ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

王翦

キングダムでも有名になってきた将軍王翦(おうせん)ですが、何を考えているか

さっぱりわからない謎多き男です。

廉頗(れんぱ)との戦いでは彼の配下を仲間にしようし、群臣からは秦に反逆を

企んでいるのではないかなど、いい印象を与えていない将軍です。

しかしピンチの時には、颯爽と現れ、危機を救うヒーローのような一面を見せる将軍。

このように何がしたいのかいまいちわからない

謎多き将軍ですが、史実では秦王政の天下統一事業に

貢献した武将として紹介されています。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 


秦に仕える

キングダム 政

 

王翦は若い頃から秦に仕えております。

軍事が大好きで、将軍になる事を志しておりました。

秦王政の時代には夢かなって将軍となり、

秦と同盟した異民族の女王楊端和と共に趙攻略に出陣。

彼女と共に趙の城を九城陥落させる活躍を見せます。


趙を滅亡させ、天下統一に拍車がかかる

王翦

 

王翦は趙攻略で大活躍した翌年、再び趙に出陣。

王翦は一年以上、趙軍と激しい戦を続け、ついに趙の首都である

邯鄲(かんたん)を陥落させる大殊勲を挙げます。

 

秦王政は王翦が帰国すると大いに喜び、多大な褒美を与えます。

王翦は趙を滅ぼした事で、残りの国から大いに恐れられます。

また彼が趙を滅ぼす二年前には、魏の国のほとんどが秦の領土となっており、

魏の国は瀕死の状態となっています。

 

関連記事:「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君

関連記事:李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫であった!?

関連記事:衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?


秦王政暗殺未遂事件が発生

桓騎 キングダム

 

燕王の太子である丹は秦王政に恨みをもっており、

暗殺者荊軻(けいか)を秦王政の元へ送ります。

秦王政は荊軻に会うなり、斬り殺されそうになり、

危機的状況に見舞われます。

政は側にいた医師の機転により何とか暗殺者荊軻の手を逃れる事に成功。

その後荊軻は政の家臣らに斬られ、秦王暗殺未遂事件は幕を閉じます。

 

関連記事:荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男

関連記事:桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

関連記事:【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!


政は自らを殺そうとした燕を滅ぼす

政 キングダム

 

秦王政は自らを殺そうとした燕の太子丹に激怒。

王翦や王翦の息子である王賁(おうはん)などの諸将に命じ、燕へ出陣させます。

王翦や王賁の活躍により、燕の諸城は次々と陥落し、ついに燕の都である

葪(けい)を陥落させます。

燕王は命からがら遼東半島に逃れ、自らの息子である太子丹を殺害。

その首を秦王政に送り、許しを請います。

政は太子の首を見て満足し、一時的に燕王と和議を結びます。

こうして燕の討伐に成功した王翦は、秦の首都咸陽へ凱旋します。

 

進言を聞いてもらえず家に閉じこもる

信 キングダム

 

趙が滅び、燕は滅亡寸前、魏は王翦の息子王賁の活躍により、滅亡。

こうして残っているのは超大国楚と斉です。

秦王政は自らのお気に入りの将軍である李信(りしん)

「信よ。楚を滅ぼすのにどれくらいの兵力が必要だ」と尋ねます。

すると信は「政。俺に20万の兵力をくれれば、楚を倒して見せるぜ。」

と強気の発言をします。

政は信の強気の発言を聞き、頼もしく思います。

次に重臣である王翦に「王翦よ。楚を滅ぼすのにどれくらいの兵力が必要だ。」と尋ねます。

すると王翦は「60万は必要ですな。」と告げます。

政は王翦の言葉を聞き「王翦よ。そのように弱気では、楚を滅ぼすことなんて

出来んぞ」と言い、李信に副将として蒙恬(もうてん)を付け、

蒙武と共に20万ずつ兵を与え、出陣させます。

王翦は自らの進言が聞き入れられないと分かり、

拗ねて家に閉じこもります。

 

関連記事:信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した!

 

蒙武と信の楚遠征軍は大敗北

信 キングダム

 

蒙武と李信は軍を分けて楚に侵攻を開始。

二人の軍勢は楚の城を次々に陥落させていきます。

しかし楚の最後の名将・項燕の軍が秦の軍勢を打ち破り、

信と蒙武は大敗北。

信は自らの配下としてつけられていた武将七人を討ち死にさせ、

ほとんどの兵を失い咸陽へ帰還します。

 

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 舜水樹(しゅんすいじゅ)は実在したの?李牧の右腕は史実通りなのか…
  2. はじめての三国志 画像準備中 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  3. 始皇帝 始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント?
  4. 楚の旗と兵士 戦国策【楚策】女心を利用して窮地を切り抜けるの巻
  5. 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・
  6. 孟嘗君 【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父…
  7. キングダム52巻 楊端和は実在するの?本当に山の民?キングダムで大人気の楊端和の素…
  8. 藺相如(りんしょうじょ) 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相で…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 龐統
  2. 孔明君のジャングル探検
  3. 東京五輪のボランティア いだてん
  4. シリア 関羽
  5. キングダム
  6. 程昱(ていいく)
  7. 蔡瑁
  8. 明治天皇
  9. 桃園兄弟

おすすめ記事

  1. 曹仁伝から読み取る曹仁の生涯不敗漢、もはや伝説・・・ 曹仁
  2. え?まるでバカ殿?三国志時代の愛されメイクを紹介。どんな風にお化粧してたの?
  3. モバイル向け新作シミュレーションRPG『三國志曹操伝 ONLINE』の事前登録をスタート
  4. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  5. 長坂の戦いの全容はあっさりめ?劉備と趙雲の逸話などはどこまで本当なの? 曹操から逃げ回る劉備
  6. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話 曹操

三國志雑学

  1. 法正
  2. 龐統
  3. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 荀彧と袁紹
  2. 茶を飲む張角(太平道)
  3. キングダム55巻
  4. 岩崎弥太郎
  5. kawausoと呂布と張遼
  6. 立花宗茂

おすすめ記事

織田信長 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの? 【空海KU-KAI】空海が修行した長安青龍寺によかミカンが行ってみた 袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょっぴり不謹慎 キングダム 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫る! 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2 王平は四龍将 【王平の戦いが凄い】文字は10個しか知らないけれど軍事において抜群の才能を示した戦い 三国志ライター よかミカンさん 蒼天航路のスタンスは三国志演義と同じ!? 織田信長 織田信長はあだ名の名人!どんなあだ名をつけたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP