コメント機能リリース
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

上杉謙信はどんな性格をしていたのか?義を重んじるきっかけとは?

上杉謙信




上杉謙信

 

上杉謙信(うえすぎけんしん)といえば義を重んじる性格で、天下統一を狙わなかった戦国大名として有名です。戦いでは連戦連勝で、ほとんど負けたことがないといわれています。戦いの神である毘沙門天(びしゃもんてん)を崇拝し、自らを毘沙門天の化身としました。

 

上杉謙信

 

上杉謙信が他の戦国大名と異なり、なぜ天下統一を狙わなかったのでしょうか。今回は上杉謙信の義を重んじる性格になったきっかけを中心に取り上げます。義を重んじた出来事をこの記事の後半で紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「上杉謙信 性格」
「上杉謙信 義」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:上杉謙信は梅干と酒のせいで亡くなったのは本当なの?高血圧な戦国大名だった?

関連記事:上杉謙信の戦術・車懸りの陣とは?

 

義を重んじる性格は上杉謙信の少年期の修行生活にあり

 

上杉謙信は1530年に越後国上杉氏の守護代長尾為景(ながおためかげ
)
の四男として生まれました。当時、謙信は長尾景虎と名乗りました。景虎は春日山城の麓にある林泉寺に預けられ、仏門修行の日々を送ります。義を重んじる性格になったのは寺での修行生活にあると考えられます。

 

長尾為景の跡を長尾晴景(ながおはるかげ
)
が継ぎましたが、晴景は病弱で頼りなかったため越後国内では争いが絶えません。長尾晴景は寺で修行していた景虎を呼び戻します。呼び戻された景虎は争いを次々と鎮め、結果として越後国を統一することができました。

 

北条氏康

 

長尾景虎は越後国の戦国大名になると、北条氏康(ほうじょううじやす
)
との戦いに敗れて越後国に逃れた関東管領の上杉憲政(うえすぎのりまさ
)
を保護しました。長尾景虎が上杉憲政の養子となり、関東管領を継ぐとともに長尾景虎から上杉謙信と名前を変えました。

 

 

義の性格を表した上杉謙信のエピソード

武田信玄-vs-上杉謙信

 

上杉謙信が義の性格を表したエピソードがあります。大河ドラマでは、家臣らが土地をめぐる争いをやめないのを見て嫌になり、春日山城から高野山に向けて出奔した出来事がありました。上杉謙信の家臣らによる土地争いが絶えなかったことを残念に思い、自らは天下統一ではなく義のために戦をすることを決意したと考えられます。

 

暗号を使う上杉謙信

 

義を重んじた戦いとして川中島の戦いが挙げられます。川中島の戦いのきっかけは、武田信玄(たけだしんげん)によって攻められた北信濃の豪族を助けることでした。信濃の豪族では武田信玄に2度土をつけた村上義清(むらかみよしきよ
)
も滅ぼされ、上杉謙信に助けを求めています。

 

敵に塩を送る (武田信玄と上杉謙信)

 

上杉謙信の有名なエピソードとして、塩止めに困っていた武田信玄を助けたことが挙げられます。当時、武田信玄は嫡男の義信を自害に追い込んだため今川氏真(いまがわうじざね
)
から塩を止められました。上杉謙信も今川氏真から塩止めの催促を受けましたが、義を重んじる上杉謙信は武田信玄を助けました。庶民を苦しめることに葛藤があったと考えられます。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライター オフィス樋口

 

今回は上杉謙信の性格について取り上げました。上杉謙信といえば義を重んじる性格で、天下を狙わなかったことで有名ですが、上杉謙信の性格のきっかけは少年期の修行生活にあることが分かりました。ただし、この記事において仏門修行の詳細については触れることができませんでした。仏門修行のどの教えが義であり、上杉謙信が義を重んじるようになったのか分かりませんでした。仏門修行の詳細に注目したいと思います。

 

上杉謙信と同様に仏門修行から還俗して戦国大名になった人物では今川義元が挙げられます。今川義元は上杉謙信とは異なり、京を目指して上洛しようとしました。上杉謙信と今川義元の天下に対する考え方の違いはどこにあるのか気になります。

 

この記事の後半では義を重んじた上杉謙信のエピソードを紹介しました。エピソードとして敵に塩を送ることが有名ですが、義を重んじる性格を最も表しているといえるでしょう。川中島の戦いについては第1次から第5次までありますが、決着がつかなかったのも謙信が義を重んじたことが要因として挙げられるのかもしれません。

最後に、上杉謙信の後、上杉景勝が継ぎますが、景勝以降、米沢藩主の上杉氏は義の精神をどのような形で引き継いだのか考察したいです。

 

関連記事:上杉謙信は温泉が大好きだった!上杉謙信が愛した隠し湯 3選

関連記事:【織田信長vs上杉謙信】唯一の直接対決、手取川の戦いとはどんな戦い?

 

【激動の時代を駆け抜けた上杉謙信の野望と夢】
上杉謙信特集

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 曹操 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって…
  2. 魏延 魏延と趙雲を正史で比較すると魏延が優秀だと判明!?
  3. 曹操は関羽をGET ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭を…
  4. 韓信vs孔明 【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣…
  5. 蜀の魏延 【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1…
  6. 始皇帝(キングダム) 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキ…
  7. 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる
  8. 程昱(ていいく) 張温vs秦宓宿命の口先合戦勃発?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 関興と張苞
  3. 曹髦
  4. 関羽を捕縛する馬忠
  5. 三国志に出てくる海賊達 張伯路
  6. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  7. 孔子と儒教

おすすめ記事

  1. 飛び出す三国志絵本「燕虎物語」が素敵!国際手づくり絵本コンクール2009最優秀賞作品をレビューするよ
  2. ゴールデンカムイネタバレ予想 130話 誘導灯
  3. 王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上
  4. 【芸は身を助く】曹植が邯鄲淳に一発芸を披露、王位継承者に近づく 曹植
  5. 明治維新とはどんな改革?近代国家を目指した政治改革を分かりやすく解説 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  6. 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直

三國志雑学

  1. 甄氏(しんし)
  2. 兵士
  3. 陸遜
  4. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 明智光秀 麒麟がくる
  2. 項羽と劉邦
  3. 曹丕
  4. 曹宇

おすすめ記事

【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 芹沢鴨とはどんな人?初代新選組筆頭局長・芹沢鴨誕生から暗殺まで 武田信玄はどんな人柄だったのか? 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 西郷隆盛の征韓論とはどんなもの? 若き頃の織田信長に敗れる今川義元 今川義元はなぜ桶狭間の戦いで織田信長に負けたのか? 魏と国号を決める曹丕 曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの? 代筆屋 商売 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは? 【三国ブレイズ 攻略2】蜀の名将・趙雲と姜維が加入!アイテムの強化と攻略ポイント紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP