵士

 

良くも悪くも「糞真面目」というのが、正直な于禁のイメージです。それを裏付けするように、規律に厳しかったことから于禁は部下たちや同僚からもあまり好かれてはいなかったようですね。しかし周囲から嫌われている人物というのは、当然ながら消されるもの。

 

それなのに于禁は嫌われている一方で、そこまで周囲から排除するようにというような存在ではなかったのです。青洲兵がやったように、曹操に于禁に関して告げ口をするような箇所はいくつかあっても、本気で于禁をどうにかしようという人物はいませんでした。

 

それは于禁が自分に対しても厳しく、清廉潔白な人柄であったからではないかと思っています。他人に厳しく自分に甘いなんて人は早々に見切りを付けられたり、下手をすれば引きずりおろされる時代です。

 

その中でも周囲に嫌われていたが、そんなことはされなかった于禁。

そこに于禁の真面目な、真面目すぎる性格が如実に表れていると思います。

 

そんな于禁ですが、樊城の戦いで最期にとんでもない経歴を作ってしまいます。このせいか、後年の于禁のイメージはあまり良いとは言えません。

しかしそこまでに至る于禁の性格を読み取って、改めて于禁という武将の評価をして欲しいと思いました。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン f

 

皆さんの于禁のイメージは、どんなものでしょうか?

 

于禁はどうしても最期のイメージが強く、そこまで優秀な武将ではないと、下手をすれば情けない武将だと誤解している人も多いかと思います。しかし私は「人間の評価は必ずしも本人の行動だけで決まってはくれない」そんな印象を抱かせる、三国志の英雄の一人だと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:于禁はチキン?その評価の妥当性について考えてみた

関連記事:于禁と張遼の相性はイマイチ?2人の絶妙な関係を深堀りしてみる

 

【世界よ、これが黄巾賊だ】
黄巾賊

 




セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】
  2. 朱然に後を引き継ぐ呂蒙 朱然と孫権は劉備三兄弟に負けないくらい固い信頼関係で結ばれていた…
  3. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  4. 解煩督 呉 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの…
  5. 魯粛 魯粛から「食わせ者」の本当の意味を知ろう!!
  6. 韓遂と王国の反乱が後漢王朝の基盤を揺るがした
  7. 蔣琬は諸葛亮がいなければ死んでいたってマジ!?
  8. 五虎大将軍の馬超 新人・馬超が劉備と馴れ馴れしく口をきいていた!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 南蛮胴を身に着けた織田信長
  2. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ
  3. キングダム
  4. 上杉謙信
  5. 岳飛(南宋の軍人)
  6. ツンデレ曹丕
  7. よかミカンさん はじめての三国志ライター

おすすめ記事

  1. 荀彧は三国志の中でもトップクラスの名門だった件 荀彧
  2. 楊修の死因とは?曹操に恨まれた優秀な男の最期を分かりやすく解説 苛ついている曹操
  3. 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた? 李儒と三国志
  4. キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ大統領の広島訪問 はじめての三国志 画像準備中
  5. 始皇帝の偉大な業績!漢字を統一し意思疎通を容易にした中国の産みの親 始皇帝
  6. 【はじ三グッズ】可愛い郭嘉のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定 郭嘉スマホケース

三國志雑学

  1. 関羽
  2. 親バカな諸葛孔明
  3. 張遼・楽進・李典
  4. 辮髪(べんぱつ)
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 吉田松陰(極悪顔)
  2. 武田騎馬軍団 馬場信春

おすすめ記事

【転職面接を攻略】呂布、陳琳、孔明に学ぶ面接必勝法 怒る陳宮 陳宮は呂布が大嫌いで殺害を企んでいた!本当は呂布を裏切るつもりでいた陳宮 曹操 孔明をチェック 孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった? 三国夢幻演義バナー 龍の少年 三国夢幻演義 龍の少年 第5話「別離の日」配信日が決定しました キングダム ネタバレ予想534話 日没まで 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】 一騎打ちをする太史慈と孫策 取ったど~!太史慈、孫策の兜を奪い取っていたことが判明 赤鎧を身に着けた曹操 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは…

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP