キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

馬超は許チョにビビって何にもできなかった!?一騎打ちもウソ?

ボロボロになった馬超




蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

 

西涼(せいりょう
)
(にしき)として知られ、三国志演義(さんごくしえんぎ)では五虎将軍(ごこしょうぐん)の一人として有名な馬超(ばちょう)

 

許チョ(許褚)

 

そして曹操(そうそう)の親衛隊隊長で虎痴(こち)の呼び名で有名な許チョ。

馬超許褚(きょちょ)潼関の戦いで、出会うことになりますが、馬超が許チョにビビって居たのをご存知でしょうか。

 

今回は馬超が許チョにビビっていたお話を紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「馬超 許チョ」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:実は馬超は漢民族じゃなく異民族だった?

関連記事:馬超はメンタルが弱い?馬超孟起のメンタルが弱かった理由

 

 

膠着する戦い

出世した韓遂

 

曹操は馬超と韓遂(かんすい
)
らが結託して反乱を起こしたことを知ると自ら軍勢を率いて出陣。この時、親衛隊隊長・許チョも曹操に従って出陣します。

 

赤鎧を身に着けた曹操

 

曹操は馬超らと潼関(どうかん)付近で決戦。馬超率いる連合軍は曹操を追い詰めあと一歩で討ち取る所まで追いつめますが、許チョの機転により曹操を逃してしまいます。

その後曹操軍と馬超・韓遂連合軍はお互い一歩も引かず、膠着状態へ突入。

 

馬上で曹操と会談する韓遂と閻行

 

曹操はこの膠着状態を打破するべく韓遂と馬超へ「一緒に話をして盛り上がろうじゃないか」と呼びかけます。すると馬超と韓遂は曹操の招きに応じて会談場所へと向かうことになります。

 

 

馬超のたくらみ

蜀 武運を誇る馬超

 

馬超は曹操と会談することが決定すると、当日自ら曹操に向かって一直線に走り、彼を討ち取ってしまおうと考えていました。しかし馬超のたくらみは外れてしまいます

 

許チョにビビってしまう馬超

許チョと曹操

 

曹操は親衛隊隊長の許チョだけ連れて会談場所へ向かいます。馬超は韓遂と一緒に会談場所へ到着。

 

許チョ

 

馬超は曹操へ躍りかかって殺害しようとたくらんでいましたが、曹操の後ろにいる屈強な人物が気になり、一言曹操へ訪ねます。馬超は曹操へ「君の所には虎侯と呼ばれる屈強なボディーガードがいるようだが、今回は連れてきてないのか。」と尋ねます。

 

許チョと曹操

 

すると曹操は後ろに控えている人物に指を向けて「こいつがわしの虎侯じゃ」と紹介。許チョは馬に乗りながら馬超を凄い形相でにらみつけていました。馬超は許チョのとてつもない形相でにらんでいる彼の圧力にビビってしまい、曹操へ手を出すことができませんでした。

 

こうして三人は大した話をすることもなく、お互い分かれてしまうのでした。

しかし三国志演義では上記で紹介した正史三国志の内容と異なります。

 

渾身の一騎打ちを繰り広げる馬超と許チョ

馬超 vs 許褚

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)の馬超は許チョと一騎打ちを繰り広げています。

 

潼関の戦い(どうかんのたたかい
)
で馬超と許チョは戦場で出会い、一騎打ちが行われます。馬超は許チョとの一騎打ちで、あまりにも暑かったのか上半身裸になり一騎打ちを再開。

しかし二人の実力は伯仲しており、決着をつけることができず、撤退のどらが鳴らされ分かれてしまいます。

 

馬超と韓遂

 

その後、馬超は韓遂と仲違した事がきっかけで、曹操軍に敗北することになり、一騎打ちの決着をつけることなく、二人とも亡くなってしまいます。

正史三国志では許チョの形相にビビってしまい、手が出せなかった馬超。

 

五虎大将軍の馬超

 

しかし三国志演義では勇猛果敢に許チョへ一騎打ちを行っている勇猛果敢な勇将として描かれています。

三国志演義の馬超と正史三国志の馬超を紹介しましたが、皆様はどちらの馬超がお好みですか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

馬超と許チョの一騎打ちを紹介しましたが、最後に馬超の凄まじい一騎打ちをもう一つ紹介して終わりにしたいと思います。

 

張飛VS馬超

 

馬超は劉備(りゅうび)の配下になる前、劉備の義弟・張飛(ちょうひ)と激闘を繰り広げたことがありました。馬超と張飛は一騎打ちを行いますが、両者実力が拮抗して中々決着がつかないため、昼間に行われた一騎打ちが夜中まで続いたそうです。

 

しかしそれでも両者の一騎打ちに決着がつくことが無かったそうです。

 

馬超の仲間入り

 

馬超が張飛と同じレベルの強さを持っている事にも驚きですが、一騎打ちを昼から夜までずっと続けられる二人の体力も凄くないですか。

レンなんてもう夜中まで起きてられる体力すら残念ながらありません。

 

■参考文献 正史三国志魏書・蜀書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【馬超の妻の死から読み取る】馬超の再起を分かりやすく解説

関連記事:新人・馬超が劉備と馴れ馴れしく口をきいていた!?

 

【曹操を二度追い詰めた錦馬超を徹底考察】
馬超特集

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孔明 【荊州獲ったどー!】諸葛亮&愉快な仲間の州乗っ取り計画…
  2. 張飛と本多忠勝 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…
  3. 袁術と袁紹の喧嘩 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  4. 陳宮 どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯…
  5. 悲報!郭嘉にブサセン疑惑
  6. 賈詡 郭嘉と賈詡どっちが秀でた軍師だったのか【今夜比べてみました】
  7. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 三国時代、魏・蜀・呉はそれぞれどんな経済政策を打ち立てたのか?
  8. 曹操と夏侯惇 夏侯惇の眼帯はバカにされるのを隠すためだった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ロバ顔の諸葛瑾
  2. 朱然
  3. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  4. 于禁と兵士

おすすめ記事

  1. 【すっきり解説】曹操の元に徐庶が留まり続けた理由 徐庶をゲットする曹操
  2. 徐盛(じょせい)ってどんな人?人生を戦いの中で過ごした呉の将軍 徐盛(じょせい)呉の将軍
  3. 勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか?
  4. 【織田信長の経済政策】織田家がお金持ちになれた経済政策を分かりやすく解説 馬に乗って戦う若き織田信長
  5. 井伊直政の死因とは?本当に火縄銃で撃たれて亡くなったのか? 井伊直政
  6. 【史記】には解説書が3つ三家注って何?

三國志雑学

  1. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  2. 戦え于禁
  3. 呉の勢力を率いる孫策
  4. 蜀の皇帝に即位した劉備
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 茶を飲む張角(太平道)
  2. 孔融と曹操
  3. 黒田官兵衛
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 呂玲綺

おすすめ記事

馬良って何した人だっけ 夷陵の戦いでの馬良、不思議と正史と三国志演義の扱いが違う理由 え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/22】 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー 孔明君のジャングル探検 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀は農民を大事にしていたのに○○された!? 曹操 女性の敵? 鄒氏 【宛城の戦い】背後にあった女性(鄒氏)の謎と想像の考察 【潼関の戦い】曹操軍の補給を担った杜畿(とき)を解説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP