朝まで三国志軍師
北伐




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍

この記事の所要時間: 324




キングダム 30 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

キングダムにおいては、古参の名将として知られる麃公(ひょうこう)将軍。

実際には、六大将軍に匹敵する武勇を持ちながら、常に辺境を守った為に

知名度がなく昇格できなかったという噂もある猛将です。

『はじめての三国志』では、この麃公の実像に迫ってみようと思います。




史実では実に二行しか記述がない人物

麃公

 

歯がギザギザ、巨体、味方の犠牲を顧みず、燃え盛る大炎を目指して

戦場を疾駆する本能型武将の極致とも言える麃公将軍は、キングダムでも初期から

登場し、主人公・信(しん)ともタイプが似ているせいか早くから打ち解けた人です。

 

性格は豪放で、細かい事は気にせず、大きい事もあまり眼中になく、

ただ、戦場において生命のやり取りをする事に無上の喜びを感じています。

 

そんな麃公将軍ですが、史実の記載は二行しかなく、

・紀元前246年、秦王政が即位すると将軍に任じられる

・紀元前244年、韓を攻め首を斬る事3万であった

 

という簡単な記述があるだけです。

つまり、漫画の麃公のキャラクターは原先生の創作という事になります。




無茶苦茶厳しいけど痺れる言動の男・・

麃公

 

麃公は、まさに戦の中に生き、戦の中で死んでゆく事を覚悟した人です。

魏軍の魏火龍七師の一人、呉慶(ごけい)との一騎打ちの途中、

呉慶が本当は小国の王族であったが趙に滅ぼされて、一族を殺され

流浪し苦労の末に魏で返り咲いた話をすると

 

「そんな話は乱世にはありふれておるわィ!」

 

と一喝し、圧倒的武力で呉慶を討ち取っています。

過去を引きずる影のある呉慶と、今しかない麃公の鮮やかなコントラストでした。

人の身の上話を一笑にふすとは厳しい人ですが、その分、

前向きな生きる力に溢れている武将なのです。

 

関連記事:【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!

関連記事:白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍

 

李牧を驚愕させた野生の感が秦の窮地を救う

キングダム 15 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

そんな麃公の面目躍如が、合従軍編の最終局面で起こりました。

函谷関が抜けずに撤退していく五カ国連合軍の中、李牧(りぼく)は少しずつ、

兵力を抜き出して、函谷関を迂回して険しい山道の間を通り、

そのまま秦の首都咸陽を突こうとします。

 

全ての兵力を出払っている秦は驚愕し、対応に苦慮しますが、

秦王政は、自ら、前線の蕞(きょう)に籠城し李牧の2万の大軍に

千名の農民兵で対抗します。

 

この絶体絶命の窮地に、異変を察知した麃公は、救援に駆け付けたのです。

本能型武将の彼は、李牧が味方さえも欺いて実施した計略を

直感で見抜き、自らも間道を走破してやってきたのでした。

 

この計略を破るものは秦軍にはいないと確信していた李牧は驚愕し

麃公を本能型武将の極致と評しました。

 

麃公の出現で完璧な筈の李牧の策は狂い、さらに山の民の王

楊端和(ようたんわ)の軍勢が出現するに至り、完全な敗北に終わりました。

 

関連記事:【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大天

関連記事:【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!

関連記事:キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?

 

武神龐煖の片腕を手土産に、逝った麃公

龐煖

 

李牧は、この咸陽突撃に、武神龐煖(ほうけん)を伴っていました。

麃公は、この龐煖に純粋に武人としての興味から一騎打ちを挑みます。

 

王騎(おうき)を葬り、幾多の豪傑を葬った龐煖の一撃を麃公は「軽い」と評します。

いかに強くても、沢山の人間の思いを背負った将軍の武と、たった一人の

自己満足の武では、強さの重みが違うというのです。

 

同じ事を王騎からも聞いた龐煖は動揺しますが、

やはりそこは武神、圧倒的な力の差で麃公を破壊するように殺します。

しかし、麃公は絶命する前に龐煖の片腕を折るという置き土産を残します。

 

関連記事:漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!!

関連記事:これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

 

火を絶やすでない・・信へ引き継いだ武人の魂

信 キングダム

 

信は、麃公が龐煖に殺されそうになるのを止めに入りますが、

麃公は、それを許さず、盾を投げ渡して咸陽に急ぐように命じます。

 

「火を絶やすでない・・」

 

それが麃公の最後の言葉でした。

麃公は信という後継者を得て、満足だったのかも知れません。

秦王政や、昌平(しょうへい)君とは違い、中華統一というような

大きなビジョンは持たない武一徹な麃公ですが、その爽やかな潔さは際立っています。

王騎もそうでしたが、血沸き肉踊る乱世という極上の空間を麃公は

目一杯楽しみ、そして人生を全うしたのです。

 

キングダムライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

すでに故人になってしまった麃公ですが、見た目と違い、部下に気を遣う

所もあり、時折、信の前にも出現してはアドバイスをしていました。

秦の将軍といえば王翦(おうせん)桓騎(かんき)のように一癖も二癖もあり、

迂闊に本心を話せない武将も多いですが、麃公は、まったくそんな感じがない、

子どものように純粋な武人の感じがありましたね。

 

いなくなってしまって残念です。

(画像引用元:キングダム-英雄の系譜-

 

関連記事:キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した!

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実による歴史考証

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

 




よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!
  2. 【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!…
  3. 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西
  4. 顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?
  5. まだ漢王朝で消耗してるの?第2話:早すぎた改革者 袁術
  6. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  7. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行…
  8. 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【11/27〜12/3】
  2. 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法
  3. はじめての三国志の「よくあるご質問」についてのお答え
  4. 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  5. 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師
  6. 荀爽(じゅんそう)とはどんな人?たった95日で三公にスピード出世した荀彧の叔父

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3】 長宗我部元親が取った豊臣軍迎撃作戦が成功していたら秀吉はやばかった 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす 鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん) え?まるでバカ殿?三国志時代の愛されメイクを紹介。どんな風にお化粧してたの? 131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀 三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた! 国淵(こくえん)とはどんな人?三国志時代にも名探偵は存在した!魏のシャーロック・ホームズ

おすすめ記事

  1. 袁紹の評価が残念な6つの理由
  2. 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家
  3. 東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4
  4. 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓
  5. 連環の計って、どんな作戦?
  6. 何で曹操は漢中で劉備に負けたの?
  7. やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人?
  8. 蜀は古代から独立王国だったって知ってた?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP