キングダム最新606話ネタバレ「起こり」レビュー


 

キングダム54巻amazon

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、606話では王翦(おうせん)が見抜いた李牧(りぼく)大鶴陣(だいかくじん)の特徴が分かります。

それは、kawasoが予想したように、敵の陣形を事前に察知してカウンターを加えるという本能型武将の戦い方でした。

何故、知略型の李牧が本能型武将の戦い方を習得しているのか?ここで王翦は驚くべき李牧の才能をズバリと言い当てたのです。

さあ、どこまでも気になるキングダム606話のレビューを早速見てみましょう。

 

※この記事はキングダム606話のネタバレが含まれる記事ですのでご注意ください。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム606話ネタバレ予想vol2「悲惨!倉央と田里弥が道化に」

関連記事:キングダム606話ネタバレ予想「王翦の戦法は力石&ジョー戦だった」

 


 

キングダム最新606話ネタバレ「特攻の王翦!」

 

どのような戦術を取ればいいか迷っている田里弥を置いてけぼりに、王翦は直属の一万騎でバラバラの動きで李牧軍に突入します。

王翦の腹心である田里弥(でんりみ)倉央(そうおう)もその意図がまるでわかりません。

 

倉央「どういう事だ?このままで陣形を組まないで間に合うのか?まさか、このまま陣形を組まずに突撃するつもりか」

田里弥「いや、何かある」

 

李牧軍の方でも、傅抵(ふてい)やカイネが王翦の行動を面白そうに見ています。

そして王翦は全く陣形を組む事なく、そのまま李牧軍にブッコんだのです!

もちろん、これには秦軍も李牧軍もビックリ、さしもの李牧も目を見開きます。

 

李牧「王翦・・」

 


 

キングダム最新606話ネタバレ「何も足さない何も引かない」

兵士 朝まで三国志

 

陣形を組む事なく李牧軍に激突した王翦の本隊ですが、その結果は意外なものでした。

なんと!ちゃんと陣形を組んでいる李牧軍が圧倒的に優勢の筈が両軍は完全に互角に戦っていたのです。

李牧の兵は、王翦の兵が何の陣形も取っていない事から単純にサシで闘うようになっていました。

 

この状況を見て、倉央と田里弥は、初めて気がつきます。

 

倉央&田里弥「まさか、、何もしていないから互角なのか!」

 

※はい、今回の戦いにおける味方の咬ませ犬は田里弥と倉央である事を暗示しそうなセリフですね。

今後の戦いで王翦の天才ぶりが強調される度、田里弥と倉央のポンコツぶりが際立つ事でしょう。

 

李牧も王翦が自分の大鶴陣の秘密を見抜いた事を感じ取らざるを得ませんでした。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


 

キングダム最新606話ネタバレ「李牧ジェシー・メイビア説」

李牧

 

この場面で王翦が李牧の取った戦術が「()こり」である事を周囲に暴露(ばくろ)します。

これまでほとんど喋らなかった王翦がベラベラ喋るので注意して読んで下さい。

 

王翦「人は、物をつかむときに手を動かす、だが、手が動く前に実際は同時に肩も動き、

さらに腰も動くそれが起こりというもので、この起こりは軍にもあるのだ・・

起こりを察知して、しかも相手の動きを先に読む事で返し技も可能になる。

ただ、軍の戦いでの起こりは理屈ではない、その起こりを感覚的につかんでいる連中それこそが本能型の武将だ!」

 

※起こりとか何とか難しい事を言っていますが、つまりは李牧はこちらが繰り出してくる陣形を軍全体の動きから察知して

カウンター陣形を放つ事で攻撃を無効化しているという意味です。

前回はあしたのジョーに例えましたが、これはキン肉マンに登場する返し技の達人のジェシー・メイビアとも言えます。

キン肉マンもジェシー・メイピアに苦戦しましたが、ジェシーが返し技に頼る余りに必殺のホールドがない事を見抜き、

何でも好きな技を掛けるがいいと挑発してジェシーに先に技を掛けさせ四十八の殺人技の一つ風林火山で勝利しました。


  

 

 

キングダム最新606話ネタバレ「王翦が李牧をベタ褒め」

王翦

 

しかし、王翦の腹心達は、ダチョウ倶楽部ばりにイヤイヤイヤと手を振ります。

李牧は知略型の武将であって、本能型ではないではありませんか?と王翦に突っ込んだのです。

 

王翦「いや、李牧は一度戦っているのだ本能型の極致とも言えるあの麃公(ひょうこう)と」

 

まさか、、そうだとしても、たった一回で、相変わらずざわつく腹心達に王翦は言います。

 

王翦「そのまさかだ、李牧はたった一回麃公と戦っただけで本能型の戦い方の本質を掴んでしまった。

認めざるを得まい、私と同じ化け物だと」

 

※王翦、急に多弁になっただけでなく、ここぞとばかりに李牧を褒めます。

もちろん、ここではどんどん褒めていかないといけません。

史実では王翦が負ける事はないのですから、巧妙に李牧を褒めれば褒めるだけ王翦の格が上がるからです。

 

キングダム最新606話ネタバレ「実はアタイもハイブリッドやねん」

王翦

 

李牧の前衛を勤める雷伯は、いくら頑張ってもノーガードの王翦に対して戦果が五分五分である事に苛立ちます。

そして、そのまま、突き進んでくるならば戦術を使って叩き潰せばよいと絶対にやっちゃいけない判断を下します。

こうして、自軍の左右から軍を抽出し、王翦軍の横っ腹を攻めさせたのです。

 

それに対して王翦は、「ほう、なるほどな」と答え敵左翼の侵攻に対しては百騎を抽出して分断し、逆に右翼の突撃に対しては

逆らわずに内側に押し込まれろと伝令します。

こうして、最初に繰り出した百騎を右翼から突撃してきた敵兵にぶつけ挟撃で消滅させたのです。

 

李牧「王翦、読んで合わせてきたと言うのか・・」

 

王翦「意外と、そういう見方をすると分かるものだな、起こりとは・・」

 

煽り:何だかんだで、お互いに褒め合いを開始した李牧と王翦、、

結局、今回分かった事は李牧は知略型ながら、学ぶ事によって本能型の武将の戦い方も習得できる秀才肌の人物であるという事。

王翦も知略型ながら、特に学んでもいないのに、本能型の戦い方を習得できた天才肌の人物と言う事でしょう。

そして、前回予想したように李牧と王翦の強さを補正する為、倉央と田里弥はポンコツ化が始まってきました。

李牧と王翦にヘマをやらせる事が出来ない以上、この二人が波瀾を生み出すとkawausoは予測しますが、全てはキングダム607話に続きます。

 

キングダム607話予想

 

おそらく、李牧と王翦の直接対決は当初から規定だったのでしょう。

これまで、ちぐはぐでトンチンカンな事ばかりしていた李牧と王翦が急に的確な指示を出し始めました。

同時に、これまでのぼんやりポンコツイメージを少しでも払拭すべく、両者とも知略型ながら本能型の戦いも出来る名将なんだぜと

露骨にお互いに褒め合っています。

 

ここから推測するに、李牧と王翦はヘマをしなさそうなので、王翦が窮地に落ちるとすると、田里弥、そしてかなりの高確率で

倉央がその引き金を引くと思います。

チートなキャラを出すと確実に補正が働き、登場キャラの一部がアホ化するのがキングダムのパターンですが、

読者の皆さんは、このような手法をどう思いますか?

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

大鶴陣は恐らくカウンターばかりではなさそうなので、さらに、一つ、或いは二つ新たな戦術を繰り出してくると思います。

それを王翦が見破り、李牧がさらに仕掛けてくるという展開になっていくのではないでしょうか?

参考文献:史記白起王翦列伝(はくきおうせんれつでん)

前回記事:キングダム最新605話ネタバレ「王翦の予想」レビュー

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム605話最新ネタバレ予想vol2「信と羌瘣は回復するのか?」

関連記事:キングダム最新605話ネタバレ予想「李牧の大鶴陣の秘密に迫る」

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

 

関連記事

  1. キングダム52巻
  2. キングダム52巻
  3. 炎上する城b(モブ)
  4. 剣を持ち戦う李牧
  5. 李牧


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP